子供がいる家庭で犬を飼う場合の注意点

小さな子供と犬が触れ合う姿は、なんとも微笑ましい光景ですが、一緒に暮らすとなると、注意する点がいくつかあります。

今回の記事では、子供と犬が仲良くなるためには、どのようなことに注意する必要があるのかを紹介します。

Sponsored Links

子供と犬だけにしない

子供と犬が1対1の状態になると、お互いに相手をおもちゃ代わりに扱いがちです。子供が無防備に出した手を犬が噛みついてしまうこともあるかもしれません。

犬の飼い主さんは、やはり大人でないと務まらないので、子供と犬が触れ合う時は、大人の飼い主さんがしっかり見守るようにしましょう。

Sponsored Links

犬の頭を急に撫でない

犬は頭の上に急に手を出されるとビックリして噛んでしまうことがあります。

犬を驚かせないように、犬の体の下の方から、顎の下や胸のあたりを触るようにしましょう。

子供がいる家庭-犬を飼う-注意点-画像1

大きな声を出したり、犬を追いかけ回さない

大きな声を出されると、犬は驚いて興奮状態になることがあります。また、犬の目の前で走ると追いかけて噛みつきたくなってしまいます。

犬のそばでは、犬を刺激するような行動はしないように注意しましょう。また、犬を別の静かな場所に移動することで対応することもできます。

Sponsored Links

食事中の犬をかまわない

食事中やハウスで休憩中の犬に、子供が近づかないように注意してください。

犬が食事をしている時や休んでいる時に、むやみに子供が手を出すと、犬をそれを取り除こうとして、吠えたり噛んだりするかもしれません。また、食事中の犬をかまうと、「自分の食事が奪われる!」と思って攻撃的になる犬もいます。

子供がいる家庭-犬を飼う-注意点-画像2

犬をしつこく触らない

新しく犬を飼う場合は、その可愛さについつい撫で回したくなるものですが、これは禁物です。

特に子犬を迎えた当日はゆっくり休ませてあげてください。それ以降も犬に過剰なストレスを与えないように、しつこく触らないようにしましょう。

犬の顔を覗き込まない

犬の顔を覗き込む行為、つまり、犬と目を合わせたり、正面から近づこうとしたりするようなことは、犬にとっては威嚇を意味します。

そのため、犬はその行為を追い払おうとして吠えたり、噛んだりといった攻撃的な行動をとりかねないので注意が必要です。

Sponsored Links

おすすめの記事

犬が食事中に吠える・怒る・唸る理由は?食べ過ぎてぐったり苦しそう

初めて犬を飼う(犬種・準備・費用)初心者でも飼いやすい犬ランキングを紹介!

犬が穴を掘る理由と対策

猫が撫でられて嬉しい場所と撫でて良いタイミング

ベタの飼育は初心者におすすめ!水槽・水温・水草・繁殖など飼育方法を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール