デグーとハムスターの違い(寿命・食事など)

デグーとハムスターは、見た目がとても似ている動物ですが、それぞれの寿命や食事などは全く違います。そもそも分類学上から言っても異なる動物です。

今回は、デグーとハムスターの大きな違いをいくつか紹介します。デグーとハムスターは、どちらもペットとして人気のある動物です。これから飼おうと思っている方や、どちらを飼育しようか迷っている方などは、是非参考にしてみてください。

Sponsored Links

分類学上の違い

デグー:哺乳類-齧歯目-デグー科
ハムスター:哺乳類-齧歯目-キヌゲネズミ科(キヌゲネズミ亜科)

デグー-ハムスター-違い-画像デグーとハムスターは、どちらも哺乳類の齧歯目に属します。そこから枝分かれして、デグーは「デグー科」、ハムスターは「キヌゲネズミ科」に分類されます。ですから、齧歯目の仲間ではあるが、分類学上は全く異なる生き物ということになります。齧歯目とは、分かりやすく簡単に説明すると、ネズミと同じ祖先をもつ動物です。

原産地の違い

デグー:チリの山岳地帯
ハムスター:シリアとトルコの国境周辺や、カザフスタン共和国など種類によって異なる

デグーは、チリの山岳地帯が原産地です。アンデス地方(標高1,200~2,000m位)の山地の岩場などの近くに生息しているので、ハムスターと比べて脚力が強いです。少しぐらいの段差は軽くジャンプして移動します。

ハムスターは、種類によって原産地に違いがあります。ゴールデンハムスターはシリアとトルコの国境周辺に生息していました。しかし、ペット化が進むにつれて野生のゴールデンハムスターは少なくなっています。ジャンガリアンハムスターはカザフスタン共和国、またはシベリアから中国北部が原産地になっています。ハムスターはデグーのように段差を飛び上がるような脚力はもっていない。

Sponsored Links

体の違い

デグー:尻尾が長い
ハムスター:尻尾が短い

デグー:体長12cm~20cmほど(尻尾の長さを含まない)
ゴールデンハムスター:体長15cm~20cmほど
ジャンガリアンハムスター:体長7cm~13cmほど

個体差はありますが、デグーは尻尾が長い、ハムスターは尻尾が短いことが多いです。ハムスターは種類によって体長が異なりますが、デグーは体長12cm~20cmほどです。数値だけ見るとゴールデンハムスターとほぼ同じくらいですが、デグーは長い尻尾が特徴的で、尻尾の部分を含めると、頭から尻尾の先までが約25cmほどになります。

食事の違い

デグー:草食性
ハムスター:雑食性

デグー-ハムスター-違い-飼育-画像デグーは草や種子などを食べる草食性の動物です。皮山岳地帯の痩せた土地に生息しているので牧草と水だけで過ごすことができます。粗食なため糖分の代謝が悪く、栄養の豊富な種子などを与え過ぎると栄養過多で肥満になる恐れがあるので注意が必要です。ハムスターは、植物(葉・茎・根・種子)や昆虫類などを食べる雑食性の動物という違いがあります。

生活リズムの違い

デグー:昼行性
ハムスター:夜行性

齧歯目の動物の多くは、日中は眠って夜になると動き出す「夜行性」です。ハムスターも夜行性動物ですが、デグーはその反対の「昼行性」の動物です。デグーは、人間と同じように日中は活発に動き、夜になると寝るという生活リズムなので、とても飼育しやすい。ただし、飼い主さんが昼夜逆転の生活をしていると、ペットのデグーもその生活に順応して夜になると活発になることがあります。

寿命の違い

デグー:6年~8年ほど
ハムスター:2年~3年ほど

ハムスターの寿命は種類によって異なりますが、2年~3年ほどです。中には5年以上生きたハムスターも報告されています。デグーはハムスターより約2倍も寿命が長い6年~8年ほどです。中には10年以上生きたデグーもいるようです。

Sponsored Links

デグーならではの特徴

砂浴びをする綺麗好き

デグーは体を綺麗にするために、定期的に砂浴びをします。砂に体を擦りつけたり砂をかけたりして体臭を消します。他の齧歯目の動物はトイレの概念が薄く、糞尿はその場で垂れ流しですが、デグーは巣の中が糞で汚れることを嫌い、巣の入り口付近で排泄することが多いです。ただし、猫のようにトイレを覚えさせることは難しいです。

多彩な鳴き声で感情表現

デグーは様々な鳴き声で自分の感情を相手に伝える動物です。コミュニケーション能力が高く、16種類以上の鳴き声があることが研究によって報告されています。齧歯目の動物の中でも知能が高く、「回る」などの簡素な行動であれば学習できる個体がいます。

デグーの鳴き声の意味について書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

デグーの鳴き声の意味一覧「ピッ・プスプス・キュー・クックッ」など種類と大きさで気持ちが分かる
今回は、デグーの鳴き声の意味一覧を紹介します。デグーの鳴き声の大きさや高さなどの特徴なども合わせて解説していきます。デグーは、いろいろな鳴き声を巧みに使って自分の気持ちを伝える動物です。「ピッ」「プスプス」「キュー」「クックッ」など、た...

Sponsored Links

おすすめの記事

デグーが懐くまでの期間と方法!触ると逃げる・手に乗らない人見知りデグーの気持ち

ハムスターの飼い方!夏と冬は温度・湿度に注意!ゴールデンの寿命とは?

犬に信頼される飼い主になる方法

猫と人間のつき合いはいつどこで始まったのか?猫が古代エジプトで神になる

外猫を家猫にする方法

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

デグー
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール