猫が壁紙や家具(ソファー)で爪とぎする対策!ボロボロにひっかくのを防止する方法

猫がソファーなどの家具や壁紙などで爪とぎをしてボロボロにしてしまうことは、多く飼い主さんが悩みを抱える問題です。

できれば、子猫の頃にしつけを行って、爪とぎ用のペット用品などの適した場所で行うようにできれば良いのですが、成猫になってからでは、なかなかしつけることは困難です。その場合は、猫が爪とぎすることを自ら諦めるような対策が必要となります。

今回は、猫が壁紙やソファーなどで爪とぎをしてしまう対策におすすめの保護シートや、身近な家庭用品で簡単に防ぐ方法などを紹介します。

Sponsored Links

猫が壁紙や家具(ソファー)で爪とぎする理由

気分転換

猫-家具-噛む-ソファー-爪とぎ-対策-ボロボロ-防止-方法-画像1猫が壁紙やソファーなどで爪とぎをしてしまう理由について、真っ先に考えられるのは、気分転換になんとなくやってしまうということです。

時間をもてあましてなんとなく家具で爪とぎをした感触が楽しかった。または、突然大きな音を聞いた時など、そのストレスを解消するために、近くにあったソファーで爪とぎをしたら、良い気分転換になったなど、たまたまやった行動が予想外に楽しかったというのが理由です。

猫は自分が発見した楽しみには、とても執着する傾向があるので、何度も同じ場所で爪とぎして家具をボロボロにしてしまうことが多いです。

爪のメンテナンス

自然界での猫は鋭い爪で獲物を狩るハンターです。日頃から爪とぎをしていつでも使えるようにしておく必要があります。

猫の爪は、新しい爪の組織が内側から作られているので、爪とぎをすることで表面の古い爪の組織を剥がしているのです。この習性を壁紙やソファーなど、間違ったら場所で行っていることが理由として考えられます。

Sponsored Links

マーキング

猫の口の周辺と肉球の周辺には臭腺があるので、顔を家具に擦り付けたり、ソファーで爪とぎをするのは、自分の臭いをつけて縄張りを主張していることがあります。

猫が壁紙や家具(ソファー)で爪とぎする対策

保護シートを貼る前に試しておきたい裏技

猫-家具-噛む-ソファー-爪とぎ-対策-ボロボロ-防止-方法-画像2猫がソファーなどの家具を爪とぎに使ってボロボロにしてしまうというは、多く飼い主さんが悩みを抱える問題です。ですから、その対策用の保護シートが販売されているので、そちらを使用することでひっかき防止になります。

ただし、保護シートを貼るほど酷くなかったり、まだまだ子猫なのでしつけができたりする場合は、もっと手軽にできる対策方法もあります。

その方法は、猫が爪とぎをする家具の場所に、両面テープ(幅5cmほど)を貼っておくというものです。猫はベタベタと身体に着くものを嫌う傾向があります。たとえば、いつも爪とぎをするソファーの場所に両面テープが貼ってあると、臭いを嗅いで確認した時にヒゲがくっついたり、爪の周辺の毛がくっついたりすると、嫌がって爪とぎしなくなります。

飼い主さんが猫の近くにいる時は、猫がソファーで爪とぎを始めたら、すぐに止めさせることができますが、飼い主さんがちょっと外出した隙に、家具がボロボロにされているということがあります。そんな時は出掛ける前に両面テープを貼っておくと効果的です。

ただし、あまり粘着力が強い両面テープを使うと、両面テープを剥がす時に家具の塗装が剥がれたり、壁紙が破けたりすることがあるので注意が必要です。

Sponsored Links

おすすめの保護シート

猫は壁紙やソファーの同じ場所で毎回爪とぎする傾向があるので、その場所に保護シートを貼ると、ボロボロになるのを防止できます。

壁用保護シート

リンテックコマース ペット壁保護シート(弱粘) S PETP-02S


保護シートの表面はツルツルしているので、猫の爪が引っ掛からずに壁が傷つきません。壁紙の材質によっては、保護シートを剥がした時に壁紙を傷めてしまうことがあるので、あらかじめ目立たない所で試してから使用すると良いでしょう。

この商品は、粘着力が弱いものと、粘着力が強いものの2種類が販売去れていますが、まずは、粘着力が弱いこの商品から試してみた方が無難だと思います。

家具用保護シート

JOOKER 壁 柱 家具 保護 テープ式 フィルム 猫 爪とぎ 引っ掻き傷 防止 サイズ(10m巻 幅広10cm)


この商品はテープタイプになっているので、ソファーなどの家具に使用できます。テープの幅は、6.35cm、10cm、20.5cmのものが販売されているので、お好みのサイズを選ぶことができます。猫が爪とぎしやすいソファーの側面に貼っておくと防止対策になります。

Sponsored Links

おすすめの記事

猫が顎を乗せる意味と理由!猫が顎をつけて寝るのはなぜ?

猫がトイレ以外で尿をする6つの原因と対策

猫の爪とぎの気持ちと理由は?飼い主に爪とぎする・爪とぎ用品を使ってくれない時のしつけ

クジラがいる水族館一覧!ゴンドウクジラとイルカの違いは?

ハシビロコウの生態の不思議

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール