犬猫の電車料金一覧!電車に乗せる時はバッグがおすすめ!カートはNG!

犬や猫などペットを電車に乗せる時は、持ち込み料金が発生する場合があります。その料金や乗車規定などは各交通機関によって異なるため、事前に調べておく必要があります。中にはペットを無料で乗せてくれる鉄道会社もあるのでチェックしておきましょう。

今回は犬・猫の電車料金一覧と乗車規定について紹介します。記事の後半ではペットを電車に乗せる時に便利なおすすめのキャリーバッグを3つ紹介しているので、是非ご覧ください。

Sponsored Links

犬・猫を電車に乗せる際に注意する事

犬・猫の電車料金は各交通機関によって異なる

犬・猫を電車に乗せる時の料金は、各交通機関よって異なります。ペットを入れるケース1個につき280円かかる交通機関もあれば、規定さえ守れば無料で乗せてくれる交通機関もあります。ペットを入れるケースのサイズや重量などに規定があるので、ご利用の交通機関で決められた内容を事前に確認しておきましょう。

大型犬は乗車NG(※盲導犬、介助犬、聴導犬を除く)

犬・猫を電車に乗せる時は、ペット用のキャリーバッグなどに入れることが義務付けられているので、身体障害者補助犬法に定める盲導犬、介助犬、聴導犬でない限り、キャリーバッグに入らない大型犬はサイズ的に乗車NGとなります。事実上、電車に乗せる犬は、キャリーバッグに入る小型犬や子犬に限られます。

Sponsored Links

ペットカートやスリングの使用はNG

ペットを入れるケースサイズと重量の規定は各交通機関で異なりますが、多くはペットカートのサイズよりも規定のサイズの方が小さいため、犬・猫を電車に乗せる際にペットカートを使用することができません。また、乗車中はペットがケースから顔など体の一部を外に出すことが禁じられているので、ペットカートやスリングのように上部が開いた構造のものは使えません。ペット用のキャリーバッグは、適切なサイズで蓋がある構造なので、犬・猫を電車に乗せる際の使用に最適です。

犬-猫-電車-料金-電車に乗せる-バッグ-カート-画像

犬・猫の電車料金一覧

JR

交通機関 ペットの持込み料金 ケースサイズと重量の規定
JR全社共通 280円 ※手回り品1個につき 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内

関東

交通機関 ペットの持込み料金 ケースサイズと重量の規定
都営地下鉄 無料 タテ・ヨコ・高さ合計250cm以内 重さ30kg以内
東京メトロ 無料 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内
東急電鉄 無料 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内
りんかい線 無料 長さ制限なし タテ・ヨコ・高さ合計90cmまたは120cm 重さ20kg以内
京王電鉄 無料 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ30kg以内
小田急電鉄 無料 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内
新京成電鉄 無料 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内
京成電鉄 無料 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内
東武鉄道 無料 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内
京急電鉄 無料 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内

Sponsored Links

関西

交通機関 ペットの持込み料金 ケースサイズと重量の規定
大阪市営地下鉄バスニュートラム 無料 規定なし
京阪電車 280円 ※手回り品1個につき 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内
近畿日本鉄道 280円 ※手回り品1個につき 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内
南海電鉄 280円 ※手回り品1個につき 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内
阪神電車 280円 ※手回り品1個につき 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内
阪急電車 280円 ※手回り品1個につき 2個まで 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内

東海

交通機関 ペットの持込み料金 ケースサイズと重量の規定
名古屋鉄道 280円 ※手回り品1個につき 長さ70cm以内 タテ・ヨコ・高さの合計90cm程度 重さ10kg以内

※各交通機関よってペットの乗車条件が異なります。詳細は事前に各鉄道会社に確認しておきましょう。

おすすめのペット用キャリーバッグ3選

良質なデザインはもちろんですが、キャリーバッグでの移動はペットにどうしても負担をかけることになるので、機能性を重視しておすすめのペットキャリーバッグを3つ選びました。犬・猫を電車に乗せる時だけではなく、通院や災害時の避難にも役立ちます。

通気性・安定性に優れたバランスの良いキャリーバッグ

WINSUN ペットキャリーバッグリュック 犬キャリーバッグ 猫キャリーバッグ 3way仕様 通気性、安定性抜群 旅行/通院/散歩/電車移動/避難用 ブラック

本体サイズ:幅42cmx奥行28cmx高さ38cm
適正体重:7kgまで
飛び出し防止のリード付き
底板が取り外し可能でトイレシートやタオル等が挟めるゴムが付き

側面がメッシュになっていて、ロールアップできるカーテンが付いています。暑い季節での外出はカーテンを開けて通気を良くしたり、中の様子を伺う時などに便利です。人混みなどでペットが怖がる場合はカーテンを閉めて落ち着かせることもできます。肩ベルトが幅広くクッション入りなので、長時間背負っていても疲れにくい構造になっています。

容量を拡張可能なグッドデザイン

ペキュート[Pecute] ペットキャリーバッグ リュック 容量を拡張可能なバックパック ペットのキャンピングカー バッグ・ペットハウス 2in1 持ち運べるペットの広々空間 猫・小型犬・中型犬用 ドライブ/キャンピング/旅行/通院/災害避難用 ペットバッグ グレー

本体サイズ:幅34cmx奥行27cmx高さ45cm
展開サイズ:幅34cmx奥行62cmx高さ45cm
適正体重:10kgまで
飛び出しを防止できる専用リード付き
滑り止めマット付き

上部がメッシュ窓になっているので通気性が良く、ペットの様子も伺えます。通常はリュックとして使用し、拡張機能でパッと広げるとペットハウスとしても使えます。移動時間が長い場合は内部スペースを大きくして、ペットに快適な空間を提供することができます。

低価格のシンプルデザイン

ペットキャリーバッグリュック 猫キャリーバッグ 猫用 きゃりーバック 猫リュック 小型犬 リュック 顔出し 軽い メッシュ加工 通気性抜群 安定性抜群 旅行/通院/散歩/電車移動/避難用 ブラック (ブラック(M))

M)本体サイズ:幅36cmx奥行26cmx高さ34cm
適正体重:6kgまで
S)本体サイズ:幅31cmx奥行25cmx高さ34cm
適正体重:4kgまで
取り外し可能なペット用マット付き

上部が通気性が良いメッシュ窓になっていて、ペットの様子を見ることができます。Sサイズはかなり小さいので、子犬・子猫であれば大丈夫ですが、成長後も長く使うことを考えるとMサイズをおすすめします。

Sponsored Links

おすすめの記事

犬用レインコート(小型犬・中型犬・大型犬)おすすめ!おしゃれな足付きデザイン

猫の爪とぎグッズ(ダンボール)手作り方法

犬とオモチャで引っ張りっこ!遊びなら学ぶ「オスワリ」の教え方

アルビノと白変種の違い

デグーが懐くまでの期間と方法!触ると逃げる・手に乗らない人見知りデグーの気持ち

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール