猫がトイレ以外で尿をする6つの原因と対策

今まできちんとトイレで排泄していた猫でも、ある日突然、トイレ以外で尿をしてしまうことがあります。こうなると部屋中に猫の尿の臭いが充満してしまうので、飼い主さんにとっては困るところです。特に猫の「スプレー行為」と呼ばれる濃い尿はアンモニア臭が酷く、掃除してもなかなか臭いがとれません。

猫がトイレ以外で尿をする原因はいろいろなことが考えられ、その対策も様々ですが、その中でも頻度の高い代表的な原因を6つ紹介します。

Sponsored Links

猫がトイレ以外で尿をする原因

猫がトイレ以外で尿をする原因については、様々なことが考えられます。トイレ自体を気に入っていないことや、縄張り意識による「スプレー行為」など、きちんとした理由があることばかりではありません。中には意味もなく何となく粗相をしてしまう猫もいます。とは言え、全く対策できないわけではないので、思い当たる原因を1つひとつ確認していきましょう。

Sponsored Links

1.トイレが清潔かを確認する

まずはトイレが清潔かを確認しましょう。猫はとても綺麗好きな動物なので、トイレが汚れていると他の場所で尿をすることがあります。トイレを洗っていなかったり、猫砂を長い間交換していないことが原因でトイレ以外で尿をすることがあるのです。定期的にトイレの掃除を行ってしっかり対策しておきましょう。

2.トイレの形状や猫砂が気に入らない

猫-トイレ以外で尿-原因-対策-反省-画像トイレの形状が原因なのか、それとも使用している猫砂が原因なのか、猫がトイレ自体を気に入らないためにトイレ以外で尿をするということがあります。この場合の対策は、異なる形状のトイレや違った素材の猫砂を試してみると良いでしょう。

猫のトイレは横から入るものや、上から入るものなど様々な形状の商品が販売されています。猫砂も粒の大きいものから小さいものまでいろいろな商品があります。猫砂の感触が気に入らない場合もあるので複数準備してみると良いでしょう。猫は気まぐれな生き物なので、一度気に入って使っていたトイレでも、何の理由もなく突然使わなくなることもあります。

3.トイレの設置場所が気に入らない

猫にとって排泄中は無防備な状態なので、周囲を警戒するものです。トイレを設置する場所は猫が周囲を見渡すことができて、且つ安全な場所が良いでしょう。野生時代の猫にとって、排泄中は敵が襲ってきても対処しにくい無防備になる瞬間です。

ですから、トレイに入る前から周囲を確認して十分に注意していますし、最中も気を張っています。そんな時に、突然人が大きな足音をたてて近づいてきたりすると、その場所は危険な場所と認識して、そのトイレを使わなくなることもあります。その場合は、静かで安全な場所にトイレを移動してみることも対策のひとつです。

Sponsored Links

4.飼い主さんの気を引くため

猫がいつもと違った場所に粗相をするのは、飼い主さんの気を引くためにやっているのかもしれません。たとえば、飼い主さんの帰宅時間が遅く、猫の相手をしてあげられないなど、猫が何らかの不満を抱えていると、そのストレスの反動でトイレ以外で尿をすることがあります。そんな時の対策は、とにかく時間のある時は猫が満足するまで思いっきり遊んであげると良いでしょう。

5.意味もなく何となく…

猫はとても気まぐれな性格なので、意味もなく何となくトイレ以外で尿をすることもあります。たまたま洗濯物の上で尿をしてみたら、何となく気持ち良かったので続けてしまうということもあります。このように原因がはっきりしない場合は、何度も繰り返す傾向があるので、猫が洗濯物に粗相をしてしまう前に安全な場所に移動するなどの対策を心掛けましょう。

6.縄張り意識による「スプレー行為」

猫-トイレ-砂-飛び散り-臭い-対策-画像猫の尿には、いろいろな情報がつまっています。自分の縄張り(テリトリー)だと主張する場所に、その尿をまく行為がスプレー行為と言われるものです。通常のオシッコとは違って、立ったまま少量の濃い尿をシュッと噴射します。なるべく高い位置にかけるのが特徴で、未去勢のオス猫に多く見られます。また、不妊済みのメス猫でも行う子もいます。

猫のスプレー行為は、強い縄張り意識が反映しているので、多頭飼いの環境で起きやすいですが、単独で飼っている猫で行うことがあります。たとえば、窓の外に見知らぬ猫を見たことをきっかけに、自分の縄張りを侵されては困るとばかりに、ある日突然スプレー行為を始めるケースもあります。縄張り意識の強い猫を複数で飼っていると、いずれはケンカになる可能性があります。できれば単独で飼うことが望ましい。

その他にも、猫がトイレ以外で尿をする原因として、シニア猫であれば高齢による失禁の可能性が考えられます。また、泌尿器系の病気で、排泄のコントロールが上手にできない場合もあります。ストレスが原因の場合もあるので、おかしいなと思ったら、動物病院の先生に相談してみましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

猫のトイレ「砂飛び散り・臭い」対策

猫が外を眺めるのが好きな理由

猫のシニアは何歳から?平均寿命は?

猫がテレビに乗る・倒す!トイレットペーパーのイタズラ対策や叱り方を紹介!

猫の鳴き声の意味(アオーン・クルル・ンー・ニャーオ・カカカ)短い長い、低い高いなど鳴き方の種類別に猫の気持ちを解説!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール