犬が家具を噛む対策!木をかじる理由は?

今回は犬が家具などを噛んでしまう対策について紹介します。

大切な家具や家の柱などを犬がかじってボロボロにしてしまったら大変です。そうなる前に予防が必要です。

まずは、犬がかじるのはなぜなのか?その理由について確認していきましょう。

Sponsored Links

犬がかじる理由

犬が物をかじってしまうのは、甘噛みしたいか、もしくは、かじるのが楽しいと学習してしまったからです。また、子犬の時期は歯の抜け替わりのせいで、家具や柱の木などをかじってボロボロにしていまうこともあります。

歯の抜け替わる時期の犬は、新しい歯がムズムズしてつい噛んでしまうことがあります。

Sponsored Links

甘噛みする理由は、犬の本能的な捕食性にあることも考えられます。動くものを追いかけて、噛みつくこと(=捕食性)は、犬の本能です。動くものについ反応してしまいます。

犬が噛んだ時に、叱ったり、騒いだりしてしまうと、犬はそれが楽しいことと間違って学習してしまうことがあります。こうなる前に子犬の時期から甘噛みを大目にみないでしっかり予防する必要があります。

犬-家具を噛む-対策-木-かじる-なぜ-室内-画像

甘噛み対策

子犬の時期の甘噛みくらい大目に見てあげよう…なんて考えていたら、将来噛み癖がついて困ることになるかもしれません。よくない癖がつく前にしっかり予防しておくことが大切です。

歯が抜け替わる子犬の時期は、どうしても歯茎がムズムズして、ものをかじりたくなるものです。こんな時は、噛んでいいものを適度に与えて、その欲求を満たしてあげることが大切です。ただし、興奮させ過ぎないように気をつけましょう。

Sponsored Links

動くものに噛みつきたくなるのは犬の本能です。目の前で動く手や、犬の目の高さで動く足や衣類などは、犬の本能を刺激していることになります。もしも、噛みつきそうになったら、背を向けて、ひたすら無言で無視するのが効果的です。

遊んでいる時に興奮して噛む場合は、その時は犬を置き去りにして隠れるという方法が良いでしょう。犬と目を合わすことも、声をかけることもやめます。一度噛むことが楽しいと学習してしまった場合は、なかなか直らないことがありますが、根気よく続けていくことが大切です。

犬が家具を噛む対策

まず子犬を迎えたら、家の中を見回してみましょう。犬がかじりつきそうなものがないか点検してください。部屋が散らかしっぱなしだと、犬にかじってくださいと言っているようなものです。犬が何かを誤って食べてしまう危険性もあるので、まずは整理整頓から初めて、犬がかじるのを防ぎましょう。

犬-家具を噛む-対策-木-かじる-なぜ-杖-画像

かじられ困るものを片付ける

犬にかじられて困るものは片付けるましょう。犬がかじるオモチャも出しっぱなしにしないで、遊ばない時は犬の見えない場所に置いておいましょう。犬にとって楽しいオモチャを管理しているのは、特別な存在の飼い主さんだということを理解させるためにも、こまめに片付けることが大切です。

キッチンなど、犬がかじったり食べたりすると危険なもの(ポリ袋、食材、生ゴミなど)が置いてあるところは、柵をして犬が出入りできないようにしておく方法もあります。

かじってもいいものを与える

ものをかじったり、なめたり、噛んだりするのは、犬がものを確認する時(食べられるか、安全かなど)の本能的な行動です。かじってもいいオモチャや犬用のガムなどを与えて、ある程度はかじりたい欲求を満たしてあげることも大切です。

このシリーズの木のオモチャが可愛いのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

JUPITER ジュピター DENTO LENEEM デント レニーム S 犬 おもちゃ

家具などには苦い液体をつける

隠すことができない家具や靴、スリッパなどをしつこくかじり続ける犬もいます。この場合の対策としては、かじられて困るものに、噛みつき防止用の犬が嫌う苦い味の液体を吹き付けておくという方法があります。

ビターアップル (Bitter Apple) スプレー 犬用 236ml(8oz)

動かせない家具や壁などへのかじり癖は、サークルの柵をして犬がそこに出入りできないようにする方法も有効です。かじられそうな家具には、あらかじめ犬が近寄れなにように柵で予防することがおすすめです。

Sponsored Links

おすすめの記事

犬が穴を掘る理由と対策

犬が散歩で歩かない・嫌がる原因は?突然リードを引っ張る・吠える理由とは?

犬に信頼される飼い主さんになる方法

猫が前足をたたむ・フミフミする・前足でチョンチョンするなど、前足に関する不思議な行動を紹介!

ハムスターの飼い方!夏と冬は温度・湿度に注意!ゴールデンの寿命とは?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール