猫の爪とぎの気持ちと理由は?飼い主に爪とぎする・爪とぎ用品を使ってくれない時のしつけ

今回は、猫の爪とぎの気持ちと理由について解説していきます。中には飼い主さんの足で爪とぎをしてしまう猫もいますが、そんな時の気持ちなども紹介します。

かわいい愛猫のために爪とぎ用品を購入したのに、全く使ってくれないということもあります。そんな時にはマタタビを使って爪とぎのしつけを行うと良いでしょう。記事の後半では、爪とぎのしつけについても解説しているので、是非ご覧ください。

Sponsored Links

猫の爪とぎの理由と気持ち

猫の爪とぎ-気持ち-理由-飼い主さんに-ポール白猫画像2猫が爪とぎをする主な理由は、古い爪を剥がす必要があるためです。猫は、古い爪の下に新しい爪ができるので、定期的に爪とぎを行って古い爪を剥がず必要があります。

基本的には、猫は古い爪を剥がすために爪とぎをしますが、その他にも様々な理由があります。急に爪とぎをする場合は、その時の猫の気持ちが反映されていることが多いです。

気分転換

緊張した後の気分転換や、運動不足の時に体をほぐすために爪を研ぐこともあります。しばらくの間眠っていて、起き抜けに爪とぎをする猫もいます。寝ていて固まってしまった体をほぐす意味で軽く爪をといで気持ちをリフレッシュさせているのでしょう。

ストレス解消

トイレの後に急に暴れて、バリバリと勢いよく爪とぎをする猫もいます。これは野生時代の猫の本能が理由が1つとして考えられています。

野生時代の猫によって、排泄はとても危険な行為でした。排泄中は敵が襲ってきても対処しにくい、無防備になる瞬間だからです。そのため、排泄中は周りに敵がいないか注意する必要があり、気を張って警戒しています。

だからこそ、トイレの後は大仕事が終わった気分になって、ハイテンションになって、勢いよく爪とぎをしたり、家の中を走り回ったり、急に暴れる猫がいるわけです。排泄後に急に走るという行動は、野生時代であれば、すぐに危険な場所から離れるという理由も考えられます。

Sponsored Links

縄張り意識

爪の周りにある臭腺から自分のにおい物質を出して、自分のテリトリーに、においづけをする意味もあります。野生時代の猫は、縄張り意識もあって行っていましたが、飼い猫でもそのなごりがあります。

飼い主さんに爪とぎする気持ち

猫の中には、飼い主さんの足で爪とぎをしてしまう子もいます。これは子猫に多く見られる行動で、飼い主さんに甘えたい気持ちを表しています。そんな時は、猫が満足するまで、十分に遊んであげると良いでしょう。

爪とぎ用品を使ってくれない時のしつけ

猫の爪とぎ-気持ち-理由-飼い主さんに-爪出し黒猫画像2猫がソファーや壁紙で爪とぎしてしまうことがありますが、これらを軽減するためには、市販の爪とぎ用品を利用すると良いでしょう。

猫の爪とぎ用品には、様々な素材のものがありますが、中でもダンボール素材のものが人気です。これは家猫がダンボールの感触に慣れているから、使いやすいという傾向があります。

それでも、せっかく購入した爪とぎ用品を猫が使ってくれないということがあります。そんな時は、マタタビを使って猫のしつけをすると効果的です。爪とぎ用品に少量のマタタビをつけると、その爪とぎを使ってくれることがあります。

人気のダンボール素材の爪とぎ

【猫壱】バリバリボウル 猫柄 猫 つめとぎ ダンボール 交換用つめとぎあり 交換可能 ベッドタイプ 丸型 直径40cm 木目調 大型 運動不足解消 ストレス解消 長持ち

猫にマタタビを使う時の注意点

なぜ猫がマタタビを好きなのか?これはマタタビ特有の臭気が、ネコ科の動物の中枢神経に強く作用して、中枢神経の麻痺や興奮状態に近い刺激を与えるからです。どんなに反応が良い猫でも20分程度で通常の状態に戻ります。

因みに、マタタビの臭気は、ネコ科の動物全体に作用するため、ライオンやトラなどでも同じ反応をします。ただし、なぜ、ネコ科の動物だけにマタタビが作用するのかは不明です。マタタビと同じ作用がある植物としてイヌハッカ(キャットニップ)があります。

Sponsored Links

マタタビは、少し元気のない猫を元気づけたり、イライラしている猫を落ち着かせるために有効ですが、過剰に使用することはよくありません。

あまりに刺激が強過ぎると、猫が乱暴になったり、呼吸困難を起こすこともあります。一度にマタタビを多量に使用しないように注意が必要です。

最もマタタビの効果があるのは、未去勢のオス猫ですが、個体差があって全く興味を示さない猫もいます。また、子猫や一度マタタビを使用した猫にはあまり効き目がないことがあります。

爪とぎ用品に振りかけやすい粉末状のマタタビが販売されています。猫の様子を見ながら少しずつ試してみましょう。

粉末状のマタタビ

コメット 猫用おやつ またたび 3.5g×2個 (まとめ買い)

Sponsored Links

おすすめの記事

猫が撫でられて嬉しい場所と撫でて良いタイミング

猫のブラッシングやり過ぎに注意!やり方や頻度を紹介!

猫がご飯を少し残す原因は?フードは出しっぱなしでいいの!?

猫の半目はリラックスしている時だけではない!?

猫が頭や体をこすりつける理由

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール