猫の多頭飼いのご飯とトイレ!順番待ちをする猫の性格は?

今回は多頭飼いをしている猫たちのご飯とトイレについてです。複数の猫を飼育していると、それぞれの猫によって全く性格が違うことが分かってきます。

出されたご飯はいつも完食する猫もいれば、なかなか食べてくれない猫もいます。猫によってご飯の好みが違うのです。また、猫によってトイレの好みも違います。猫は綺麗好きな動物なので、トイレにこだわりがあるのです。

中には穏やかな性格の猫もいて、一緒におもちゃで遊んでいると猫同士で譲り合って順番待ちをする猫もいます。そんな猫の多頭飼いならではのことを紹介していきます。

Sponsored Links

猫の多頭飼いのご飯

猫-多頭飼い-ご飯-トイレ-順番待ち-ソファの上-画像複数の猫を飼育していると、それぞれの猫の力関係ができることがありますが、必ずしも力のある猫から順番にご飯を食べるというわけではありません。それぞれの猫の性格や飼育環境によってご飯の与え方が異なります。

ご飯はあるだけ一気に食べる大食いタイプの猫、ご飯は食べたい時に少しずつ食べるタイプの猫、他の猫が食べ終わった後にゆっくり食べたい猫など、猫によって性格は様々です。

大食いタイプの猫は、食べるスピードが他の猫よりも速いので、自分の分が食べ終わると他の猫の分まで食べようとします。そんな時にターゲットになってしまう猫の食べる量が少なくなってしまわないように、飼い主さんは気配りする必要があります。

ご飯は食べたい時に少しずつ食べるタイプの猫は、いつでも食べられるようにフードを出しっぱなしにしてあげると良いでしょう。食器に1日の供給量を入れておけば、自分のペースで食べます。ただし、暑い季節はフードが傷みやすいの注意が必要です。特にウェットフードや手作りのご飯は出しっぱなしにしない方が無難です。

なかなか食べてくれない猫に
イギリス最高級のグレインフリーキャットフード
『カナガン』

猫がご飯を残す理由

猫にご飯を与えても、少し食べると何処かに行ってしまう、全部食べ切ってくれないと悩む飼い主さんもいると思います。これは猫の習性による「遊び食い」によるものです。

野生の猫は、お腹いっぱいになると動きが鈍るので、満腹を避ける習性があります。また、獲物を手に入れた安心感からか、後で食べようと考えて取っておくという理由も考えられます。

猫のご飯は、すぐに片付けるよりは、いつでも食べられるように少し食器にフードを入れておいてあげても良いでしょう。だたし、傷みやすいウェットフードは衛生に注意してください。

Sponsored Links

猫の多頭飼いのトイレ

猫-多頭飼い-ご飯-トイレ-順番待ち-窓際-画像猫は綺麗好きなので、他の猫が排泄したトイレを嫌がることあります。猫のを多頭飼いする時は、トイレの数は頭数プラス1が基本です。猫にとって排泄する際は無防備な状態になるので、周りに危険なものはないかと神経を使う時間でもあります。

トイレは周囲の様子を見渡せてスペースにゆとりがある形状のものが理想ですが、最近では、家庭環境に合わせ様々なデザインのものが市販されています。理想はセメントを混ぜるプラスチック製のケースですが、猫がどのトイレを好むのかはその子の性格によるので、いろいろと試してみると良いでしょう。

猫同士の相性が悪い時は同じスペースで生活することにストレスを感じている場合があります。普段から猫の様子をよく観察して、気になることがあったら動物病院へ相談すると良いでしょう。

猫の多頭飼いはシステムトイレがおすすめ

花王 ニャンとも清潔トイレセット [約1か月分チップ・シート付] オープンタイプ ライトベージュ

複数の猫を飼育していると、ご飯やトイレなど何かと手間がかかるものです。そんな忙しい飼い主さんをサポートしてくれるのが、お手入れが簡単なシステムトイレです。システムトイレは本体、猫砂、シートの3つをセットで使う猫のトイレです。このおすすめの商品は、脱臭・抗菌の猫砂は1.5ヵ月取り替え不要です。脱臭・抗菌のシートは1週間分のオシッコとニオイを吸収してくれます。

Sponsored Links

順番待ちをする猫の性格

多頭飼いをしていると、穏やかな性格の猫同士で順番待ちをすることがあります。他の猫がおもちゃで遊んでいる時に後ろで順番待ちをしていたり、飼い主さんの足元で次の抱っこを待っていたり、大人しく順番待ちをする猫の姿が可愛くてたまらないという飼い主さんもいることでしょう。

順番待ちをする猫は、控えめで大人しい性格の子が多いです。だから、時にはやんちゃでアピールの強い猫に割り込まれてしまうこともあります。そういった場合でも争わずに自分が引き下がってしまう猫もいるので、飼い主さんがフォローしてあげると良いでしょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

猫がトイレ以外で尿をする6つの原因と対策

猫の爪とぎの気持ちと理由は?飼い主に爪とぎする・爪とぎ用品を使ってくれない時のしつけ

猫まんまを猫に与えるのはNG?与えちゃダメな食べ物を解説!

猫の近所トラブルを防ぐ!愛猫家が守るべきマナー

猫が蛇口から水を飲む理由と蛇口を舐める対策!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール