犬のしっぽの振り方でわかる気持ちとは?しっぽが下がる・上がるで感情の意味が違う!

犬のしっぽは振り方によって感情の意味が違います。

また、しっぽが下がったままの時と上がっている時では犬の気持ちは異なります。

今回の記事では、犬のしっぽの振り方でわかる犬の気持ちについて紹介します。

Sponsored Links

犬のしっぽが下がったままの時

犬のしっぽが下にダランと垂れている時は、恐怖や不安などの感情を抱いていることを意味しています。

しっぽが下がったままの時は、自信がない時なのです。

特に、下げたしっぽを後ろ足の間に挟んでいる時は、とても不安を感じれる時です。

犬の耳は、怖がっている時に垂れる時がありますが、品種によっては、もともと耳が垂れている犬もいるので、その場合は確認が難しい。

Sponsored Links

また、犬が片耳だけ倒している時は、恐怖を感じてる相手に行う動作だと言われています。

犬が自分の口のまわりを頻繁に舐め回している時は、危険やストレスを感じている場合があります。

犬が自分の口のまわりを舐める動作は、緊張や不安を鎮めようとしている時にも見られます。

濡れたわけでもないのに、犬が体をブルブルと震わせる時は、張り詰めた緊張を逃して、落ち着くために行う動作です。

この動作は、嫌いな人間や犬などに遭遇した後によく見れます。

犬のしっぽの振り方でわかる気持ち-下がる-上がる-感情-意味-ビーグル画像

犬がしっぽを上げる時

犬のしっぽは振り方で気持ちが分かります。

一般的にしっぽを振っている時は、機嫌の良い時だと思われがちですが、振り方によっては、近づくのは危険な時もあります。

犬がしっぽを上げる動作には、様々な意味がありますが、時には「自分の方が偉い」と優位性を主張していることがあります。

しっぽを根元から上にピンと上げて、大きくゆっくり振っている時は、自分はいつでも戦えるといった臨戦態勢に入っている状態です。

この状態は、犬が外敵を接触する時によく見られるしぐさで、このような時に近づくのは危険です。

Sponsored Links

犬が嬉しいと感じている時のしっぽの振り方

犬がしっぽをやや上の方に上げて左右に細かく速く振っている時は、「嬉しい」という感情がでている時です。

それに加えて、犬の耳がピンと立っている時は、何か面白いものや興味のあるものを見付けた時によく見られます。

犬が寝転がってお腹を見せている時は、あなたを信頼してリラックスしていることを意味しています。

犬の腹部は、肋骨で覆われていないため弱い部分です。その弱点である腹部をあらわにしている状態は、あなたを信用している証拠なのです。

犬が、あなたに対して背を向ける時は、あなたのことを信頼している証拠です。

犬が不安を感じている時のしっぽの振り方

しっぽの高さが上でもなく下でもなく、水平にゆっくり左右に振っている時は、「よくわからない」という迷っている気持ち犬のしっぽの振り方でわかる。

たとえば、飼い犬が行ったことのない初めての場所に連れていった時に、「ここがどこかわからない」という迷いの心情があらわれた時に、このようなしっぽの振り方をよく見ることができます。

さらに、犬が不安を感じてくると、頻繁にあくびをするようになります。

犬が頻繁にあくびをするのは、落ち着かなく緊張している状態を示しています。

もちろん、あくびは眠い時やリラックスしている時にもしますが、知らない人や知らない場所に行った時にするあくびは、緊張状態が続くことが関係していると考えられます。

犬のしっぽの振り方でわかる気持ち-下がる-上がる-感情-意味-バセット犬画像2

犬が飼い主さんの顔を舐める時

犬が、飼い主さんの顔や口のまわりを舐める時は、信用できる相手としてあなたを認めていることを意味しています。

犬が、相手の顔を舐める行為は、挨拶や愛情表現の1つと考えられています。

犬が鼻をあなたの手に押し付けてくる動作は、撫でてほしいとアピールしている時によく見られます。

飼い主さんの膝の上に犬が前足を乗せる時

飼い主さんの膝の上に犬が頭を置いてくるのであれば、撫でてほしいとアピールしているので問題ないのですが、飼い主さんの膝の上に頭ではなく前足を乗せてくる時は、犬が飼い主さんより自分の方が立場が上だと思っていることを示しています。

このような時は、犬の目をしっかりと見てから、前足を下すようにしつけることが大切です。

何度も繰り返し行うことで、あなたの方が立場が上であることを理解させることができます。

犬が前片足を上げる時

犬が前方足を上げる動作は、あなたに何かお願い事をしていることを意味します。

あなたに遊んでほしかったり、ご飯がほしかったり、何かを要求しているのかもしれません。

Sponsored Links

おすすめの記事

猫のしっぽの動きの意味は?猫のしっぽが立ってる時や猫のしっぽが膨らむ時の感情を紹介!

猫の肉球の数と色の秘密!肉球の間の毛の切り方や肉球の皮がむける・ひび割れるの対処法などを紹介!

ベタの飼育は初心者におすすめ!水槽・水温・水草・繁殖など飼育方法を紹介!

アカヒレ(コッピー)の飼育は初心者でも簡単!水槽や水温、水草、寿命など育て方を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール