レオパの餌やり用ピンセットおすすめ!素材別の特徴を紹介!

今回は、レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の餌やりに使用するおすすめのピンセットを紹介します。素材の異なるピンセットを3つ紹介し、それぞれの特徴について解説していきます。

Sponsored Links

ピンセットの素材は主に3種類

レオパ,餌やり,ピンセット,おすすめ,画像爬虫類の餌やりに使用するピンセットの素材は、主に「金属製」「竹製」「プラスチック製」の3つです。

基本的にピンセットは、細く硬い素材ほど繊細な作業がしやすくなります。ですから、金属製で先が細いピンセットが小さな餌を掴みやすいです。

しかし、細く硬いピンセットはレオパを傷付けてしまう恐れもあります。レオパは餌やりの際に、思いのほか勢いよく餌に跳び付いてくることがあります。

レオパは目と口の位置が近いので、餌やりの際に誤ってピンセットの先が目に当たってしまう恐れがあるのです。

金属製のピンセットと比べれば、比較的柔らかい素材の竹製やプラスチック製のピンセットの方が、ケガのリスクは低くなりますが、全く心配がないというわけではありません。

餌やりの際は、ピンセットの先端をレオパに向けないように心掛けましょう。ですから、餌やり用のピンセットは、どうのような素材であっても、先端がカーブ形状のピンセットを使うことをおすすめします。

Sponsored Links

レオパの餌やりにおすすめのピンセット

金属製のピンセット

スドー ステルスピンセット カーブ

この商品はステンレス製のピンセットです。適度な細さと硬さで繊細な作業がしやすく、動く生餌でも簡単に掴むことができます。

細いピンセットですが、先端部分が丸く加工されており、万が一レオパに当たってしまった時のために配慮されています。

金属製のピンセットは、光の反射で成体を怖がらせてしまうことがありますが、この商品は細いピンセットの表面には黒いウレタン塗膜が施されているので、生体からも目立ちにくく、驚かせにくい特徴があります。

これは個人的な意見ですが、使いやすさから言えば、この商品が最もおすすめです。ただし、金属製のピンセットは誤ってレオパを傷付けてしまうのが心配だという方は、竹製やプラスチック製のピンセットをおすすめします。

Sponsored Links

竹製のピンセット

スドー ハプクラフト バンブーピンセット

竹製のピンセットは、金属製と比べて餌やりの際の安全性が高く、値段も比較的安いことから、レオパの飼育ではよく使われるアイテムです。

ただし、竹製のピンセットは、素材が柔らかいので力の伝わりが鈍く、握りを少し弱めただけで、ピンセットの先から餌が落ちてしまいます。

また、竹製のピンセットで小さな生餌を掴むのは難しいです。大きいコオロギなどはなんとか掴めますが、小さいデュビアを掴むのは困難です。

さらには、竹という自然物を加工したものなんで、どうしても商品に当たり外れがあります。良いものは長年使えますが、悪いものは何度も洗って使っているうちに、ピンセットの先端がねじれて上手く掴めなくなることもあります。

このへんは、そもそも安価なアイテムですし、消耗品だと思って受け入れるしかないのでしょうね。

プラスチック製のピンセット

スドー 給餌ピンセット 270

竹製のピンセットは、商品によっては使っているうちに変形することがありますが、プラスチック製のピンセットはそのような心配が少ないです。

プラスチック製のピンセットの値段は、竹製と比べて少し高いくらいです。ですが、レオパなどの爬虫類の餌やりで使うピンセットは、金属製か竹製が主流で、プラスチック製のピンセットはあまり使われないように思えます。

その理由は、おそらくプラスチック製の商品が少ないからではないでしょうか。決して使いずらいわけではありません。

ただし、プラスチック製のピンセットは素材が軟らかいので、竹製のピンセットと同様に小さな生餌を掴むのは難しいです。ですから、レオパに人工餌を与える時におすすめです。

プラスチック製のピンセットは、金属製と比べて素材が軟らかいので、餌やりの時にケガの心配が少ないと言えます。

Sponsored Links

おすすめの記事

レオパが片目だけ閉じて寝る!開けた片目の視線の先には…

レオパの床材の誤飲対策!砂や土を食べる前に知っておきたい事

フクロモモンガの多頭飼い!オス同士とメス同士はケージ内で同居できるのはどっち?

犬がウンチを食べる?うれしょんの原因は?犬の粗相の理由と対策を紹介!

猫がご飯を少し残す原因は?フードは出しっぱなしでいいの!?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ヒョウモントカゲモドキ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール