犬とオモチャで引っ張りっこ!遊びなら学ぶ「オスワリ」の教え方

子犬と一緒に遊ぶことでいろいろなことをしつけることができます。上手に愛犬と遊ぶなら動いているものを追いかけてくわえたくなる犬の習性を利用した「引っ張りっこ」からが始めるのがおすすめです。

引っ張りっこでは、犬がくわえやすく、飼い主さんがつかみやすいオモチャを選びましょう。

Sponsored Links

遊びなら学ぶ「オスワリ」の教え方

飼い主さんから遊びを誘いかけるのがポイントです。まずはオモチャを犬に見せて、これから一緒に遊ぶことを伝えましょう。

オモチャを犬の目の前で大きく動かして、犬がくわえたら引っ張りっこの始まりです。オモチャを左右に大きく動かすと犬はより楽しさを感じるようになります。

続いて、犬が興奮しすぎないように、オモチャとおやつを交換します。犬におやつを見せて、犬がオモチャを離したら犬を褒めておやつをあげましょう。

Sponsored Links

一度はオモチャを離しても、犬はまだオモチャで遊びたりないはずです。犬の視線を上に向かせるようにオモチャを持ち上げます。犬の届かないところまで持ち上げて犬の様子をうかがいます。

すると、どうすればオモチャで遊べるのか犬は考えます。ここで犬が自分からオスワリの姿勢をとったら、引っ張りっこを再開します。これを繰り返すと犬はオスワリをすると遊んでもらえることを学習します。

何度か引っ張りっこの流れを繰り返したら、今度は離れた場所にオモチャを投げてみます。犬がオモチャを取りに行ってまた戻ってきたら、おやつとオモチャを交換し、遊びを再開します。

遊びを始める時も終わらせる時も、そのタイミングは飼い主さんが決めます。最後はおやつとオモチャを交換して遊びは終了になります。

犬,オモチャ,引っ張りっこ,オスワリ,教え方-飼い主さん-画像

甘噛みの予防

子犬は3~8ヵ月頃までに歯が抜け替わります。この時期に適切に何かを噛むことは、正常な歯の抜け替わりに必要なことですが、何でも噛んでしまうのは困ります。

誤った甘噛みを防ぐために、引っ張りっこなどのオモチャ遊びは有効です。子犬の頃から引っ張りっこをしていると、人の手よりもオモチャを噛む方が面白いと犬は覚えて、人の手を噛みにくくなります。

Sponsored Links

犬が自発的に落ち着くようにする

犬の視線を上に向かせるようにすると、自然とオスワリの姿勢になりますが、なかには「もっと遊んでほしい」と犬が飛びついてくる場合があります。それでも、その時は応じないことが大切です。犬が自発的に落ち着くことができたら遊びを再開します。

飛びついてもオモチャに届かない、飼い主さんも遊んでくれないと思った犬は、やがて自然に落ち着きます。その時にオスワリの姿勢ができたら、再び飼い主さんから遊びの誘いをして引っ張りっこを再開します。

犬,オモチャ,引っ張りっこ,オスワリ,教え方-画像

遊びながら自然と学ばせる

犬は動くものをくわえるのが大好きです。この習性を利用して、まずは引っ張りっこでオモチャへの興味を高めます。

それから、遠くへオモチャを投げると、犬はもっと遊んでもらうためにどうすればいいかを考えて、オモチャを持ってきたり、自発的に落ち着いたりするようになります。このように遊びは犬にいろいろなことを自然と学ばせます。

飼い主さんと犬が一緒に遊ぶことがポイント

犬が信頼を寄せる飼い主さんの条件は「食事を与えてくれること」「安全を確保してくれること」「一緒にいると楽しいこと」です。遊びは飼い主さんと犬の信頼関係を高めるためにとても大切です。

遊びといっても犬だけで遊ばせるのではなく、飼い主さんも一緒に遊ぶことがポイントになります。飼い主さんと犬の両者が遊びに参加することで、犬は飼い主さんと一緒にいると楽しいと感じようになります。そして、遊びを通じて犬にいろいろなことを学習させることもメリットになります。

犬の噛むおもちゃ(ロープ)

犬ロープおもちゃ 犬おもちゃ 犬用玩具 噛むおもちゃ ペット用 コットン ストレス解消 丈夫 耐久性 清潔 歯磨き 小/中型犬に適用

Sponsored Links

おすすめの記事

犬がブルブル震える・あくびをする・後ろ足でかくのはストレスのサイン!

犬が散歩で歩かない・嫌がる原因は?突然リードを引っ張る・吠える理由とは?

子供がいる家庭で犬を飼う場合の注意点

猫が前足をたたむ・フミフミする・前足でチョンチョンするなど、前足に関する不思議な行動を紹介!

ハムスターの飼い方!夏と冬は温度・湿度に注意!ゴールデンの寿命とは?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール