猫がおもちゃで遊ばない!飽きる時に試したい遊び方のコツ!

おもちゃを使って猫と遊ぶ時は、飽きさせない工夫が必要です。

猫が好む動きを覚えて、飼い主さんと猫との遊びの時間を楽しみましょう。

Sponsored Links

猫がおもちゃで遊ばない原因

猫の遊びは狩りや探索などの代わりなので、おもちゃを単調に動かすだけではすぐに飽きることがあります。

おもちゃで遊ぶ時には、獲物のような動きを取り入れて、猫本来の野生動物としての本能を刺激しましょう。

猫がおもちゃで遊ばない時には、たとえば、おもちゃで鳥やネズミの動きを真似してみて、猫が特に興味を示す動きを見付けるのも良い方法です。

それでも飽きてしまう場合は、おもちゃの管理に原因があるのかもしれません。

Sponsored Links

おもちゃを与えたままにしないで、遊び終わったら片付けましょう。

おもちゃは飼い主さんと猫との大切なコミュニケーションツールなので、片付けをしっかりやって特別なものにしておきましょう。

また、有効に活用するためには、遊びの時間に猫に声をかけて期待をあおることも大切です。

猫は短時間集中型なので、短く小まめに遊ぶほうが向いています。

飼い主さんもその時間は猫との遊びに集中しましょう。楽しく遊んでくれる飼い主さんを猫はもっと好きになります。

猫-おもちゃ-遊ばない-飽きる-遊び方-ボール-画像2

おもちゃを使った遊び方のコツ

ネズミの動き

急に走り出したり、立ち止まったりするネズミの動きを真似しておもちゃを動かします。

動きのスピードに変化をつければ、猫はハンターのような気分になって夢中で追いかけるはずです。

鳥の動き

飛んでいる鳥のように、おもちゃを空中のやや高い位置で動かしましょう。

鳥の羽ばたきに似せたバサバサという音が出るおもちゃもあるので、上手に活用すると良いでしょう。

虫の動き

落ち葉の下でカサカサと動く虫や、ヒラヒラと飛ぶ虫のような動きも猫は好みます。

猫がおもちゃに飽きて遊ばない時は、たとえば、おもちゃを布の下に隠して動かしたり、空中で不規則な動きをしてみたりすると楽しんでくれるかもしれません。

Sponsored Links

猫の遊び

おもちゃ

猫じゃらし、ボール、釣り竿、ライトなど、様々な形状のおもちゃが市販されています。

布製、毛皮製、プラスチック製など、使われている素材もいろいろあります。

猫の好みのものを見付けてあげましょう。

マタタビ入りおもちゃ「けりぐるみ エビ」

ペティオ (Petio) 猫用おもちゃ けりぐるみ エビ

追いかけっこ

猫がおもちゃに飽きる時や、なかなか遊ばない時には、いつもと違った遊び方を試してみてはどうでしょうか。

飼い主さんがおもちゃを持って誘導しながら、追いかけっこを楽しみましょう。

相性の良い猫同士の多頭飼育であれば、高低差を移動しながら追いかけっこができます。

じゃれ合い

猫同士ならではのプロレスごっこなので、飼い主さんとの遊びとは違った充実感を得られるかもしれません。

猫同士の興奮が高まるとトラブルの恐れがあるので注意しましょう。

猫-おもちゃ-遊ばない-飽きる-遊び方-コミュニケーション-画像

遊びは愛猫とのコミュニケーション

遊びは飼い主さんと猫のコミュニケーションにも役立ちます。

遊ぶ時には、市販のおもちゃを活用すると良いでしょう。

おもちゃの種類はいろいろあるので、猫の好みや性格に合わせて選びます。

猫じゃらしタイプが最もポピュラーですが、様々な素材や形状のおもちゃがあります。

新しいものを好む好奇心旺盛な猫なら、飽きさせないように種類を変えるのもひとつの方法です。

多頭飼育の場合は、相性が良い猫同士でじゃれ合ったり追いかけっこをしたりして遊びます。

それを見ているだけでも楽しいかもしれませんが、愛猫とのコミュニケーションを取るために、飼い主さんとの遊びの時間を作ることも大切です。

活発な猫は、遊びでテンションが上がると走り回ったり、大きくジャンプしたりします。

時には予期せぬ行動をすることもあるので、ケガをしないように周囲の環境に気を配り、安全に楽しく遊びましょう。

猫-おもちゃ-遊ばない-飽きる-遊び方-興味をもつ-画像

適度な運動は長生きの秘訣

猫は、人間との暮らしに馴染んでいる一方で、野性的な本能を強く残っている動物です。

そのため、室内飼育であっても、狩りや探索をしたい、体を動かしたい、という欲求があります。

これらが満たされない状態が続くと、ストレスが溜まり健康に悪影響を及ぼす恐れがあります。

また、適度な運動は、健全な筋肉や骨格を作るために欠かせないもので、愛猫を長生きさせるためにも大切なことです。

子猫の頃は活発に運動しますが、成長するにしたがって、目的のない動きは減り、省エネで生活するようになります。

野生動物は、狩りや探索の時を除いて、あとは休息する習性があるからです。

猫がおもちゃなどで遊ばない時や、遊ぶことに飽きる時は、猫本来の欲求を満たしてあげるように遊び方を工夫する必要があります。

生活環境に高低差を作る

生活環境に高低差を作ることで、猫の運動量を増やすことができます。

猫は高い所に登ることを好みます。

高い場所は周囲が見渡せるので安心感が得られるのでしょう。

キャットタワーの高低差を移動することで適度な運動にもなり、完全室内飼育でも生活に適度な刺激を与えられる利点があります。

キャットタワーの設置が難しい場合は、キャットウォークという棚で段差を作ってあげると良いでしょう。

壁に体をつけることで安心感を得るタイプの猫もいるので、壁際に設置すると一石二鳥です。

段差がある家具を階段のように置いたり、窓の桟や家具を利用して板を渡したりする方法もあります。

ご家庭の環境に応じて工夫してみましょう。

猫-おもちゃ-遊ばない-飽きる-遊び方-タワー-画像

遊びは楽しい時間であることが大切

猫の遊びは短時間集中型なので、急ぎの用事がなければ時間をさいて誘いに乗っても良いでしょう。

忙しい場合は、無視をしていればやがて諦めます。

時には猫の誘いに乗って楽しい時間を過ごすことも大切です。

飼い主さんと猫の遊びは、互いにとって楽しい時間であることが大切です。

遊びのやめ時は、飼い主さんと猫のどちらかが遊びに飽きた時がやめ時かもしれません。

やめるタイミングはルールのように決めずに、自分や猫に合わせましょう。

健康な猫には活動意欲があります。

もし動きたがらない場合は、体に痛みがあるのかもしれません。

そんな時は、まずは動物病院に相談して、必要に応じて検査を受けた方が安心です。

猫の体調に問題がなければ、猫がおもちゃで遊ばない場合は遊ばせ方を見直しましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

猫の鳴き声の意味(アオーン・クルル・ンー・ニャーオ・カカカ)短い長い、低い高いなど鳴き方の種類別に猫の気持ちを解説!

猫の肉球の数と色の秘密!肉球の間の毛の切り方や肉球の皮がむける・ひび割れるの対処法などを紹介!

猫のしっぽの動きの意味は?猫のしっぽが立ってる時や猫のしっぽが膨らむ時の感情を紹介!

犬が触られて喜ぶ場所・嫌がる場所!触ると怒る初対面の犬への接し方を紹介!

犬が食事中に吠える・怒る・唸る理由は?食べ過ぎてぐったり苦しそう

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール