犬は褒めて育てる!褒めるタイミングを見逃していませんか?

犬は褒めて育てることが基本です。普段の生活で当たり前のように見える犬の行動も、良い行動ならやり過ごさずに積極的に褒めることが大切です。

適切なタイミングでどんどん犬を褒めてあげることが飼い主さんとペットの関係を深めるコツです。

Sponsored Links

犬は褒めて育てる

飼い主さんが見逃しがちな犬を褒めるタイミングはいろいろあります。犬がたまたまとった行動でも、飼い主さんがしてほしいと思っている、あるいは好ましいと感じている行動であれば、言葉や優しく触ってあげるだけでも良いので積極的に褒めましょう。

最初はどうして褒められるのか犬の方も分かりません。しかし、それが繰り返されれば、犬は「こんな行動をとれば良い事がある」「良い事はどうしたら起こるのだろう」「飼い主さんの指示に応じたら良い事がありそうだ」このように考えるようになるのです。

飼い主さんの指示に従う気持ちがあれば、犬は飼い主さんにますます注目するようになります。犬を褒める機会も増えてお互いの信頼関係がよりいっそう深まっていくはずです。まずは普段の生活からペットの良い行動探しから始めて、褒める機会をどんどん増やしていきましょう。それでは、具体的にどのようなタイミングで犬を褒めて育てるのか、いくつかの例を挙げて解説していきます。

Sponsored Links

犬を褒めるタイミング

ここでは、飼い主さんが見逃しがちな犬の褒めるタイミングについていくつか紹介します。

リードを付ける時にじっとして動かなったら

散歩に行く前には犬にリードを付けますが、この時にじっと動かず落ち着いていたら、すぐに褒めてあげましょう。犬は散歩に行きたい気持ちをぐっと押さえて大人しくしているので、このような我慢ができる子は、他の場面でも飼い主さんに注目して落ち着いていられるようになります。

散歩中に他の犬に吠えないですれ違えた時

犬-褒めて育てる-褒める-タイミング-散歩-画像散歩中に他の犬と出会って、相手の犬を吠えたり、リードを引っ張ったりしなかった時は、見逃さずにすぐに褒めてあげましょう。良い事があったら、その直後に褒めることがポイントです。時間が経ってしまうと、犬は何の事で褒められたのかが分からず、良い行動を学習することができません。

通りすがりの人や他の犬と出会うたびに犬が吠えているようでは、落ち着いて散歩できません。しつけの一環として吠えさせないことを褒めて覚えさせましょう。

道端のゴミに反応せずに通過できた時

散歩中は犬の好奇心を刺激する物がいろいろあります。道端に落ちているゴミも犬は興味を示して臭いを嗅いだりすることがあります。しかし、落ちている物の中には犬にとって害になる物もあるので、誤って拾い食いしてしまったら大変です。犬が落ちている物に反応せずに通り過ぎたら、すぐに褒めてあげて良い事があると教えます。この習慣は誤飲防止に役立ちます。

Sponsored Links

チャイムが鳴っても吠えなかった時

チャイムが鳴るたびに犬が無駄吠えしてしまうと、来客者も飼い主さんもとても困ります。このような犬は家に来た人に対しても吠える傾向があります。チャイムが鳴っても犬が吠えなかった時は、その直後のタイミングですぐ褒めてあげましょう。犬は今は吠えなくても今後吠えることがあるので、褒めて育てることで吠えない習慣づくりを心掛けましょう。

外の物音に反応しなかった時

車のクラクションの音やトラックの荷台が閉まる音など、突然大きな音がすると犬が吠えてしまうことがあります。外で物音がするたびに犬が吠えていては近所迷惑になりかねません。外の物音に犬が反応しないで落ち着いていられたら、すぐに褒めてあげましょう。物音に吠えない習慣づくりは、犬の吠えグセの予防になります。

ドアを開けた時に飛び出さなかった

犬-褒めて育てる-褒める-タイミング-ドア-画像家の玄関を開けた瞬間に犬が飛び出すと事故やケガの原因になります。室内でもドアを開けたとたんに犬が走り出してきたら衝突の恐れがあるので危険です。大事に至る前に犬は褒めて育てることが大切です。ドアを開けた時に犬が飼い主さんより前に出ずに飛び出すことがなかったら、すぐ褒めてあげましょう。

飼い主さんの食事中に大人しくしていたら

人が食べる食事に犬は興味を示すことが多いですが、人間が食べても大丈夫な物でも、犬が食べると良くない食べ物はあります。また、ペット同伴可の飲食店では、周りに美味しそうな匂いが漂う中、犬は大人しく待っていなくてはいけません。そんな時に、犬が飼い主さんの食事を欲しがらずに大人しくしていたら、すぐに褒めてあげましょう。

お手入れ中に嫌がらなかった時

犬のお手入れは爪切りやシャンプーなどがありますが、いずれもお手入れ中は犬がじっと我慢する必要があります。そんな時に犬が嫌がらずに大人しくしていたら、お手入れが済んだ直後に褒めてあげましょう。

他にも飼い主さんがペットにしてほしいと思っている、あるいは好ましいと感じている行動であれば、言葉をかけてあげるだけでも良いので積極的に褒めましょう。犬は褒めて育てるポイントは、良い行動をとった直後のタイミングで褒めることが大切です。

Sponsored Links

おすすめの記事

犬がチャイムの音で吠えるのを防ぐためのしつけ

犬の拾い食いをやめさせる方法と原因!防止グッズには近距離グリップ付きリード

犬が触られて喜ぶ場所・嫌がる場所!触ると怒る初対面の犬への接し方を紹介!

犬が言うことを聞かなくなる原因!オテやフセしなくなった理由は?

犬のしっぽの振り方でわかる気持ちとは?しっぽが下がる・上がるで感情の意味が違う!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール