猫が肩に乗る理由・猫が背中に乗ってくるのは訳がある

今回は猫が飼い主さんの肩に乗る理由について紹介します。飼い主さんが座っていると何処からともなく猫が現れて肩に飛び乗ってくることありませんか?また、歯磨きする時など中腰の姿勢になると、猫が背中に乗ってくることありませんか?これらには猫の習性が関係する理由があるのです。

たとえば、座ってパソコン作業をしていると、猫が肩に乗ってくることがあります。そんな時「作業の邪魔しないで。」「人の上に乗るなんて失礼なヤツだな。」と思いがちですが、実は、猫が肩や背中に乗るのは、飼い主さんが信頼できる相手だからこそする行動なのです。

Sponsored Links

猫が肩に乗る理由

猫-肩に乗る-理由-背中に乗ってくる-画像猫は周りを見渡せる高いところが好きです。しかも、それが信頼できる飼い主さんの肩や背中ならば、ますます安心な場所です。猫は自由な状態を好むので、中には抱っこされるのが苦手な猫もいます。抱っこされるよりも肩に乗る方が好きなのです。そんな彼らにとって、飼い主さんの肩は暖かみを感じられる上に、抱っこされて窮屈な思いをしないで済むベストなポジションなのです。

猫が飼い主さんの肩に乗る時は、周囲を興味深く見渡したりします。人の温もりが心地良いのか、リラックス状態の猫がそのままウトウトと眠ってしまうこともあります。パソコンなど作業中の飼い主さんの肩に乗って、かまってほしい気持ちをアピールしてくる猫もいます。さらには、肩に乗る理由がおやつやご飯を狙っての行動ということもあります。この場合おねだりの一種です。

Sponsored Links

歯磨き中に猫が背中に乗ってくる理由

また、飼い主さんが歯磨きしている時に猫が背中に乗ってくるという場合がありますが、これは小刻みに動く歯ブラシに興味を示したからという理由も考えられます。歯磨き中は背中を丸めて中腰の姿勢になることが多いです。

この姿勢は猫にとって背中に飛びつくタイミングでもあります。猫に悪気はないのですが、突然背中に飛び乗られた飼い主さんはビックリしますよね。毎朝、歯磨き中の飼い主さんの背後から、こっそりと背中を狙って忍び寄ってくるという、可愛い猫もいるようです。

猫が飼い主さんの肩や背中に乗ってくるのは、飼い主さんが信頼できる相手であることの証拠です。飼い主さんの肩や背中からの見晴らしが良く、安心できる場所であるからこそ、猫は乗りたくなるからです。とは言え、乗られている飼い主さんの方からすればビックリしますよね。

飼い主さんが寝そべっている状態で、その背中に猫が乗ってくる場合は、単に飼い主さんが好きで体温が温かいからだと考えられます。温かくて心地良いと猫がそのまま眠ってしまうこともあります。

Sponsored Links

猫が高い場所が好きな理由

猫-肩に乗る-理由-背中に乗ってくる-キャットタワー-画像飼い主さんの肩や背中が高いところだから猫が乗りたがります。では、なぜ猫は高い場所が好きなのでしょうか。猫が高いところに登るのが好きなのは、野生時代の猫がきの上で寝ていたことに由来します。高い場所は周囲が見渡せるし、さらに天敵も襲ってきにくい。高い場所は猫にとってとても安心できる場所だったのです。

家猫でも、高い場所に登って周囲を見渡してから、安全だと分かると、そのまま寝てしまうことがあります。猫のために部屋の中に段差を作って、高いところに行けるようにしてあげると良いでしょう。たとえば、段差違いの本棚を並べてみると、特別な内装工事をしなくても猫に適してた環境が作れます。

猫は高い場所が安全な場所と思っているので、多頭飼いの場合は強い猫ほど高い場所に登る権利を得ます。たとえば、多頭飼いでキャットタワーの最上階を狙っている猫がいるとしたら、彼らの力関係が拮抗している証拠です。

Sponsored Links

おすすめの記事

猫が外を眺めるのが好きな理由

猫のシニアは何歳から?平均寿命は?

猫が平安時代で貴族になる

猫が鼻をつけてくる・鼻をこすりつける理由

猫が撫でられて嬉しい場所と撫でて良いタイミング

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール