猫が平安時代で貴族になる

現在の日本では空前の猫ブームが到来していますが、遠い昔、平安時代の貴族たちにも猫ブームは巻き起こっていました。

平安時代の猫は綱に繋がれて飼われていました。猫を飼うことは流行の最先端だったようで、清少納言も枕草子の中で美しい猫に赤い綱をつけて飼う様子を記しています。

Sponsored Links

猫が平安時代で貴族になる

平安時代に貴族たちに人気があったは、中国から輸入された唐猫です。貴族にとって唐猫を飼うことはひとつのステータスでした。

留まる事を知らぬ猫の魅力は、ついに平安時代の最高権力者の心も鷲掴みにします。それは無類の猫好きとして知られる一条天皇です。

天皇がいる「内裏」は、高い位を与えられた殿上人しか入ることが許されていませんでしたが、そこに一条天皇は猫を入れたと言われています。

Sponsored Links

内裏には位のない者を入れてはいけない規則だったため、一条天皇は愛猫に貴族としての高い地位を与えました。つまり、平安時代には貴族になった猫がいたというわけです。

清少納言は枕草子に猫の名前を書きとめました。その名は「命婦のおとど(意味:かなり偉い貴婦人)」です。これが記録に残る日本最古の飼い猫の名前です。貴族たちは猫を「ちゃん」付けで呼んで可愛がっていたことも知られています。

猫-平安時代-2匹の猫-画像

現在の感覚で考えるとちょっと変わった話ではありますが、一条天皇はどこまでも本気で猫を貴族と同等に扱おうとしました。母猫が子猫を生むと、産養いの儀式を盛大に執り行いました。

この天皇の振る舞いにまわりは驚きを通り越して飽きれていました。獣相手に人と同じ礼式を用いるなど前代未聞と「小右記(999年)」に記されています。

しかし、一条天皇はどうしてここまで猫にのめりこんだのか。一説に人間関係のストレスを愛猫で癒していたと言われています。

一条天皇には愛する妻の定子がいました。しかし政治権力を握っていた藤原道長がその力をさらに強くするために、自分の幼い娘を無理やり一条天皇へ嫁がせようとします。一条天皇は、悩ましい日々の中で猫とのひと時だけが心休まる時間だったのかもしれません。

Sponsored Links

猫はいつから放し飼いになったのか

平安時代以来、日本に住む飼い猫たちは、綱に繋がれた生活をしていました。しかし、江戸幕府が開かれる前年(1602年)に京都である御触れが出されます。

それの御触れの内容は、「猫の綱を解き、放し飼いにすべし」というものでした。京都の街のネズミ対策だったのか?それとも別の理由があったのか?詳しいことは分かっていませんが、この時から猫は放し飼いになったのです。そして、この御触れによって猫の生活は大きく変わることになります。

京都に出された御触れは、その後は別の都市にも広がっていきました。そして、江戸時代の始まるとともに、猫たちは完全なる自由を手に入れたのです。

すると、放し飼いになり躍動する猫たちを見て、江戸時代の絵師たちは猫を浮世絵にするようになりました。代表的な浮世絵が「猫飼好五十三疋」です。これには袋に顔を突っ込んだり、魚をくわえて走ったりする猫たちが生き生きと描かれています。

猫-平安時代-画像

「猫飼好五十三疋」の作者は、歌川国芳です。歌川国芳は猫を5、6匹飼っていたと言われ、絵を描く作業場にも猫を入れるほど猫好きだったと言われています。

歌川国芳の作品には、猫の動きを使って文字にした猫文字作品が知られています。歌川国芳の弟子である歌川芳藤も猫の浮世絵を得意とし、奇想天外な猫絵ブームを巻き起こしました。自由奔放な猫の姿が影響して、江戸時代に新たな芸術が生まれたのです。

Sponsored Links

おすすめの記事

猫が頭や体をこすりつける理由

猫がおもちゃで遊ばない!飽きる時に試したい遊び方のコツ!

猫と人間のつき合いはいつどこで始まったのか?猫が古代エジプトで神になる

犬の留守番は何時間までが限界?長時間の留守対策はケージ・おもちゃ・トイレを配置!

アカヒレ(コッピー)の飼育は初心者でも簡単!水槽や水温、水草、寿命など育て方を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

動物の雑学
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール