ハムスターの部屋んぽはいつから?頻度は?サークル選びのポイントを紹介!

ハムスターなどの小動物をケージから出して、部屋の中で散歩させることを通称「部屋んぽ」と言います。今回は、ハムスターの部屋んぽはいつから始めるのか。頻度はどのくらいなのか。さらには、部屋んぽの際に使用するサークル選びのポイントなどを紹介します。

Sponsored Links

ハムスターの部屋んぽはいつから?

ハムスター,部屋んぽ,いつから,頻度,サークル,画像ハムスターの性格や成長スピードは個体差があるので、いつからハムスターを部屋んぽさせたら良いのかは、一概には言えませんが、部屋んぽはハムスターが成体になってから始めることが望ましいです。ハムスターは生後2ヶ月~3ヶ月ほどで成体になります。

一般的に、ペットショップで販売しているハムスターは、生後1ヶ月程度の個体が多いです。そして、ハムスターをペットショップで購入後、自宅にお迎えしてから1ヶ月間は新しい環境に慣れさせる必要があります。ハムスターが環境に慣れた頃には、生後2ヶ月以上経ち、部屋んぽしてもいい頃合いになっていることでしょう。

いつから部屋んぽを始めるのかは、ハムスターの様子をよく観察して、環境や飼い主さんに慣れてから部屋んぽさせるようにしましょう。また、ハムスターにとって危険な物はサークルで囲むなどして、安全に部屋んぽができる環境を整えることも大切です。

Sponsored Links

ハムスターの部屋んぽの頻度

ハムスターを部屋んぽさせると、ハムスターの縄張りはケージの外まで広がっている状態です。特にオスのハムスターは、自分の縄張りで何か変わったことが起きていないか毎日確認したいものです。

ですから、ハムスターの部屋んぽの頻度は、毎日決まった時間に行うことが理想ですが、ご多忙な飼い主さんにとっては、なかなか難しいことだと思います。ペットと過ごす時間は、ハムスターだけではなく飼い主さんにとっても良い時間である必要があるので、部屋んぽの頻度は週末など時間がある時に部屋んぽさせてあげれば良いと思います。

部屋んぽさせる時間帯は、ハムスターが活発になる夜間に行うことが望ましいです。野生のハムスターは食べ物を求めて一晩で5km以上も走ることがあるそうです。そう考えると、部屋んぽで走ったくらいでは大した運動量ではないのかもしれません。むしろ、ハムスターの縄張り確認の欲求を満たしてあげることや、飼い主さんとハムスターの触れ合いなどを大切にしたいものです。

Sponsored Links

サークル選びのポイント

プリマヴェーラprimavera 小動物 ペットサークル おりたたみ式 ハムスター ハリネズミ モルモット 小動物 ペットケージ 迷彩デザイン

ハムスターを部屋んぽさせる時に、あると便利なのが小動物用のサークルです。小動物用のサークルは、各メーカーから様々な商品が販売されていますが、ハムスターの部屋んぽに使用する場合はサークル選びに注意が必要です。

ワイヤーフェンスのサークルは、ハムスターがサークルを登って脱走してしまうことがあります。ジャンガリアンハムスターなどの小型のハムスターはなかなか登ることができないのですが、ゴールデンハムスターなどの大型のハムスターはワイヤーフェンスを掴んでサークルを登ってしまうことがあるので、おすすめできません。

また、薄い布製やメッシュ加工されたサークルは、ハムスターが噛んで穴を開けて脱走する可能性があるので、選ばない方が無難です。

ここで紹介している商品は、ある程度は厚みのあるポリエステル製品です。サークルの高さが37cmもあるので、ゴールデンハムスターなどの大型のハムスターでも乗り越えることは困難です。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターが噛むようになった理由は?噛み癖の直し方を紹介!

ハムスターが床材を掘る理由は?土の床材で飼育するメリット・デメリットを紹介!

ウサギの足の裏が黄色い!洗いたい時は?

犬の上下関係!自分が上位だと勘違いした犬は?

猫が外を眺めるのが好きな理由

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール