猫が魚好きなのはなぜ?猫は甘いものが好きなわけではない!?

今回は猫の食事に関する雑学を2つ紹介します。1つ目は「猫が魚好きな理由」についてです。日本では、猫が魚が好きというイメージが強くありますが、実はこれは日本の猫の話です。

狩りをして生きてきた猫は本来肉食なので、魚より肉の方が好物です。それがなぜ魚好きになったのか?猫に魚を与える時の注意点も合わせて確認していきましょう。

2つ目は「猫の味覚」についてです。実は猫は甘さを感じることができません。ですから、クリーム類を食べる猫は甘いものが好きなわけではないのです。猫が甘いものを食べる理由について解説していきます。

Sponsored Links

猫が魚好きなのはなぜ?

猫-魚好き-なぜ-甘いものが好き-魚のおもちゃ画像本来、野生時代の猫は、鳥や小動物などを狩って生活していたので肉好きのはずです。ところが、猫が魚好きというイメージがあるのはなぜなのだろうか?実は、猫が魚好きなのは日本特有のものなのです。

現在の日本人は食の欧米化が進み肉を食べる機会が多くなりましたが、基本的に日本人は昔から魚を好んで食べます。飼い主さんが魚をよく食べるので、必然的にペットして飼われている猫も、魚をよく食べるようになったと考えられています。

世界中では、飼い主さんの食事の好みの影響で、猫が意外な食べ物を好んで食べるということがあります。たとえば、パスタ王国イタリアのシチリア島ではパスタを食べる猫がいます。乳製品を好んで食べるスイスでは猫がチーズを食べることもあります。また、日本以外の国でも、漁業が盛んな港町では漁師さんから猫が魚を貰って食べるということがあります。

Sponsored Links

猫に生魚や生イカを与えるのはNG

タラなどの生や生のイカには、体内のビタミンを分解する酵素が含まれています。猫がビタミン不足を引き起こす可能性があるので、与えない方が無難です。また、エビなどの甲殻類やタコなどにもこの酵素が含まれているので、加熱していないものは控えたほうが良いでしょう。

魚類はタンパク質の多い食べ物なので、カロリーを調整して与える必要があります。市販のフードには供給量の目安が記載されているので適量が分かりますが、家庭で焼き魚を与える場合はついつい与え過ぎてしまうことがあるので注意が必要です。

また、アジなどの青魚は不飽和脂肪酸を多く含むので、与え過ぎに注意しましょう。魚の干物は塩分が多いので、与える場合は少量にとどめておきましょう。塩分の摂り過ぎは体によくありません。かつお節は猫が比較的好む食材のひとつです。人用、猫用ともにマグネシウムが含まれているので、摂り過ぎて栄養のバランスを崩さないように注意しましょう。

Sponsored Links

猫のおやつは主食の10%以下にとどめる

猫は犬のようにトレーニングをする機会が少ないので、ごほうびとしてのおやつは与えなくても良いでしょう。嗜好品としておやつを与える場合は、主食の10%以下にとどめておきましょう。また、人の食べ物の中には猫にとって良くないものもあるので注意が必要です。特にお茶類やチョコ、ココアなどに含まれるカフェインは猫が中毒を起こる危険性があるので絶対に与えないようにしてください。

猫に与えて良い食べ物と与えてはいけない食べ物については、さらに詳しく書いた記事があるので、こちらの記事を合わせてご覧ください。

猫まんまを猫に与えるのはNG?与えちゃダメな食べ物を解説!
昔は白米にかつお節をかけた「猫まんま」がペットの猫の主食でした。しかし、猫まんまを猫に与えるのは、実はあまり好ましくはありません。その理由は、猫に必要なタンパク質が取れないので実は不向きなのです。今回の記事では、猫に与えても良い食べ...

猫は甘いものが好きなわけではない

猫-魚好き-なぜ-甘いものが好き-舌-画像犬を飼育した経験がある方はご存じかもしれませんが、犬は比較的甘いものが好きです。アイスクリームなどの甘いクリーム類、または甘い果物が好きな犬も少なくありません。

飼い主さんがアイスクリームなど甘いものを食べていると急に犬が寄ってくるということもあります。これは犬の舌に甘味を感じる部分があるからです。一方、猫の舌には甘味を感じる部分がありません。そのため飼い主さんのケーキや果物などには反応しないはずです。

野生時代の猫の食生活は肉食に特化していたため、次第に甘味を感じる必要がなくなっていったからだと言われています。ただし、酸味を感じる能力は発達しています。これは肉が腐っているかどうかを判断するために酸味を感じる味覚が発達していったと考えられます。

猫は甘さを感じる味覚が発達していませんが、脂肪分に反応してクリーム類を口にすることがあります。これが猫が甘いものを食べる理由のひとつです。ただし、甘いクリーム類は食べ過ぎると肥満の原因になるので与え過ぎないように注意しましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

猫が鼻をつけてくる・鼻をこすりつける理由

猫が撫でられて嬉しい場所と撫でて良いタイミング

猫が蛇口から水を飲む理由と蛇口を舐める対策!

猫が顎を乗せる意味と理由!猫が顎をつけて寝るのはなぜ?

【初心者必見】猫を飼うのに必要な物と費用の目安

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール