アカヒレ(コッピー)の飼育は初心者でも簡単!水槽や水温、水草、寿命など育て方を紹介!

アカヒレは、酸素の消費量が少なく低水温にも強い魚です。

とても丈夫な魚なので、初心者でも育てやすい。

今回の記事では、アカヒレの飼育方法について紹介します。

Sponsored Links

アカヒレの育て方

水槽選び

アカヒレは、必要とする酸素の消費量が少なく、水質の変化にも強いので、ビンなどの小さな容器や小型の水槽でも元気に飼育することができます。

飼育できる目安の匹数は、水量500mlに1匹で考えよう。

使用する水道水は、有害なカルキを抜いて水槽に注ぐようにしましょう。

Sponsored Links

カルキを抜く方法は、専用のカルキ抜き剤を使うと便利です。

カルキ抜き剤がない場合は、あらかじめ水道水をバケツなどに入れておいて24時間ほど放置すれば、自然にカルキが抜けて、アカヒレ飼育に使える水になります。

ただし、何日も放置した水道水は、水質が悪化するので使わないようにしましょう。

また、水槽の底に砂利などを入れて置くとバクテリアが発生して、アカヒレにとって住みやすい自然な水質になります。

水温

アカヒレは、寒さに強いので、冬でも暖かい部屋の中で飼育する場合はヒーター無しでも大丈夫です。

ただし、水温が10℃を下回る場合は、観賞魚用のヒーターを使う必要があります。

アカヒレの適水温は25℃です。限界水温は最低10℃、最高29℃です。

限界水温は、あくまで目安です。できるだけ適水温に近い環境で飼育するようにしましょう。

限界水温以下になる場合は、観賞魚用ヒーターかパネルヒーターを使いましょう。

小型容器で飼育している場合は、容器の下に敷いて使うパネルヒーターが便利です。

アカヒレ-飼育-初心者-簡単-水槽-水温-水草-飼育方法-画像2

水換え方法

●小さな容器で飼育している場合

ビンなどの小さな容器でアカヒレを飼育している場合は、水質が悪くなりやすいので、3日に一度全部の水を交換しましょう。

まずは、魚や水草をプラケースなどの他の容器に移し、残りの砂利などはバケツや洗面器に移して水道水で軽く洗いましょう。

飼育用容器に砂利を戻し、カルキ抜きをした水を注ぎます。

飼育用容器とプラケースの水温を合わせてから魚と水草を元の状態に戻しましょう。

Sponsored Links

●ろ過槽付きの水槽の場合

水槽にろ過槽(フィルター)をつけると水質が安定して飼いやすくなり、水換え期間も長くなります。

ろ過槽付きの水槽の場合、水換え頻度の目安は2週間に1度です。

水槽の総水量の3分の1程度の水をバケツにくみとり、その中でろ過装置を軽く洗います。

洗い終わったバケツの水は捨てましょう。

新たに準備しておいたカルキ抜きをした水と水槽の水温を合わせてから、水槽にゆっくり注ぎ入れて、元の状態にろ過装置をセットします。

水草

水草は、酸素の供給や水質の浄化に役立ち、魚を落ち着かせる効果もあるので、アカヒレの飼育では、なるべく水槽に入れてあげたほうが良いでしょう。

水草を流木に活着してレイアウトすると見栄えも良くなります。

アカヒレにおすすめの水草は、次のとおりです。

・アナカリス
・カボンバ
・アヌビアス ナナ
・ミクロソリウム
・ウイローモス

適水温は25℃です。限界水温は最低20℃、最高28℃です。

エサやり

エサやりは、毎日1回~2回程度行ってください。

アカヒレの口は、とても小さいのでエサが大きすぎると食べにくいことがあります。

アカヒレ専用のエサ、もしくは小型熱帯魚専用のエサを選ぶと良いでしょう。

エサは、浮上性で水を汚しにくいタイプを選ぶのがポイントです。

アカヒレ 飼育 初心者 簡単 水槽 水温 水草 飼育方法 ゴールデンアカヒレ画像

アカヒレの種類と寿命

アカヒレは、中国広東省原産の魚で、名前のとおり尾びれが赤いのが特徴です。

別名「コッピー」という愛称でも知られています。

幼魚期はネオンテトラにそっくりの色をしています。

アカヒレには、いくつかの改良品種がいますが、最も有名なのがゴールデンアカヒレです。

ゴールデンアカヒレは、体の色が綺麗な金色になっているのが特徴です。

その他にもヒレの長いロングフィンアカヒレ(カージナルアカヒレ)という種類もあります。

どの種類でもアカヒレの丈夫な性質を持っているので、初心者でも飼育しやすい。

アカヒレの寿命は、一般的な小型熱帯魚と同じくらいでおよそ3年ほどです。

フィンスプレッディング

フィンスプレッディングとは、ヒレを広げて威嚇や求愛をする行為のことです。

アカヒレの場合は、ヒレを大きく広げて、まるでダンスしているように体全体を小刻みに揺らします。

一般的にオス同士の闘争でよく見れる行為なのですが、メスが行うこともあります。

フィンスプレッディングは、アカヒレ以外でも、ベタやテトラなどいろいろな魚で見ることができます。

アカヒレが他の魚を追い回してしまう

アカヒレが他の魚をしつこく追い回してしまうことがあります。

その原因は、魚の数に対して水槽が小さ過ぎたり、または求愛行動だったり、いろいろなことが考えられますが、原因が見当たらない場合は、そっとしてあげるのが良いでしょう。

アカヒレは、特にエサやりの時に他の魚を追い払うような行動をとることがあります。

攻撃されている魚が心配でずっと水槽を見つめていると、アカヒレはまたエサやりの時間だと勘違いして、しつこく追い回し続けることがあります。

Sponsored Links

おすすめの記事

ベタの飼育は初心者におすすめ!水槽・水温・水草・繁殖など飼育方法を紹介!

猫の肉球の数と色の秘密!肉球の間の毛の切り方や肉球の皮がむける・ひび割れるの対処法などを紹介!

猫のしっぽの動きの意味は?猫のしっぽが立ってる時や猫のしっぽが膨らむ時の感情を紹介!

犬のしっぽの振り方でわかる気持ちとは?しっぽが下がる・上がるで感情の意味が違う!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

熱帯魚
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール