ベタの色が薄くなる・色が濃くなる原因!退色予防にはフレアリング!

今回はベタの体色変化の原因や、退色予防について紹介します。

ベタの体色が薄くなる、または体色が濃くなるという変化は、主に「成長過程によるもの」と「環境の影響によるもの」の2種類があります。

前者は飼育によってどうにかなるものではありませんが、後者は飼育環境の改善で対応できます。

Sponsored Links

ベタの色が薄くなる・濃くなる原因

体色変化しやすい個体・体色変化しにくい個体

ベタ,色が薄くなる,色が濃くなる,原因,退色 画像1ベタは成長するにつれて体の色が変化することがあります。個体によっては成魚になってからも色が薄くなることもあれば、色が濃くなることもあります。これは体調不良が原因ではなくて、個体そのものの変化です。

ベタの体色変化には個体差があり、体の色が変化しやすいベタもいれば、変化しにくいベタもいます。ただし、一般的には単色のベタは成長過程で一度体の色が落ち着くと、そこらから変化しにくいと言われています。

体の色が変わりやすいのは、ファンシーやマーブルなどの多色の個体です。基本的には緩やかに体の色が変わっていくので、意識して見ていないと変化に気付かないことがあります。時には、数ヵ月ほどで色が鮮やかになったり、色抜けして白っぽくなることもあります。

Sponsored Links

照明による影響

ベタには保護色機能があり、周囲の環境に対応して体色を変化することがあります。この機能よる体色の変化は、改良ベタよりも比較的野生に近いワイルドベタによく見られます。

特に影響を受けやすいのが、光によるものです。照明が明るすぎると、周囲にあるものが白く明るく見えるので、それに合わせてベタの色が薄くなるということがあります。特にワイルドベタは強い光が苦手なので注意が必要です。

それとは反対に、薄暗い部屋で水槽の底が暗い色になっていることが原因で、ベタの体色が黒色に濃くなることがあります。

水質による影響

ベタは瓶などの小さな容器で飼育できるほど、ある程度の水質の悪化にも耐えられますが、水質の急激な変化には弱い魚なので、水を交換する際に注意が必要です。

水質の合わせに失敗すると、水質の変化に驚いたベタが体色変化を起こすことがあります。また、ベタに合わない水質にしてしまったことで、ヒレがボロボロになってしまうこともあります。

一般的にベタに適した水は弱酸性と言われていますが、これは野生のワイルドベタが、弱酸性の環境に生息しているためです。改良ベタの場合は、流通元の養殖場や販売元のペットショップなどで、ベタ用の水作りの方法が異なります。

場所によって、弱酸性で飼育しているところもあれば、弱アルカリ性で飼育しているところもあるので、ベタを購入する前にどのように水を作っているのか確認しておくと良いでしょう。

Sponsored Links

水流による影響

野生のベタは、メコン川流域の比較的水流が弱い場所に生息しています。そのためベタは激しい水流が苦手な魚なので、エアレーションやフィルターの水流に驚いて退色してしまうことがあります。

ですから、ベタの体色が薄くなる、または体色が濃くなる前に、ベタの飼育は水流のない水槽や瓶などが行う方が望ましい。

退色予防にはフレアリング

ベタ,色が薄くなる,色が濃くなる,原因,退色 画像2ベタの色が薄くなる、または色が濃くなるという変化は成長過程によるもので、コントロールできるものではない場合もありますが、美しい色を保つためにはフレアリングの習慣が大切です。

フレアリングとは、オスのベタが行う威嚇行動のことで、ヒレとエラを広げて相手を威嚇します。この行動はオスがメスに求愛する時にも見ることができます。適度なフレミングの習慣は、ベタの体調管理にも良いとされているので、退色予防が期待できます。

フレミングの頻度は、1日1~2回、時間は5~10分程度を目安にすると良いでしょう。複数のベタを飼育している場合は、別々の容器で飼育しているベタ同士を容器越しに近づけると、お互いにフレミングします。単体で飼育している場合は、鏡を使うと良いでしょう。

ベタの飼育方法について書いた記事も合わせてご覧ください。

ベタの飼育は初心者におすすめ!水槽・水温・水草・繁殖など飼育方法を紹介!
ベタは、空気呼吸ができる特殊なエラと、優雅で美しいヒレを持った魅力的な魚です。ある程度は水質の変化に適応できるので、グラスなどの小さな容器でも飼育することができます。今回の記事では、ベタの飼育方法について紹介します。

Sponsored Links

おすすめの記事

ネオンテトラと相性のいい魚!ベタと混泳はできるの?

ハリネズミが懐かない原因!可愛くないと思う前に知るべき事

日本でパンダがいる動物園は?全国に何頭いるの?

アルビノと白変種の違い

カラスの鳴き声の意味!種類や回数で気持ちが違う?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

熱帯魚
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール