猫が外を眺めるのが好きな理由

突然、猫がじっと動かなくなり、何かを熱心に見つめている、そんな行動を目撃したことはありませんか?

今回の記事では、窓から外をじっと眺めていたり、何もない空中をじっと見つめていたり、急に行動が止まってフリーズ状態になる猫の気持ちについて紹介します。

Sponsored Links

猫が外を眺めるのが好きな理由

窓際にたたずんで、じっと外の様子を眺めている猫、よくいますよね。このような猫を見ると、外に出たいのかな?と思いがちですが、実はその反対で、猫のテリトリー(室内)の近くに不審なものが移動してこないかを監視しているのです。

猫は用心深いので、自分のテリトリーの外へ出たがることはあまりありません。なわばり意識が高いので、自分のテリトリーに近づいてくるのは誰だ?と、窓際でじっと見張っているのです。

Sponsored Links

不審な鳥や他の猫を見て、「カッカッカッ!」と苛立ちの鳴き声を出す猫もいます。じっと窓の外を見つめて、不審なものがあれば目をそらしません。大抵はお座りの姿勢でじっと外を眺めることが多いです。だらけた姿勢では監視にならないからでしょう。

外を移動する不審なものがいなくなったり、興味が失せたなどすれば、監視を止めて自然と移動します。温かい季節の窓際であれば、時にはそのまま寝ている場合もあります。

ただし、窓際で外を眺める猫が、以前に外で暮らしたことがあったり、外と室内を自由に行き来する飼い方をしているならば、外に出たいと思っているかもしれません。しかし、ほとんどの猫はそのような欲求を鳴いて示すので、黙ってじっと外の様子を眺めているのであれば、監視の可能性が高いです。

猫が外を眺める-理由-窓-画像

「カッカッカッ!」鳴き声の意味

「カッカッカッ!」という猫の鳴き声は、窓の外に鳥や虫などを見付けた時に、「獲物を発見!」と捕食動物の本能を刺激されて出す声です。しかし、獲物までの距離が遠い場合は、捕まえることができません。野生の本能を刺激されたのに満たされないと、苛立ちを感じて「カッカッカッ!」と鳴く猫が多いようです。また、獲物を捕まえるところを想像している可能性もあります。

欲求不満な気持ちと獲物を捕らえた想像から、独り言のように「カッカッカッ!」という鳴き声が出るのでしょう。猫の口元を震わせて、まるで歯を鳴らすような声を出します。

獲物を捕まえられない代わりに、オモチャなどを使って十分に遊んであげると良いでしょう。この「カッカッカッ!」という鳴き声は、夢中で遊んでいる時にオモチャを取り上げると出ることもあります。

Sponsored Links

じっと体が固まる理由

人間も驚いた時や恐怖を感じた時は体が固まりフリーズ状態になりますよね。これは猫の場合も同じで、体がフリーズした時は緊張している証拠です。

たとえば、猫にとって得体の知れないものと遭遇した時などに、何か自分にとって危険や恐怖を感じると全身が緊張状態になって、その場所から動こうとしない時があります。何かに怯えて動けなくなっている猫を見たら、やさしく声をかけてあげるなどして、緊張をほぐしてあげましょう。

恐怖を感じてフリーズしている猫は、動きが止まるのと同時に、耳をやや後ろに倒す、目を見開く、シッポを下げるなどの行動をとります。

また、驚いてフリーズしている猫は、動きが止まるのと同時に、ヒゲを後ろに引く、目を見開く、姿勢を低くするなどの行動をとります。

猫が外を眺める-理由-画像

何もない空中をにらんでいる理由

突然、猫が何もない空中をじっと見つめる行動を目撃することはありません?そこに見えざる何かがあるのかしら?と思いがちですが、実は、猫は見ているのではなく聴いているのです。

猫の耳は人間の聴こえない超音波も聴き取ることができます。その音を聴くために音の方向に顔を向けているのです。その行動が人間には、猫が何かを見つめているように見えるというわけです。

Sponsored Links

おすすめの記事

猫のシニアは何歳から?平均寿命は?

猫の鳴き声の意味(アオーン・クルル・ンー・ニャーオ・カカカ)短い長い、低い高いなど鳴き方の種類別に猫の気持ちを解説!

猫が撫でられて嬉しい場所と撫でて良いタイミング

犬の留守番は何時間までが限界?長時間の留守対策はケージ・おもちゃ・トイレを配置!

アカヒレ(コッピー)の飼育は初心者でも簡単!水槽や水温、水草、寿命など育て方を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール