ハムスターの砂が飛び散る対策!砂浴び容器のおすすめはコレ!

ハムスターは勢い良く体を転がして砂浴びするので、周辺に砂が飛び散ること多いです。今回は、ハムスターの砂が飛び散る時の対策について紹介します。記事の後半では、砂が飛び散りにくいおすすめの砂浴び容器を2つ紹介しているので、合わせてご覧ください。

Sponsored Links

ハムスターの砂が飛び散る対策

ハムスター,砂,飛び散る,対策,おすすめ,砂浴び容器,画像ハムスターが砂浴びする時は、夢中になって体を転がすので、どうしても容器の外に砂が飛び散ることが多いです。

これを、しつけることは困難なので、砂が飛び散っても良い環境作りや、砂が飛び散りにくい構造の砂浴び容器を使用すると良いでしょう。

砂浴び容器にたっぷりと砂を入れてしまうと、当然ですが、砂は飛び散りやすくなります。砂が少な過ぎても良くありませんが、やや少なめに入れると、その分だけ砂が飛び散りにくくなります。

また、砂浴び容器をケージ内に常設しておくのではなく、ハムスターに砂浴びさせる時だけ容器を設置することで、砂が飛び散る機会を減らすことができます。

ハムスターの砂浴びの頻度は個体差はありますが、毎日行う子が多いです。1日2、3時間くらいは、ケージ内に砂浴び容器を入れてあげて、ハムスターの砂浴びが済んだらケージから容器を出しておくと、砂が飛び散る機会が減ります。

ハムスター専用の砂浴び容器は、様々な商品が販売されていますが、中には砂が飛び散りにくい工夫が施された砂浴び容器があります。ここでは、砂が飛び散りにくいおすすめの容器を2つ紹介します。

Sponsored Links

おすすめの砂浴び容器

バスタブと入口を区切るセパレート構造

ジェックス ハーモニーバス

通常の砂浴び容器は、砂を入れるバスタブと容器の入り口が近い位置にあるものが多いです。そのため、ハムスターがバスタブで激しく砂浴びすると、その勢いで容器の入り口から砂が飛び散るわけです。

この商品は、バスタブと入口が区切られたセパレート構造になっているので、砂が飛び散りにくい。

容器の入り口から入ったハムスターは、スロープ状の通路を通ってバスタブに入ります。この通路がバスタブと入口を区切っているので、飛び散った砂が直接容器の外に出にくい構造になっています。

本体サイズは、幅135mm×奥行160mm×高さ115mmです。この商品は、ゴールデンハムスターでも使えるようですが、容器の入り口とスロープ状の通路がやや狭いので、大き目のゴールデンハムスターには少し窮屈に感じるかもしれません。体の小さなドアーフ系のハムスターにおすすめします。

Sponsored Links

バスタブの砂が常に中央に集まる曲面構造

[三晃商会]ハムスターの大きめサイズの砂浴び容器バスハウス ワイド

この商品は、容器の底が曲面構造になっているので、ハムスターが容器内で激しく砂浴びして、砂が飛び散ることがあっても、再び容器の中央に砂が集まってきます。

ですから、通常よりも少ない砂で砂浴びができるわけです。そもそも使用する砂が少なければ、砂が飛び散る機会も少なくなるはずです。

本体サイズは、幅140mm×奥行90mm×高さ85mmです。この商品はゴールデンハムスターでも使用できるワイドサイズですが、体の大きさは個体差があるので、大き目の個体には窮屈に感じるかもしれません。ジャンガリアンハムスターやロボロフスキーハムスターなどの小型の種類におすすめします。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターが後ろ足で立つ理由!威嚇のポーズはどんな仕草?

ハムスターが砂浴びとトイレを区別できない?砂場でおしっこする!

ウサギが牧草を散らかす対策!おすすめの牧草入れを紹介!

犬の上下関係!自分が上位だと勘違いした犬は?

猫が魚好きなのはなぜ?猫は甘いものが好きなわけではない!?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール