猫の夜鳴き・夜暴れる理由と対策!寝れないで鳴く原因は夜行性なのか?

生物学的に言えば、ネコ科の動物は夜行性です。

そのため、猫の夜鳴きと夜暴れるのは本能的な行動と言えます。

猫という言葉の由来は、猫は夜行性で昼間はよく寝るから「寝子(ネコ)」という意味で呼ばれるようになったという説があります。

ただし、飼い猫の場合は、人の生活リズムに適応して夜は寝るのが一般的で、夜寝れない猫は何らかの原因がある可能性があります。

毎晩、猫の夜鳴きや夜暴れることが続くと、飼い主さんのほうも寝れない日々が続くので辛いものです。

猫が夜活発になる原因の多くは本能的なものなので、なかなか対処することが難しいのですが、寝る前に猫がヘトヘトに疲れるくらい遊んであげるなどの対策を繰り返すことで夜鳴きや夜暴れることが軽減するケースがあります。

Sponsored Links

猫が鳴く理由

猫の性格は様々で、よく鳴く猫もいれば、ほとんど鳴かない猫もいます。

一般的に猫が鳴く理由は、何かを伝えたいからだと言われています。

よく鳴く猫は飼い主さんに依存する傾向があり、あまり鳴かない猫は依存するのが苦手な傾向があります。

ただし、あまり鳴かないからといって、甘えたくないわけではありません。

本来、野生の猫は、声を出して鳴くことで天敵に襲われる危険性があるので、子猫のうちに母猫から鳴いてはいけないと教えられます。

Sponsored Links

一方、飼い猫は、天敵に襲われる心配がありません。

また、鳴くことで飼い主さんに自分の要求が伝わることを理解しています。

猫が鳴く主な理由は、次のようなことが考えられます。

●甘えたい時
●何かを要求している時
●警戒や恐怖を感じている時
●原因不明の本能的なもの

猫は、遊んでもらいたい時や甘えたい時に鳴きます。

自分に注意を向けてもらいたい時やお腹が空いてご飯を貰いたい時にも鳴きます。

狭い場所に挟まれて出られなくなった時や自分の身に危険を感じた時に鳴きます。

原因不明で本能的に鳴き続ける時もあり、このような状態は夜にみられることが多い。

猫-夜鳴き-暴れる-理由-夜行性-鳴く-原因-寝れない-対策-画像2

本来、猫は夜行性の動物

いろいろな性格の猫がいて、夜鳴きや夜暴れる猫がいると思えば、夜になると目がしばしばしてきて、そのままぐっすり寝てしまう猫もいます。

生物学的に言うと、野生の猫でも飼い猫でも、ネコ科の動物は夜行性です。

ただし、飼い猫の多くは、人の生活リズムに適応して昼行性になっていると言われています。

猫の夜鳴きや夜暴れる原因が夜行性という本能的なものである場合は、どんな対策をしてもなかなか対処できないケースも少なくありません。

そもそも夜行性の猫と昼行性の人間とでは生活リズムが違うので、猫と飼い主さんのどちらかが諦めて慣れるしかないのかもしれません。

ただし、原因によっては対策としてできることもあります。

Sponsored Links

猫の夜鳴きや夜暴れる原因

本来、猫は夜行性なので本能的には夜中に活発になる傾向があります。

ですから、夜鳴きや夜暴れる猫の原因については、なかなか分かりにくいことが多いのですが、考えられる原因は次のような事があります。

昼間は寝てばかりいる

昼間は飼い主さんが仕事に出かけるので、猫だけが家で留守番をしている場合は、退屈で寝てばかりいることが多い。

猫は昼間でもよく寝る動物ですが、いつも何もせずに寝てばかりいるわけではありません。

昼間は寝てばかりいることが理由で、夜になると急に活発になって暴れる、もしくは夜鳴きが続くことがあります。

環境が変わる

猫は環境の変化にとても敏感で、それが原因で夜鳴きが続いたり、夜に落ち着かなくて暴れることがあります。

最近、引っ越したばかりだったり、家具の置く場所を変えたり、猫が使う寝床を洗濯したばかりだったり、新しい家族が増えたり、様々な環境の変化で鳴き始めることがあります。

このような環境の変化であれば、2週間ほどで猫が慣れて自然に鳴き止むケースがほとんどです。

猫の体調が悪い

猫の夜鳴きの原因が、体調不良や身体のどこかに異常があることが関係している場合もあります。

ちゃんと食欲にあるか?便や尿に異常がないか?体調に異常がある場合は、早急に獣医の診断を受けるようにしましょう。

また、猫が不安を感じるものやストレスを感じるものが近くにあることが理由で、夜寝れないで鳴いている場合もあります。

原因不明

実は、猫の夜鳴きや夜暴れる原因は、人間には理解できないことが多い。

本来、ネコ科の動物は、深夜から早朝までは活動する時間です。

そのため、深夜や早朝に急に鳴き始める猫が多い。

猫は人と一緒に暮らすことで人間の生活リズムに合わせてくれていますが、猫自身でもコントロールできない野生の本能が関係して、夜鳴きや夜暴れるなどの行動をしてしまうのかもしれません。

猫の夜鳴きと夜暴れる時の対策

夜鳴きや夜暴れる猫は、毎晩繰り返すことが多い。

毎晩、猫が鳴き続けていると、飼い主さんが夜寝れないばかりか、近所迷惑になってしまうことがあります。

このような場合の対策としては、寝る前に猫がクタクタに疲れるまで遊んであげることで夜鳴きが軽減するケースがあります。

猫のお気に入りのオモチャで20分くらい遊んであげて、寝る直前にちょっとだけドライフードを準備しておくと夜起きてしまった時の対策になります。

猫-夜鳴き-暴れる-理由-夜行性-鳴く-原因-寝れない-対策-遊ぶ画像

寝る前に猫がクタクタになるくらい遊んであげることを毎晩の習慣にしましょう。

猫がヘトヘトに疲れるくらい、オモチャを使ってクルクルと回させたり、ジャンプさせたりすると良い。

夜になって寝ている時は、猫が遊ぼうと誘ってきても寝たふりをして無視を続けることが大切です。

「寝る前に遊んであげる」⇒「少しだけ食べ物をあげる」⇒「部屋の電気が消える」⇒「寝ている飼い主さんが無反応」というサイクルを毎日繰り返すことで猫が諦めてくれるかもしれません。

猫は年をとるにつれて、徐々に動かなくなっていきますが、子猫の場合は元気に動き回るものです。

昼間は飼い主さんが仕事で出かけていて、子猫が家で留守番している場合は、夜に活発に動き回るケースが多い。

Sponsored Links

おすすめの記事

猫の鳴き声の意味(アオーン・クルル・ンー・ニャーオ・カカカ)短い長い、低い高いなど鳴き方の種類別に猫の気持ちを解説!

猫の肉球の数と色の秘密!肉球の間の毛の切り方や肉球の皮がむける・ひび割れるの対処法などを紹介!

犬が触られて喜ぶ場所・嫌がる場所!触ると怒る初対面の犬への接し方を紹介!

犬のしっぽの振り方でわかる気持ちとは?しっぽが下がる・上がるで感情の意味が違う!

犬のしつけはいつから?(トイレ・無駄吠え・噛み癖・散歩)やってはいけないしつけ方とは?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール