犬がチャイムの音で吠えるのを防ぐためのしつけ

玄関のチャイムの音が鳴るたびに、犬が吠え続けてしまうのは困ったものです。しかし、犬が吠えることも、また犬の自然な行動でもあります。

犬が生活音に慣れやすいように、飼い主さんが普段の生活から工夫してあげることが大切です。

Sponsored Links

なぜ犬は吠えるのか?

警戒のため

犬は自分が苦手なものに出会うと、警戒のために吠えることがあります。相手は知らない人や他の犬などの生き物に限らず、チャイムの音や見慣れない物などにも吠えることがあります。

飼い主さんの気を引くため

犬は飼い主さんの気を引くために吠えることもあります。自分の方に振り向いてほしい、遊んでほしいなど、何かを要求している時に吠えることがあります。

寂しい(夜鳴き)

夜鳴きをする犬が典型的ですが、寂しくて誰かにそばにいてほしいから吠えてしまうことがあります。普段から飼い主さんに依存している犬に多く見られます。

Sponsored Links

退屈している

犬は、特に何を要求しているわけでもなく、何かに恐れているわけでもなく、退屈しのぎに吠えることがあります。このようなことは飼い主さんとのコミュニケーション不足が原因になっていることが多いです。

犬の社会化不足

通常は犬が吠える時は、せいぜい2、3回です。飼い主さんが止めさせればすぐに鳴き止むようでしたら、それほど問題視する必要もないかもしれません。それでも、飼い主さんにとっては、犬がチャイムの音で吠えることは悩みの種でもあります。

吠え癖の原因は、犬の社会化不足ということが考えられます。環境に慣れていなかったり、人や他の犬とのコミュニケーション不足などが原因として挙げられます。

玄関のチャイムが「ピンポーン!」と鳴ると、犬が興奮してワンワンと吠え続けてしまう。このようなことを防ぐためには、チャイムの音に慣らしたり、チャイムの音と吠えること以外の行動とを関連付けていくようにします。

犬-チャイムの音-吠える-防ぐ-しつけ-画像

チャイムの音などの生活音に慣れさせる

子犬の頃から様々な生活音に慣れさせることが大切です。どうしても吠えてしまう子犬には、チャイムの音などを録音して繰り返し聞かせることです。最初は音量を小さくし、徐々に音を大きくしていくのがコツです。

また、音を聞かせる時は、犬が食事をしている時やオモチャで遊んでいる時が効果的です。犬が楽しい思いをしている時に聞かせると、音と楽しい思いを関連付けるようになります。

Sponsored Links

チャイムの音が鳴ったら「オイデ」を指示する

玄関のチャイムの音が鳴ったら、犬に「オイデ」を指示し、いったん犬を飼い主さんのそばに来させます。音に反応して吠えることよりも、飼い主さんに注目させるようにしつけていれば良いのです。

チャイムが鳴ったら「オイデ」を指示し、吠えることを止めて近くに来たら、犬をほめてフードを与えます。あらかじめ、インターフォンの近くに、フードを置いて準備しておくと良いでしょう。

犬-チャイムの音-吠える-防ぐ-しつけ-オイデ-画像

チャイムの音が鳴ったら「ハウス」を指示する

「オイデ」の代わりに「ハウス」を指示する方法もあります。チャイムが鳴ったら、犬に「ハウス」を指示してクレートの中に誘導します。犬がクレートに入ったら、フードを与えてほめます。

犬は安全なクレートの中で安心して休んでいます。安心している限り、犬はまず吠えません。

飼い主さんが接客をしている最中に再び犬が吠えてしまわないように、遊びながらフードが与えられる「おやつボール」があると便利です。かわいいデザインで機能性も良いので、この商品がおすすめです。

PandaOne 自動給餌器 ペットおもちゃ 猫 おやつボール 餌入れ ペット食器 ペットフィーダー 早食い防止 知育 餌やり 水洗い可能 歯磨き 猫犬兼用 ペット用品

犬の無駄吠えの原因は社会化不足なので、生活音や、飼い主さん以外の人や、他の犬などに慣れさせることが大切です。

無駄吠え防止グッズはこちらです。
無駄吠え防止グッズのしつけくん

Sponsored Links

おすすめの記事

犬が鼻をつけてくる理由

犬が食事中に吠える・怒る・唸る理由は?食べ過ぎてぐったり苦しそう

犬の拾い食いをやめさせる方法と原因!防止グッズには近距離グリップ付きリード

猫が蛇口から水を飲む理由と蛇口を舐める対策!

ハムスターの飼い方!夏と冬は温度・湿度に注意!ゴールデンの寿命とは?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール