ハムスターが嫌がる音と嫌いな匂い

今回は、ハムスターが嫌がる音と嫌いな匂いについて紹介します。ハムスターは優れた聴覚と嗅覚をもち、これらを使って常に周辺の様子を伺っています。ハムスターの聴覚と嗅覚は人間と比べて遥かに優れているため、人間にとっては問題のない音や匂いでも、ハムスターにとっては刺激が強過ぎるということがあるのです。

Sponsored Links

ハムスターが嫌がる音

ハムスター,嫌がる音,嫌がる匂い,画像1ハムスターは天敵の猛禽類の鳴き声を思わせるような高音を嫌う傾向があります。屋外で鳴いている鳥の声にハムスターが反応することもありますし、キッチンで金物がぶつかる音を聞いて、ハムスターが警戒していることもあります。

ハムスターの性格は個体差があるので一概に言えませんが、金属製のジッパーを開閉する音が嫌いな子もいます。意外と気付かないところで、ハムスターが嫌がる音を無意識に出してしまっているのかもしれません。

また、人間の聴覚では聞き取れないほどの高周波音を嫌がることもあります。人間の聴覚で聞くことができる音域は20Hz~20,000Hzほどで、はっきりと聞き取れるのは500Hz~5,000Hz程度だと言われています。

ところが、ハムスターの聴覚は1,000Hz~50,000Hzと言われ、人間の聴覚のおよそ4倍の音域を聞くことができるのです。

Sponsored Links

一般的にネズミの仲間は、24,000Hz~45,000Hzの高音を嫌うと言われています。この音域を発するネズミ撃退器(家ネズミの駆除用)が販売されているくらいです。YouTubeで紹介されているネズミ撃退音を再生したら、ケージから脱走したハムスターがその嫌がる音を聞いて、冷蔵庫の隙間から出てきたという書き込みを見掛けたことがあります。

ハムスターが嫌いな匂い

ハムスター,嫌がる音,嫌がる匂い,画像2動物の鼻の奥には、匂いを感知する働きがある嗅細胞が存在します。ハムスターの嗅細胞は人間の40倍以上もあると言われて、匂いを感知する能力が高いことが知られています。

そのためハムスターは強い刺激臭を放つ植物を嫌う傾向があり、具体的にはミントやワサビ、ユリの花の匂いなどがハムスターが嫌いな匂いとして挙げられます。

これらの匂いは、一般的にネズミの仲間が嫌う匂いとして知られており、家ネズミの駆除として使われる忌避剤にミントなどの成分が含まれていることがあります。

ハムスターは優れた嗅覚ゆえに、強い匂いを嫌う傾向があるので、香水やアロマオイルなどの強い匂いを嫌がる可能性も考えられます。ハムスターを飼育する場所では、強い匂いを放つものは使用しない方が無難です。

Sponsored Links

ハムスターが嫌いな匂いは、その他にも蚊取り線香に含まれる除虫菊の匂いや、衣類に使う防虫剤に含まる樟脳(クスノキの成分)などがネズミの仲間が嫌がる匂いとして知られています。

いずれにせよ、強い匂いを放つ植物は、ハムスターにとって負担になる可能性があるので、近くには置かないようにすると良いでしょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターの部屋んぽはいつから?頻度は?サークル選びのポイントを紹介!

ハムスターが急に動かなくなる突然固まる理由

フクロモモンガが尻尾をくねくね・丸める・ピーンと伸ばす意味は?

犬が散歩で歩かない・嫌がる原因は?突然リードを引っ張る・吠える理由とは?

猫が頭や体をこすりつける理由

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール