ハムスターの鳴き声の意味「キュッキュッ・プスプス・クックッ・キュー・ククク・プププ・ギー」

ハムスターの鳴き声は「キュッキュッ・キュー・ギー」など、飼い主さんに何かを要求するように鳴くことが多いです。その他にも鼻息で「プスプス・プププ」と音を出すこともあれば、歯ぎしりで「クックッ・ククク」と音を立てることもあります。今回は、ハムスターの鳴き声と鼻や歯で出す音の意味について紹介します。

Sponsored Links

ハムスターの鳴き声の種類と意味

ハムスターの中には頻繁に鳴く個体もいますが、基本的にはハムスターはあまり鳴かない動物です。そのため、ハムスターが鳴く時は何を飼い主さんに伝えようとして鳴いていることが多く、飼い主さんとは無関係に鳴いている時は独り言や寝言の場合がほとんどです。

ハムスターの鳴き声は個体差があり、鳴いた時の状況によって意味が異なることがありますが、一般的な鳴き声の種類と意味について紹介していきます。

何にかを要求している時の鳴き声

「キュッキュッ」「キューキュー」

鳴き声の意味:ご飯がほしい、不満、要求
鳴き声の種類:高い声で鳴く
鳴き声の大きさ:小さい時もあれば大きい時もある

ハムスター-鳴き声-意味-キュッキュッ-プスプス-クックッ-キュー-ククク-プププ-ギー-画像1ハムスターの「キュッキュッ」「キューキュー」という鳴き声は、ハムスターを飼育していると最も多く聞く鳴き声で、何かを要求している時に幅広く使う鳴き方です。ご飯がほしい、ケージの外に出たい、飼い主さんに甘えたい、など、ハムスターが飼い主さんに何らかの要求や不満がある時に出す鳴き声です。

基本的には「キュッキュッ」「キューキュー」という鳴き声は、大きな不満を訴えているわけではなく、ちょっと機嫌が悪いか、ご飯がほしいやケージの外に出たいなど、軽く要求している程度の場合が多いです。

小さい声で短く「キュッキュッ」「ギュッギュッ」と鳴くこともあれば、大きな声で力強く「キューキュー」「ギューギュー」と鳴くこともあります。大抵は強い要求や不満になるほど、力強い大きな声で長く伸ばして「キューキュー」「ギューギュー」と鳴くことが多いです。頻繁にこのような鳴き声を聞く場合は、ケージの大きさや床材など、ハムスターに適した飼育環境であるかを確認する必要があります。

Sponsored Links

鼻息の音

「プスプス」「プププ」

鳴き声の意味:鼻づまり、いびき
鳴き声の種類:鼻から息が出る音
鳴き声の大きさ:小さい

ハムスターの「プスプス」「プププ」という音は、正確には鳴き声ではなく、鼻から出る息の音です。鼻水などが鼻につまって鼻息が断続的に出ているので、「プスプス」「プププ」といった少し変わった音が出ています。この音はハムスターが寝ている時に聞くことがあり、人で言えばいびきのようなものです。

原因が鼻づまりの場合は体調を崩している可能性も考えられるので、この音を頻繁に聞くようでしたら、一度、動物病院で診てもらうと良いでしょう。

また、ハムスターは食事中に口の中いっぱいに食べ物を詰め込むことがあり、本来の鳴き声は「キュッキュッ」と鳴くところ、口の中に食べ物が入っているので「プップッ」という聞き慣れない鳴き声になっていることもあります。

Sponsored Links

歯ぎしりの音や呟くような鳴き声

「クックッ」「ククク」

鳴き声の意味:苛立ち、癖、寝言
鳴き声の種類:歯ぎしりの音や呟き
鳴き声の大きさ:小さい

ハムスター-鳴き声-意味-キュッキュッ-プスプス-クックッ-キュー-ククク-プププ-ギー-画像2ハムスターの「クックッ」「ククク」という音は、これも正確には鳴き声ではなく歯ぎしりの音です。何かに苛立ちを感じている場合もあれば、単に歯が伸び過ぎないようにお手入れをしておく習慣や、歯ぎしりをする癖がついている場合もあります。

一般的には「クックッ」「ククク」と歯ぎしりをする時は、ハムスターが怒っている状態だと言われていますが、怒っていない時でもこの音を聞くことはあります。ハムスターが寝ている時に「クックッ」「ククク」と寝言で聞くこともあります。起きたばかりの時にも寝ぼけて「クックッ」「ククク」と独り言のように呟いていることもあります。

威嚇の鳴き声

「ギー」「ジー」

鳴き声の意味:威嚇、恐怖
鳴き声の種類:歯をむき出しにして力強く鳴く
鳴き声の大きさ:大きい

ハムスターが威嚇をする時は歯をむき出しにして「ギー」「ジー」と力強く鳴きます。この鳴き方は何にかを拒んでいる時なので、そんな時に無理に触ろうとすると噛まれる恐れがあるので、触れずにそっとしておいてあげましょう。

多頭飼いの場合はハムスター同士がケンカしている時に「ギー」「ジー」という大きな鳴き声を聞くことがあります。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターの飼い方!夏と冬は温度・湿度に注意!ゴールデンの寿命とは?

デグーとハムスターの違い(寿命・食事など)

ハリネズミの鳴き声の種類と意味(キーキー・キューキュー・クックッ・グルグル)鼻や喉を鳴らす時の気持ちは?

ニシアフリカトカゲモドキとレオパの飼育の違いは湿度管理!

ベタの飼育は初心者におすすめ!水槽・水温・水草・繁殖など飼育方法を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール