レオパの尻尾の太さの秘密!尻尾が細い理由とは?

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の尻尾は、成長とともに太くなることで知られていますが、思っていたほど尻尾の太さが足りないと感じる飼い主さんもいらっしゃるようです。

レオパの尻尾は、成長過程や食事状況によって尻尾が細いままということも有り得ます。まずは、レオパの尻尾の役割を確認していきましょう。

Sponsored Links

レオパの尻尾の太さの秘密

レオパ,尻尾,太さ,細い,画像レオパの尻尾には、主に2つ役割があります。1つ目は、天敵に襲われて際に尻尾を切り離すことで「オトリにする」役割です。尻尾を切り離すことを「自切」と言い、トカゲや節足動物などに見られる特徴です。

切り離された尻尾は、本体から離れても自力で動くことができます。自切後の尻尾が動いたり、跳ねたりすることで天敵の目を引き、その隙に本体のレオパは逃げ延びるという仕組みです。つまり、レオパの太い尻尾はオトリとして使えるわけです。切れた尻尾はしばらくすると再生可能です。

レオパの尻尾は、脊椎と呼ばれる連結した骨で出来ています。この脊椎の間に自切面と呼ばれる節目があることによって、尻尾が切れやすい構造になっています。

このようにレオパの尻尾は、もともと切れることを想定した特異な構造になっているので、自切面で切断された尻尾は、ほとんど出血せずに、神経系のトラブルも無く、レオパ本体は素早く逃げることができます。

Sponsored Links

2つ目は、尻尾に「栄養を蓄積する」ことで食料不足に備える役割です。レオパの尻尾には、主に脂肪が蓄えられており、その他にも各種栄養素が含まれています。つまり、レオパの尻尾の太さは、エネルギー源である脂肪の蓄積量を示しています。

ただし、レオパの成長過程によって、尻尾に栄養が溜まりやすい時期と、溜まりにくい時期があります。レオパの尻尾の太さが目立つ時期もあれば、ほとんど栄養が蓄積されずに尻尾が細いままの時期もあるのです。

レオパの尻尾が細い理由

一般的に、ペットショップで販売されているレオパは、生後3ヶ月ほどのベビー期のレオパが多いです。この頃のレオパはまだまだ成長段階で、餌から摂取した栄養分が尻尾に蓄積する前に、体全体の成長に使われていくため、たくさん餌を食べても尻尾は細いままです。

レオパの尻尾が太くなるのは、生後半年を過ぎたあたりからです。この時期から徐々に尻尾の太さが目立つようになっていきます。尻尾の最も膨らんだ部分が、レオパの首の太さと同じくらい(もしくは首より尻尾の方が太いくらい)まで太くなります。

ただし、レオパは生後1年ほどで成体になるので、生後半年ではまだまだ成長期です。そのため、個体によっては尻尾に栄養が溜まることなく、体全体の成長に使われることで、餌を食べても尻尾が細いままということもあります。

Sponsored Links

生後1年以上経った成体のレオパは、体長が20~25㎝くらい(頭から尻尾までの長さ)まで成長します。成体になったレオパは成長が止まり、余分な栄養は尻尾に蓄積されて太い尻尾になっていきます。

この時期にたくさん餌を食べると太い尻尾になりますが、成体になったレオパは成長期とは違い、毎日餌を食べなくなる個体が多いです。ですから、成体であっても尻尾が比較的細いレオパも存在します。

Sponsored Links

おすすめの記事

レオパは壁を登るの?ヤモリとの違いは?

フトアゴヒゲトカゲの色が変わる3つの理由

ハリネズミの爪切りの頻度と爪の切り方のコツ

犬が顔に飛びつく・人に飛びつく理由とやめさせる方法

猫が魚好きなのはなぜ?猫は甘いものが好きなわけではない!?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ヒョウモントカゲモドキ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール