アカヒレをビンで飼育する際の3つの注意点

今まで様々な熱帯魚を飼育してきましたが、あくまで個人的な感想ですが、最も手間も費用もかからないのがアカヒレだと思います。熱帯魚以外にも犬や小鳥、カメなどいろいろな動物を飼育した経験がありますが、それらと比べてもアカヒレの飼育は簡単です。

アカヒレはビンなどの小さな容器でも飼育できるので、熱帯魚を育てた経験がない方でも簡単に飼育することができます。今回はアカヒレをビンで飼育する時の注意点を紹介します。

Sponsored Links

アカヒレはビンで飼育できる

飼育できる数の目安・・・水量500mlに対して1匹
水換えの頻度・・・ビンで飼育する場合は3日に1度は水を交換
適水温・・・適水温は25℃、限界水温は最低10℃、最高29℃
エアポンプ不要、適水温であればヒーター不要

アカヒレ 瓶 画像アカヒレは、必要とする酸素の消費量が少なく、水質の変化にも強いため、ビンなどの小さな容器や小型の水槽で、エアポンプ無しで飼育することができます。飼育できる目安の匹数は、水量500mlに対して1匹です。

最近では、ビンなどの容器に水草をオシャレにアレンジしたアクアリウムを楽しむ方がいますが、そのアクセントとしてアカヒレを飼育するという楽しみ方があります。

使用する水道水は、有害なカルキを抜いて水槽に注ぐようにしましょう。熱帯魚用のカルキ抜き剤を使用してもいいですが、バケツなどに水道水を入れて、そのまま1日ほど放置しておけば自然とカルキが抜けます。

アカヒレをビンなどの小さな容器で飼育する場合は、3日に1度は水を交換するようにしましょう。

Sponsored Links

アカヒレは熱帯魚にしては寒さに強い魚ので、冬でも暖かい部屋の中で飼育する場合はヒーター無しでも大丈夫です。ただし、水温が10℃を下回る場合は、観賞魚用のヒーターを使う必要があります。

アカヒレの適水温は25℃です。限界水温は最低10℃、最高29℃です。限界水温は、あくまで目安です。できるだけ適水温に近い環境で飼育するようにしましょう。

アカヒレはペットショップなどで、100円もしないくらいの安価で販売されています。アカヒレを扱っているショップであれば、おそらく専用の餌が1袋200円程度で販売されているはずです。後はビンなどの容器さえ準備できれば、ほとんど費用がかかりません。

Sponsored Links

アカヒレをビンで飼育する時の3つの注意点

1. 水量は多いにこしたことはない

アカヒレ フィンスプレッディング 画像飼育できる数の目安は水量500mlに対して1匹ですが、これは水量500mlほどの小さなビンでも飼育できるという目安であって、水量が多ければアカヒレが自由に泳ぐことができるので、大きい水槽が準備できるのであれば、それにこしたことはない。

実際にアカヒレをビンで飼育してみた感想は、金魚鉢ほどの水量で2、3匹程度のアカヒレを飼育するくらいの余裕があった方が良いように感じます。

丸いガラスの容器に、お好みの水草をアレンジして、その中にアカヒレを泳がせると、とてもオシャレに仕上がります。

アクアリウムにおすすめの丸い容器

しずく型の容器がネイチャー感があってオシャレです。

ジェックス グラスアクアリウム ティアー M サイズ

2. 水温は寒さより暑さに要注意

アカヒレを熱帯魚なので寒さに弱いイメージがあると思いますが、実は地域によってはヒーター無しでも飼育可能です。

西日本では冬でもヒーターは必要ないと思います。関東地方でも家の二階やロフトなど、暖かい空気が溜まる場所であれば、ヒーター無しでも飼育できるかと思います。(環境によって水温は異なるので、水温が10℃を下回る場合は、観賞魚用のヒーターを使いましょう。)

むしろ注意が必要なのは夏の水温管理です。日本の猛暑日は気温が35℃以上になることがあり、それに伴い水温も上がります。アカヒレの限界水温は最高29℃です。小さなビンで飼育していると、気温の影響を受けやすいので、水温がすぐ上がってしまいます。

特に家の二階など、暖かい空気が溜まりやすい場所で、猛暑日に飼育している場合は注意が必要です。猛暑日には家の中で比較的涼しい場所にビンを移動するか、クーラーで温度管理ができる部屋にビンを移動するなどして対応すると良いでしょう。

3. 意外と盲点は夜の飼育環境

オシャレなビンにアカヒレや水草を綺麗にアレンジすると、どうしてもリビングなどの目につく場所に置きたいものです。すると、アカヒレの眠る時間になっても消灯せずに、明るい部屋のままにしてしまい、その結果アカヒレが体調を崩してしまうことがあります。

基本的には日が沈めばアカヒレは寝ます。遅くても18時頃にはビンを暗い場所に移動するか、カバーなどをかけて暗くするなどしてあげましょう。

アカヒレの寿命や基本的な飼育方法ついて書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

アカヒレ(コッピー)の飼育は初心者でも簡単!水槽や水温、水草、寿命など育て方を紹介!
アカヒレは、酸素の消費量が少なく低水温にも強い魚です。とても丈夫な魚なので、初心者でも育てやすい。今回の記事では、アカヒレの飼育方法について紹介します。

Sponsored Links

おすすめの記事

グッピーとメダカの違い!混泳はできても共存は難しい

ベタの色が薄くなる・色が濃くなる原因!退色予防にはフレアリング!

クジラがいる水族館一覧!ゴンドウクジラとイルカの違いは?

フクロモモンガが餌を食べない!偏食の原因は?

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)は人工餌のみで大丈夫?食べない時の対処法を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

熱帯魚
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール