犬が急に家の中を走り回る原因は?突然落ち着きがない理由とは?

犬が急に家の中を走り回る原因については、様々ことが考えられます。

犬が楽しそうに走り回っているのは微笑ましいことですが、ツルツルに滑るフローリングの上を興奮状態の犬が走り回ると怪我の原因になるので注意が必要です。

また、突然、落ち着きがない興奮状態で走り続ける犬の行動が、飼い主さんに何かを訴えていることもあります。

犬の気持ちに気付いてあげて、しっかり対応してあげたいものです。

Sponsored Links

運動不足によるエネルギー発散

子犬の場合は、まだまだ遊び足りないといった有り余るエネルギーを発散したいことが原因で、興奮したように家の中を走り回ることがあります。

このような時は、子犬自身もどう対処したらいいのか分からない状態でとにかく走り回っているという状態です。

子犬の頃は、好奇心旺盛で遊び盛りなので、十分に遊んであげることが大切です。

Sponsored Links

成犬の場合でも、満足に走り回れない日々が続くと、運動不足になって急に家の中を走り回ることがあります。

毎日、散歩に行くにもかかわらず、急に興奮したように走り回る場合は、散歩する距離が犬にとって不十分な場合があります。

犬の運動不足を解消するために、いつも散歩する距離よりも長くしてみると良いでしょう。

犬-家の中を走り回る-原因-突然-落ち着きがない-理由-画像

何かに恐怖を感じれている

犬が尻尾を後ろ足の間に丸め込んだり、耳を倒したままの時は、何かに恐怖を感じれるサインです。

犬が今まで見たことのないものに遭遇した時や大きな音が出るものなどに恐怖を感じて、どうすることもできずに、突然落ち着きがない状態で家の中を走り回るケースがあります。

危機感から、とにかくこの場所から離れたいという理由で走り回っているのかもしれません。

そんな時は、犬が安心できるように飼い主さんが撫でてあげたり、声をかけてあげたりすると良いでしょう。

ただし、恐怖を感じている対象と近い位置で犬を抱っこしてしまうと、犬にとっては逃げ場がなくなってしまうので逆効果になってしまうケースもあります。

ストレスが溜まっている

犬にとってストレスを感じることがあると、そのストレス環境から解放された時に急に走り回ることがあります。

たとえば、嫌いなシャンプーが終わった後に、ストレスを感じる状態から解放されたことが理由で急に家の中を走り回ることがあります。

犬にとって苦手な場所に行ったり、知らない人や犬などに会った後に、安心できる家に帰ってきて、ストレスから解放されたとたんに家の中を走り回るというケースがあります。

ストレスが原因で、突然落ち着きがない状態になり走り回ってしまう場合は、しつけよりも心のケアが必要です。

トリミングなどで犬が我慢しなくてはいけない時は、終わった後に撫でて褒めてあげたり、ご褒美のおやつをあげたり、その場でストレスを軽減してあげれば、急に走り回るほどストレスを感じなくなるかもしれません。

また、少しくらい苦手なことがあっても我慢すれば、おやつがもらえて褒めてもらえると学習する犬もいるでしょう。

普段の生活で、知らず知らずのうちに犬に無理をさせていないかを考えてみることも大切です。

Sponsored Links

欲求不満

もっと遊びたい、おやつがほしい、散歩に行きたいなど、犬には様々な欲求がありますが、それらが満たされないことが原因で、突然落ち着きがない状態になり走り回ってしまうことがあります。

急に家の中を走り回る時は、犬が飼い主さんに何か訴えたいことがあるのかもしれません。

犬が今何を要求しているのか?お腹がすいているのか?遊びたいのか?そのサインを飼い主さんが見逃さないことが重要です。

犬は、自分の欲求が満たされないとストレスが溜まっていきます。

飼い主さんのほうが忙しくて遊んであげられない時でも、「後で遊んであげるね」と撫でてあげるなどして、ストレスを軽減させてあげることが大切です。

犬-家の中を走り回る-原因-突然-落ち着きがない-理由-遊ぶ画像2

原因不明の癖のようなもの

犬の性格は、いろいろなタイプがあり、それぞれ様々な癖をもった犬がいます。

急に家の中を走り回るのが、単にその犬の癖であることも考えられます。

犬によっていろいろな癖がありますが、便をする前に走り回る癖がある犬もいます。

犬が何らかの原因で、興奮状態になり家の中を走り回っても、安心して休める場所を作ってあげることで、一旦落ち着く場合があります。

犬にとって自分だけが休めるスペースがあることは重要なことです。

犬のためにサークルで囲ったハウスを作ってあげると落ち着いた生活ができるかもしれません。

普段から犬の様子を観察することが大切

犬が突然、落ち着きがない状態で家の中を走り回る原因については、その他にも様々なことが考えられます。

犬が何を訴えていることが理由で興奮している状態が続くと、さらにストレスが溜まってしまいます。

また、落ち着きがない状態が続くことで攻撃性が出てしまうと場合もあるので注意が必要です。

運動不足や飼い主さんとのコミュニケーション不足などが犬にとってストレスになっている場合もあります。

飼い主さんは、犬が何を要求しているのかを普段から観察することが大切です。

Sponsored Links

おすすめの記事

犬が触られて喜ぶ場所・嫌がる場所!触ると怒る初対面の犬への接し方を紹介!

犬のしっぽの振り方でわかる気持ちとは?しっぽが下がる・上がるで感情の意味が違う!

犬のしつけはいつから?(トイレ・無駄吠え・噛み癖・散歩)やってはいけないしつけ方とは?

猫の鳴き声の意味(アオーン・クルル・ンー・ニャーオ・カカカ)短い長い、低い高いなど鳴き方の種類別に猫の気持ちを解説!

猫の肉球の数と色の秘密!肉球の間の毛の切り方や肉球の皮がむける・ひび割れるの対処法などを紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール