レオパの多頭飼い!同じケージで同居可能はメス同士とオス同士のどっち?

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の飼育は、1つのケージに1匹のレオパを入れる単独飼育が基本ですが、どうしても同じケージで多頭飼いしたい場合は、いくつかの条件をクリアする必要があります。オス同士やメス同士の組み合わせによって、同居できないこともあるので事前に確認する必要があります。

Sponsored Links

レオパの多頭飼いできるのはオス同士とメス同士のどっち?

結論から言うと、複数のレオパを同じケージで飼育できるのは、メス同士のレオパです。ただし、お互いが性格的に相性の良いレオパに限ります。

また、オス同士を同じケージで多頭飼いすると、喧嘩をする可能性が高いので避けたほうが無難です。オス同士のレオパを同じケージに入れると、激しく争ってケガをする恐れがあるのでNGです。

レオパの繁殖を目的としてオスとメスを同じケージに入れることがありますが、これは一時的なものです。長期に渡りオスとメスを同居させると、必要以上に繁殖する可能性があるので避けるべきです。

Sponsored Links

オス同士を同じケージに入れると喧嘩する恐れがある

野生のレオパ(ヒョウモントカゲモドキ)は一夫多妻制なので、強いオスほど多くのメスをかかえて、たくさんの子孫を残すことができます。ですから、レオパのオス同士は、自分の方が上位であることを示すために争うことがあるのです。

オス同士の争いは飼育下のレオパであっても同じです。レオパのオス同士を同じケージに入れて多頭飼いしようとしれば、激しく喧嘩してケガをするリスクが高まるので、絶対に避けるべきです。

より自然な環境を作ろうとして、1匹のオスと複数のメスを同じケージで飼育することも考えられますが、これもおすすめできません。オスとメスを同居させると繁殖する可能性があります。必要以上に繁殖させて無責任に増やすことは避けるべきです。

Sponsored Links

相性の良いメス同士のレオパとは?

メス同士のレオパであれば多頭飼いできる可能性がありますが、お互いの相性が良くないと同じケージで同居することは難しいです。

お互いが性格的に相性が良いレオパと言うのは、たとえば、相性の良い犬同士がじゃれ合って仲の良い様子を見せるようなものとは違います。お互いに相性の良いレオパとは、良い意味でお互いに無関心で干渉しない関係のことを言います。

たとえば、レオパの上に他のレオパが乗っかって来ても、下にいるレオパがほぼ無関心というような関係です。お互いが無関心ゆえに同居が上手くいくという感じです。お互いに強い関心があると、やがては喧嘩に発展する可能性があるので注意が必要です。

レオパの多頭飼いは大きなケージで複数のシェルターを準備する

レオパのメス同士を多頭飼いする場合は90cm以上の大きなケージが必要です。また、複数のシェルターを設置して、多くの隠れ家を準備してあげることも大切です。

相性の良いレオパであれば、複数のレオパで同じシェルターの中に入ることもあります。野生のレオパの場合も、同じ隠れ家を複数のレオパが共有することがあるので、これは珍しいことではなく自然なことです。

また、レオパを同じケージで多頭飼いする場合は、全てのレオパが十分に餌を食べることができるように、個別にピンセットで餌やりをすることが大切です。置き餌をすると、強いレオパが多くの餌を食べてしまい、弱いレオパが食べられないことがあるので要注意です。

Sponsored Links

おすすめの記事

レオパがシェルターから出てこない・シェルターに入らない時は?

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)は人工餌のみで大丈夫?食べない時の対処法を紹介!

フトアゴヒゲトカゲが腕を回す・頭を上下に振る意味

ケヅメリクガメの餌の量がスゴイ!食費を抑える方法を紹介!

モルモットが暴れて走り回る!ジャンプする!頭突きをする意味は?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ヒョウモントカゲモドキ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール