犬が靴や靴下を噛む理由!持っていく・持ってくる理由

飼い主さんの靴や靴下に全く興味を示さない犬もいますが、基本的に靴や靴下が大好きな犬が多いです。靴下を噛む、そのまま何処かへ持っていく。なぜか飼い主さんのところに靴を持ってくる犬もいます。そんな行動の理由や犬の気持ちなどを紹介します。

Sponsored Links

犬が靴や靴下を噛む理由

犬が靴や靴下を好きな理由は2つあります。1つ目は靴や靴下のにおいが好きという嗅覚によるものです。2つ目は噛む時の感触が好きという触覚によるものです。

犬は靴や靴下のにおいが好き

犬が靴を噛む-犬が靴下を噛む理由-靴下を持っていく-靴を持ってくる-室内-画像犬は飼い主さんのにおいが大好きです。靴や靴下には飼い主さんのにおいがたっぷり付いています。犬のとって飼い主さんはリーダー的存在なので、頼りになる飼い主さんのにおいを嗅いで安心しているのかもしれません。

飼い主さんのにおいを嗅ぎたいのであれば、靴や靴下ではなく他の物で良いはずです。中には飼い主さんが使っているタオルやシャツ、帽子などに執着する犬もいます。ですが、靴や靴下はにおいが溜まりやすいので、犬に好まれやすいと考えられます。

犬は靴や靴下を噛む感触が好き

初めは、犬が靴や靴下のにおいに誘われて興味を示したはずです。犬は興味のあるものは何でも噛んで確認します。初めて靴や靴下を噛んだ感触がさらに興味をそそられるものだったことが理由で、ボロボロになるまで噛んでしまうことがあります。

犬は、表面は歯ごたえがあって中は軟らかい、まるで肉のようなものを好む傾向があります。たとえば、ソファやぬいぐるみ、木製の家具や柱などを噛んでボロボロにしてしまうことがあります。靴も外側はある程度歯ごたえがあって、中は空洞になっているので軟らかく感じる、スニーカーであればソールの部分が軟らかい。

靴下の場合は噛んでボロボロにするよりも、犬が靴下を飲み込んでしまうことがあるので注意が必要です。万が一、犬が靴下を飲み込んだ場合はできるだけ早く動物病院で診てもらうようにしてください。

Sponsored Links

犬が靴下を持っていく理由

犬が靴下を持っていくのは、好きな靴下を誰にも邪魔されない安全な場所で楽しみたいということが理由の1つとして考えられます。犬は好きなものを保管する習性があります。家の庭の土の中に犬のお気に入りのおもちゃを隠していたというケースがよくあります。

その他に考えられる理由は、靴下を持っていくことで飼い主さんの反応を見たいという犬もいます。犬が靴下を持っていった時に大声を出して反応してしまうと、犬は飼い主さんが喜んでいると勘違いすることがあるので、静かに冷静に対応することが望ましい。

犬が靴を持ってくる理由

犬が靴を噛む-犬が靴下を噛む理由-靴下を持っていく-靴を持ってくる-庭-画像突然、愛犬が自分の靴を持ってくると、どうしても「散歩に行きたいのかな?」と深読みしてしまいがちですが、おそらく犬の気持ちは違います。持ってくる靴のにおいが犬の好みであったか、犬が自分で好きなものを飼い主さんに見せたかったのか、犬の気持ちはこのようなことが考えられます。

犬は信頼できる飼い主さんのにおいが好きです。家族の中で自分に犬が懐いていないにも関わらず、自分の靴を持ってくるという場合は、その靴のにおいや噛んだ時の感触に興味を示したことが理由だと考えられます。

犬の嗅覚は人間の嗅覚の100万倍も敏感だと言われ、微妙なにおいの違いも嗅ぎ分けています。ですから、犬が持ってきた靴が最もにおいが強かったというよりも、優れた嗅覚でにおいを嗅ぎ分けて、最も興味をそそられるにおいだったと考える方が自然です。

Sponsored Links

犬が靴や靴下を噛む対策

犬が靴や靴下を噛む対策として最も有効な方法は、犬の届く範囲に靴や靴下を置かないことです。犬が好きな靴や靴下のにおいがしても噛むことができなければ、いたずらのしようがありません。靴の収納は扉や蓋の付いたものに入れると良いでしょう。洗濯が済んで靴下は犬の届かない高い場所や、蓋付きのケースなどに収納すると良いでしょう。

犬が靴や靴下を噛む理由が、飼い主さんに甘えたいというアピールをしている場合もあります。時間の許す限り思いっきり愛犬と遊んであげることも大切です。

Sponsored Links

おすすめの記事

犬は褒めて育てる!褒めるタイミングを見逃していませんか?

犬がチャイムの音で吠えるのを防ぐためのしつけ

犬が食事中に吠える・怒る・唸る理由は?食べ過ぎてぐったり苦しそう

犬用レインコート(小型犬・中型犬・大型犬)おすすめ!おしゃれな足付きデザイン

犬が家具を噛む対策!木をかじる理由は?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール