犬の困った行動は放置も叱るのもNG!

犬の無駄吠えや噛み癖など、困った行動を繰り返し行う時は、ちょっと犬との生活を見直してみましょう。犬の困った行動の原因が生活環境や飼い主さんとのやり取りが関係しているかもしれません。犬が困った行動をもし起こしたらと考えるよりも、そもそもさせないような環境と適切な対応を行うことが大切です。

Sponsored Links

困った行動は犬の本能的な行動に過ぎない

犬-困った行動-放置-叱る-吠える-画像犬が吠えたり、噛んだり、飛びついたりする行動は、そもそも犬に備わっている本能的なものです。吠えるのは、自分のテリトリーを守るためにや危険を仲間の犬に知られるために不可欠な行動です。物のにおいをかいだり、噛んだりするのは、一種の確認行為です。仲間と遊びたくて飛びつくのも自然なことです。

こうした行動が困った行動であるという場合は、それは飼い主さんが犬にしてもらっては困ると思っている行動といことです。犬からしてみれば、犬として当然の行動をとっているに過ぎないのです。

Sponsored Links

犬の困った行動は飼い主さんの対応が重要

犬-困った行動-放置-叱る-ソファ-画像飼い主さんにとって困った行動でも、犬にとっては本能的な行動に過ぎないとは言え、社会のなかで人と共生し、飼い主さんと一緒に安全で楽しく暮らしている犬ならば、たとえば、吠える・噛みつくなどの威嚇的な行動をする理由はないはずです。それでもこのような行動を繰り返すようであれば、それには何らかの原因があるはずです。

犬が困った行動をした時は、飼い主さん自身がその行動を許していないか、あるいは助長していないかを確認する必要があります。知らず知らずのうちに、困った行動を犬が学習してしまっていることが少なくないのです。

犬の困った行動は放置も叱るのもNG

犬-困った行動-放置-叱る-舌出し-画像たとえば、家のチャイムがなるたびに吠えてしまう犬がいるとします。犬が吠えるがままに放置してしまうと、犬にチャイムが鳴ったら吠えてもいいと、日々学習させてしまうことになります。または、飛びつき癖のある犬の場合は、あえて犬が飛びつきそうなことを飼い主さんがしていないでしょうか。飛びついた犬に対して「ダメ!」と大きな声を出してしまうと、犬は飛びつくと飼い主さんが反応してくれるので、また飛びつこうとするのです。

犬が吠える・飛びつくなどの困った行動をとった時に、その行動を放置してしまうと、犬は許可されたと勘違いしてしまい困った行動を繰り返すようになります。犬の困った行動を声を出して叱ると飼い主さんが反応してくれたと思い、これもまた困った行動を繰り返すようになります。

Sponsored Links

犬の困った行動の対処法

犬の困った行動をなくすためには、まずはどんな時にその困った行動をするのかを観察して、その原因を探ってみるのが大切です。たとえば、チャイムが鳴ると吠えるのは、チャイムが鳴った後に見知らぬ人が家の中に入ってくるのが怖いからかもしれません。飛びつくのは、飛びつく先に魅力的なものがあるからかもしれません。

その原因を取り除くことができれば、困った行動をしなくなります。犬を来客に慣らして、怖い気持ちがなくなれば吠えることを止めるかもしれませんし、目の前に魅力的なものを見せびらかさなければ、飛びつくこともないでしょう。

飼い主さんの行動や犬の暮らす環境を変えることで、そもそも犬に困った行動をさせないようにできることも多いです。困った行動が起こる前に、初めからさせないことが肝心です。

犬が困った行動をとったら、まずはその場で止めます。もしも犬が飛びついてきたら、背を向けたりして相手にしません。次に犬の暮らす環境を見直すなど、困った行動をさせない予防ができないかを再点検してみてください。

Sponsored Links

おすすめの記事

犬用レインコート(小型犬・中型犬・大型犬)おすすめ!おしゃれな足付きデザイン

犬の拾い食いをやめさせる方法と原因!防止グッズには近距離グリップ付きリード

犬が穴を掘る理由と対策

子犬の甘噛みはいつまで?甘噛みを止めない理由や意味、止めさせるしつけを紹介!

犬がウンチを食べる?うれしょんの原因は?犬の粗相の理由と対策を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール