レオパの床材の誤飲対策!砂や土を食べる前に知っておきたい事

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の飼育に使用する床材は様々なものがあり、キッチンペーパーやペットシーツ、砂、土、クルミ、ヤシガラなど、飼育者によっていろいろな素材が使われています。

レオパの飼育方法ついては、まだまだ確率されていない部分が多く、基本的には飼い主さんの育て方に委ねるところが大きいのですが、床材選びに関しては誤飲の問題があるので注意が必要です。

Sponsored Links

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)が床材(砂や土など)を食べる前に知っておきたい事

ヒョウモントカゲモドキ-黄色-ケージ-ガラス越し画像1ケージの床にキッチンペーパーやペットシーツを敷いている場合は、レオパが誤飲する可能性は低いですが、床材に砂や土、クルミ、ヤシガラなど、粒状のものを使用している場合は、誤飲の可能性が全くないとは言いきれない。

レオパの性格は個体差があるので、床材に興味を示す子もいれば、全く無関心な子もいます。どのような性格の子であっても、全く誤飲の心配がないとは言いきれない。ですから、万が一誤って床材を食べてしまった場合のことを想定して床材を選ぶべきです。

床材は粒の小さいものを使用した方が、万が一誤飲したとしても糞として排泄されてやすいです。粒の大きなものを誤って食べると、体内で詰まってしまうことがあるので避けた方が無難です。ただし、粒が小さい床材でも素材によっては、体に良くないものもあるので注意が必要です。

Sponsored Links

ソイル(土)

ソイルは、天然の土を粒状に固めたものです。土に付着しているバクテリアが、レオパの糞尿から出る嫌な臭いを分解してくれるので、消臭効果が期待できます。爬虫類専用のソイルが販売去れているので、レオパの飼育で使うことも多いです。

ソイルは土を固めたものなので、潰せば粉々になります。天然のものであっても土は食べて良いものではないので、誤飲すれば体調を崩す可能性も考えられます。商品の注意書にベビー期やヤング期のレオパには使用しないようにと記載されているものもあります。

爬虫類専用のソイルは粒の小さいものがほとんどですが、園芸用のソイルの中には粒の大きいものがあるので、体内で詰まる対策として園芸用は使わない方が無難と言えます。

サンド(砂)

レオパの飼育でよく使われるのが、「ウォールナッツサンド」と「カルシウムサンド」です。サンドと言っても必ずしも砂が原料なわけではなく、ペット用品のサンドとは、砂のように細かく砕いたものと考えると分かりやすいです。

ウォールナッツサンドは、クルミの殻を細かく砕いたものです。原料が植物なので、誤飲しても心配は少ないとされていますが、レオパが床材を大量に食べることがあれば、クルミの殻であって詰まる可能性は考えられます。クルミの殻を原料とした床材は、各メーカーごとに粒の大きさが違うので、誤飲対策を考えるのであれば、できるだけ粒の小さなサンドを選ぶ方が良いように思えます。

カルシウムサンドは、カルシウムを含む天然の岩石を粉々に砕いたものです。カルシウムを含んでいるとは言え、岩ですからレオパが食べて良いものではありません。誤って食べないように十分に注意する必要があります。

チップ(木材)

レオパの床材によく使われるのは「ハスクチップ」です。ハスクチップとは、ヤシの実の殻をチップ状にカットしたものことを言います。チップの大きさはまばらで、中にはとても大きなチップも混ざっていて、万が一レオパが誤飲してしまうと、体内に詰まさせてしまう恐れがあります。

床材は大きなハスクチップだから、レオパが食べることがないと誤解しがちですが、レオパはコオロギほどの大きさのチップであれば、飲み込んでしまう可能性は十分に考えられます。大きめのハスクチップが体内に詰まってしまうと糞として排泄するのは大変なことです。

ヤシを床材に使いたいのであれば、ハスクチップではなく、ヤシガラを細かくしたヤシガラマットの方が心配は少ないように思えます。

Sponsored Links

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の床材の誤飲対策

床材選び

まずは、万が一レオパが床材を誤飲してしまった時のために、排泄しやすいように粒が小さく、体に害のない素材のものを選ぶことが望ましいです。

少量の誤飲であれば心配が少ないということでウォールナッツサンドを使用したり、どうしてもレオパの臭いが気になる場合は、爬虫類用のソイルを使用すると良いかと思います。

ただし、ウォールナッツサンドでもソイルでも誤飲は決して良いことではないので、普段からレオパが床材を食べることがないように様子を見てあげることが大切です。

ウォールナッツサンド

比較的粒の小さいタイプのクルミの殻を使ったサンドです。

カミハタ デザートブレンドクラシック 4.4kg

爬虫類飼育用ソイル

天然の土を粒状に固めた床材です。

ジェックス エキゾテラ デザートソイル 2kg 爬虫類飼育用ソイル


餌やり

レオパが誤って床材を食べる原因は、餌と間違えて食べてしまうということが非常に多いです。床材の上に落ちたレオパゲルを床材ごと一緒に食べてしまったり、餌皿の中に床材が入って誤飲してしまったりすることがあります。

これらを避けるための対策としては、レオパをケージの外に出して、誤飲の心配がない場所で餌を与えると良いでしょう。どうしても時間がなくて、飼い主さんが直接餌を与えることができない場合は、置き餌をするケージ内の餌皿の周辺には、床材を敷かないようにすると誤飲対策になります。

どうしても誤飲が心配な場合は…

レオパが床材を誤飲してしまうことが、どうしても心配な場合は、キッチンペーパーでも良いと思います。レオパの糞尿の臭いが気になる方は、消臭効果があるペットシーツでも良いと思います。

ただし、キッチンペーパーやペットシーツであっても、レオパが床を掘る仕草を見せることがあります。ペットシーツが破けて中から消臭剤や吸収材が出て、それをレオパが食べることがないように注意する必要があります。

今回は、レオパの飼育に使用する床材の注意点を紹介しましたが、床材に使用するのが、土や砂など、どのような素材のものであっても、誤飲は良いことではありません。レオパが床材を食べてしまい心配な場合は、動物病院で診てもらうようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

ヒョウモントカゲモドキが上を向く、出たがる!部屋んぽの時の注意点を紹介!

フトアゴヒゲトカゲの餌代は?野菜の頻度は成長によって違う!

ベタの色が薄くなる・色が濃くなる原因!退色予防にはフレアリング!

文鳥がジャンプする!上下にぴょんぴょん跳ねる意味は?

クジラがいる水族館一覧!ゴンドウクジラとイルカの違いは?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ヒョウモントカゲモドキ 爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール