グラミーが黒くなるのは婚姻色!泡巣が消える時は浮き草で防ぐ!

今回は、グラミーの体色が黒くなる婚姻色についてと、泡巣が消える時の対処法を紹介します。グラミーやベタなどのアナバス目の魚は、ちょっと変わった繁殖行動することで知られています。

それゆえに、初めて見た場合は不安になることもあるので、事前にグラミーの生態を知っておくと役に立つと思います。

Sponsored Links

グラミーが黒くなるのは婚姻色

ネオンテトラと相性のいい魚,ベタ,混泳 画像4グラミーのオスは発情期になると、頭部から腹部にかけて黒くなることがあります。黒い線や斑点が現れ、これを婚姻色と言います。特にゴールデンハニードワーフグラミーなどの体色が薄いグラミーは、黒い婚姻色をはっきりと見ることができます。

グラミーのオスは、4月から8月にかけて暖かい時期に体が黒くなるのですが、水温管理がされている飼育下においては、季節外れに婚姻色になることもあります。

繁殖のために体色が変化するので、当然ですが、オスとメスを同じ水槽で混泳させていると、オスの体が黒くなりやすいです。また、オスのみ単独飼育している場合でも、発情期にガラスや鏡に映った自分の姿を見て、グラミーのオスが黒くなることもあります。

Sponsored Links

発情期のオスは落ち着きがなく、他の魚を追い回すことがよくあります。この時期は仕方がないことですが、あまりに酷い時は混泳の組み合わせてを考え直してみると良いと思います。

グラミーはそれほど速く泳ぐことができない魚です。ですから、テトラなどの素早く泳ぐ種類の魚と組み合わせると、つついて傷付けてしまう心配が少なくなります。

泡巣が消える時は浮き草で防ぐ

グラミー,黒くなる,婚姻色,泡巣,消える,画像2ドワーフグラミーやピグミーグラミーなどのオスは、水面に口からたくさんの気泡を吐き出して泡状の巣(泡巣)を作り、その中で卵を保護して孵化させます。このような繁殖行動を「バブルネストビルダー」と言い、グラミーやベタなどアナバス目の魚に多くみられる特徴です。

ただし、グラミーの仲間には、チョコレートグラミーなどのように、口の中に卵を含んで孵化させる「マウスブルーダー」と呼ばれる繁殖行動をする種類もいます。

人気のグラミーのゴールデンハニードワーフグラミーは、水面に泡巣を作るバブルネストビルダーです。繁殖の時期なると、グラミーのオスは水面に泡巣を作ります。その下でメスは卵を産み、浮かんだ卵は水面の泡巣に保護され、沈んだ卵はオスが口で拾い集めて泡巣に運びます。

このようにグラミーの繁殖で重要な役割がある泡巣ですが、環境を整えないとせっかく作った泡巣が消えることがあります。

野生のグラミーは流れの穏やかな水面に泡巣を作ります。流れが激しい場所では泡巣が流されて消えてしまうからです。これは水槽内でも同じです。

Sponsored Links

グラミーの繁殖を目的に飼育する場合は、水槽内のエアポンプから離れた場所で、水流が落ち着いた水面に、アマゾンフロッグピッドなどの浮き草を置くと、その間にグラミーが泡巣を作ります。

因みに、グラミーのオスは、水槽内にメスがいない環境でも水面に泡巣を作ります。繁殖目的で飼育していない場合は水替えなどで、そのうち泡は消えることになります。

Sponsored Links

おすすめの記事

クーリーローチが暴れる理由!ドジョウの仲間は夜行性?

レオパの多頭飼い!同じケージで同居可能はメス同士とオス同士のどっち?

ウサギの糞を肥料にする方法!大量の糞が家庭菜園に役立つ!

犬の留守番は何時間までが限界?長時間の留守対策はケージ・おもちゃ・トイレを配置!

猫の鳴き声の意味(アオーン・クルル・ンー・ニャーオ・カカカ)短い長い、低い高いなど鳴き方の種類別に猫の気持ちを解説!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

熱帯魚
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール