チンチラが寝る場所と寝る時間帯!睡眠時間はどのくらい?

今回は、チンチラの睡眠時間について紹介します。チンチラが寝る時間帯は何時頃なのか?チンチラが寝る場所はどのような環境を好むのか?など、チンチラの睡眠についての疑問を1つひとつ確認していきましょう。

Sponsored Links

チンチラが寝る場所

チンチラ,寝る場所,寝る時間,睡眠時間,画像2野生のチンチラは、チリの山地に生息し、小規模な群れを作って暮らしています。

昼間は山地の岩場に隠れて睡眠をとり、夕方になると食べ物を探すために活発に行動するようになります。

ペットとして飼育されているチンチラも、岩場のように身を隠せる場所を寝床として好みます。また、チンチラは周りの様子が見渡せる高い場所を好む傾向もあります。

このようなことから、周りを囲んだボックス状のチンチラハウスや、ケージの天井に設置するハンモックなどを使用すると、チンチラが安心して寝る場所を確保できます。

チンチラハウスは、各メーカーから様々な商品が販売されていますが、使用している素材によって、メリットとデメリットがあります。

Sponsored Links

木製のチンチラハウスは、かじり木としても使えてとても便利なのですが、ハウスに臭いが付きやすく、一度付いた臭いはなかなか消せないという欠点があります。

また、布製のハウスは、汚れた丸洗いできるというメリットがありますが、チンチラが寝床だと認識してくれないことがよくあります。寝床として与えたのに、布製のハウスの上に乗って座布団として使うこともよくあるのです。

チンチラはとても警戒心が強く繊細な動物なので、飼い始めたうちは、ハウスからなかなか出てきてくれないことが多いです。しかし、環境に慣れてくると、ハウスの外のお気に入りの場所でウトウトと昼寝をすることもよくあります。

チンチラが寝る時間帯と睡眠時間

チンチラ,寝る場所,寝る時間,睡眠時間,画像1チンチラは夜行性と言われることが多いですが、厳密には「薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)」の動物です。

薄明薄暮性とは、明け方(薄明)と夕方(薄暮)の薄暗い時間帯に活発になる動物のことを言います。ですから、本来チンチラが活発になる時間帯は、夕方の6時頃から朝方の4時頃になります。

そして、チンチラが寝る時間帯は朝方の5時頃から夕方の5時頃になり、睡眠時間は約12時間ほどです。ただし、チンチラは朝方の5時頃から夕方の5時頃の間をずっと眠っているわけはありません。

人間のようにまとまった時間を熟睡するのではなく、チンチラの場合は天敵に襲われても逃げられるように浅い眠りを維持し、起きたり眠ったりを繰り返します。

Sponsored Links

チンチラが活発になる時間帯でも、全く寝ないというわけではありません。食後にウトウトと居眠りをすることもよくあります。

また、ペットとして飼育されているチンチラは、人間の生活リズムに影響されて、本来の寝る時間帯からズレていることも少なくありません。チンチラが深夜1時頃に起き出して朝の7時頃まで動き回っている場合もあります。

寝る時間帯のズレは個体差があるので、仕方がないことですが、十分に睡眠時間をとっていない場合は問題です。チンチラが安心して寝る場所を準備してあげて、ゆっくりと睡眠できるように環境を整えてあげることが大切です。

Sponsored Links

おすすめの記事

チンチラの撫で方と撫でる場所!触ると耳をぺたんと畳む場所は?

チンチラの砂浴び対策!砂が舞う悩みには飛び散りにくい容器がおすすめ!

文鳥の放鳥時間は?戻らない時のケージの戻し方を紹介!

犬とオモチャで引っ張りっこ!遊びなら学ぶ「オスワリ」の教え方

猫の爪とぎの気持ちと理由は?飼い主に爪とぎする・爪とぎ用品を使ってくれない時のしつけ

チンチラ

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

Sponsored Links

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール