グッピーとメダカの違い!混泳はできても共存は難しい

グッピーとメダカは大きさがほぼ同じくらいの小型の淡水魚ですが、これらの魚には決定的な違いがいくつかあります。今回はグッピーとメダカの違いや、これらの混泳と共存について解説していきます。

Sponsored Links

「グッピー」と「メダカ」の違い

グッピー

グッピー,メダカ,違い,混泳,共存 画像1

カダヤシ目-カダヤシ科-グッピー属
中南米に生息
適応水温23~26℃
体内で卵をふ化させる卵胎生の魚
オスはシリビレ部分に交接器がある

メダカ

グッピー,メダカ,違い,混泳,共存 画像2

ダツ目-メダカ科-メダカ属
日本、中国、朝鮮半島、台湾に生息
適応水温18~28℃、0℃以下で冬眠
卵を産んでからふ化させる卵生の魚
オスはシリビレ部分に交接器がない

分類上の違い

グッピーは「カダヤシ目-カダヤシ科-グッピー属」に分類される魚です。グッピーの原産は中南米です。

一方、メダカは「ダツ目-メダカ科-メダカ属」に分類される魚です。メダカは、日本や中国、朝鮮半島、台湾に生息します。

グッピーとメダカは、見た目がよく似た小型の淡水魚ですが、グッピーがカダヤシ目の魚で、メダカがダツ目の魚ということで、類縁関係は遠い魚であることが分かります。

メダカは水温0℃以下で冬眠する

グッピーの適応水温は23~26℃で、メダカの適応水温18~28℃なので、ヒーターで温度管理をすれば、同じ水槽で混泳することができます。

ただし、自然界のメダカは、寒い季節が訪れる日本や中国大陸などに生息するので、0℃以下の環境では冬眠します。一方、グッピーは熱帯地に生息する魚なので、寒さにとても弱く、急激な温度変化に対応することができません。

Sponsored Links

グッピーは子を産み、メダカは卵を産む

グッピーとメダカを比べて最も大きな違いは、繁殖方法が異なることです。グッピーは卵胎生の魚で、体内で卵をふ化させて稚魚を産みます。一方、メダカは卵生の魚で、卵を産んでからふ化させます。

見分け方のポイントはシリビレの違い

近年、観賞用メダカの品種改良が進み、グッピーのようにヒラヒラとした長いヒレを持つメダカもいます。そうなると、益々グッピーとメダカの見た目が似てきますが、実はオスのシリビレだけは必ず違います。

グッピーは体内で卵をふ化させる卵胎生の魚なので、オスのグッピーはメスの体内で受精する必要があります。そのため、オスのグッピーのシリビレ部分は、「ゴノポディウム」という呼ばれる交接器になっていて、これをメスの腹部付近に挿入して交尾します。

基本的に魚のシリビレは、腹ビレと尾ビレの間に存在します。この部分が通常のヒレになっているのがメダカです。そして、この部分が交接器になっているのがグッピーになります。

Sponsored Links

グッピーとメダカは混泳はできても共存は難しい

グッピーの適応水温は23~26℃で、メダカの適応水温18~28℃なので、ヒーターを使ってグッピーの適応水温に保てば、グッピーとメダカを混泳することができます。

グッピーとメダカの食性も、動物性プランクトンや藻など食べる雑食なので、グッピーとメダカのどちらの餌を与えても飼育が可能です。

ところが、メダカに比べてグッピーの方が繁殖力が強く、餌の食いつきも良いため、オスとメスを長い間混泳していると、次第にグッピーの方が多くなっていく傾向があります。

グッピーはカダヤシ目に属する魚です。このカダヤシという魚自体が、日本全土に生息していたメダカを追いやって、日本の水田からメダカがほとんどいなくなったという歴史があります。

このように言うと、まるでカダヤシという魚が悪いように思われがちですが、実は70代頃に外来種のカダヤシを人為的に川に放流したという経緯があります。カダヤシという名前は「蚊を絶やす」という意味が由来になっていて、カダヤシがよく食べるとされるボウフラを駆除するために、日本各地に放流されました。

その後、在来種のメダカの生息地をカダヤシが取って代わり、水路がコンクリート化したこともあいまって、みるみるうちに日本全土から野生のメダカが消えていきました。このことからも、カダヤシ目の魚のグッピーとメダカの共存は難しいことが分かります。

さらに、沖縄県では、ペットとして飼われていたグッピーを自然界に放流してしまったことで、70年代以降にメダカを追いやったカダヤシが、今度はグッピーによって追いやられるという事例も報告されています。

このくらい繁殖力が強いグッピーとメダカは、観賞用に水槽で混泳することはできても、いずれは共存できずにメダカの数が少なくなっていく可能性が高いです。

Sponsored Links

おすすめの記事

ネオンテトラと相性のいい魚!ベタと混泳はできるの?

クジラがいる水族館一覧!ゴンドウクジラとイルカの違いは?

ウサギが鼻でつつく理由は?人の手を鼻で押す気持ちとは?

ギリシャリクガメ・ロシアリクガメの成長速度

フトアゴヒゲトカゲの脱皮前・脱皮中の注意点!頻度を記録しておこう!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

熱帯魚
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール