猫の爪とぎグッズ(ダンボール)手作り方法

猫の爪とぎグッズは、ダンボール素材のものが人気です。猫の爪とぎは習慣的な行動なので、爪とぎグッズはいずれボロボロになる消耗品です。ですから、ダンボール素材は、安価で取り替えやすいので最適と言えます。

スーパーなどで貰えるダンボールを利用して、爪とぎグッズを手作りする人もいます。自作する時のポイントなどについても紹介していきます。

Sponsored Links

おすすめの猫の爪とぎグッズ

猫の爪とぎグッズ,ダンボール,手作り,方法-猫前足画像ダンボール素材できたおすすめの爪とぎグッズを2タイプ紹介します。

どちらも爪とぎと猫ベッドの両方を兼ね備えた商品です。デザインが可愛いので是非チェックしてみてください。

ボウルタイプ(円形型)

【猫壱】バリバリボウル 猫柄 猫 つめとぎ ダンボール 交換用つめとぎあり 交換可能 ベッドタイプ 丸型 直径40cm 木目調 大型 運動不足解消 ストレス解消 長持ち

この商品は、帯状のダンボールを巻いてボウル型にした爪とぎグッズです。爪とぎとして使わない時は、猫のベッドとしても活用できます。

この商品の構造はとてもシンプルで、丸型の外枠の中に、巻いたダンボールを少しずつズラしてはめ込んだだけです。内部にはめ込んだダンボール部分は消耗品として交換することができます。交換用の爪とぎも販売されています。

Sponsored Links

ベッドタイプ(長方形型)

【猫壱】 バリバリベッド (Mサイズ・猫柄) 猫 つめとぎ ダンボール ベッドタイプ カーブ 選べる3サイズ 選べる柄2種類 Mサイズ 43cm 両面使える 長持ち 猫柄 つめとぎ防止 運動不足解消 ストレス解消 自然由来糊使用 かわいい

この商品は、複数の細長いダンボール素材を束ねてベッドの形にしたものです。爪とぎとして使っていない時は、猫用ベッドとして利用できます。両面ともダンボール素材を使っているので、片面がボロボロになっても、反対面を使うことができるので、長くご利用できます。デザインは「猫柄」「花柄」の2種類から選ぶことができます。

ダンボールで爪とぎを手作りする時のポイント

今回紹介した2つの爪とぎグッズの構造をご覧になれば分かるように、ダンボールで爪とぎを手作りする場合は、帯状のダンボールを巻いていく「円形型」と、複数の細長いダンボールを束ねていく「長方形型」の2タイプがあります。

「円形型」の手作り方法

猫の爪とぎグッズ,ダンボール,手作り,方法-円形画像幅10cmの切った帯状のダンボールを、直径40cmになるまでグルグルと巻いてガムテープなどで接着するだけで完成です。猫が爪とぎをする時に、ゴシゴシと強く爪を擦るので、爪とぎグッズが動かないようにある程度の重さが必要です。ですから、幅10cm以上、直径40cm以上が必要となります。

帯状のダンボールの幅が狭すぎると、バラけてしまったり変形してしまったりする原因になるので注意が必要です。ダンボールを帯状に切る際には、巻きやすいようにダンボールの目の向きに注意しましょう。

Sponsored Links

「長方形型」の手作り方法

猫の爪とぎグッズ,ダンボール,手作り,方法-長方形画像5㎏までの小さな猫であれば、10cm×45cm×25cm程度の爪とぎのサイズで十分です。幅10cm×長さ45cmに切ったダンボールを25cm程度になるまで束ねていけば完成です。複数の細長いダンボールを接着剤でつけていき、麻縄を巻いて補強しておくと良いでしょう。

粉末マタタビを少量かける

コメット 猫用おやつ またたび 3.5g×2個 (まとめ買い)

せっかく手作りした爪とぎグッズを猫が使ってくれない場合もあります。そんな時には自作の爪とぎグッズに粉末マタタビを少量だけ振りかけると、猫が使ってくれることがあります。

マタタビの効果は、どんなに反応の良い猫でも20分程度で通常の状態に戻りますが、あまりにも強烈過ぎて呼吸困難を引き起こす猫もいるので、一度に多量のマタタビを使用しないように注意しましょう。ただし、マタタビの効果は個体差があり、マタタビを使用しても全く興味を示さない猫もいます。

Sponsored Links

おすすめの記事

猫の顔(目・耳・口・ヒゲ)で見分ける猫の気持ち

猫のシニアは何歳から?平均寿命は?

猫が噛む理由としつけ!突然、本気で噛んでくる時や後ろ足で蹴る時の意味を紹介!

猫の爪とぎの気持ちと理由は?飼い主さんに爪とぎする・爪とぎ用品を使ってくれない時のしつけ

猫が前足をたたむ・フミフミする・前足でチョンチョンするなど、前足に関する不思議な行動を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール