レオパがシェルターから出てこない・シェルターに入らない時は?

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の性格は個体差があるので、同じような環境で育てても、個体によって全く違う反応を見せることが多いです。一日中シェルターから出てこない臆病な子もいれば、せっかくシェルターを用意してあげたのに、ほとんどシェルターに入らない子もいます。今回は、レオパ飼育の必須アイテムとも言えるシェルターに関係するレオパの行動について紹介します。

Sponsored Links

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)がシェルターから出てこない

飼い始めたばかりのレオパは、まだ飼育環境に慣れていないため、強い警戒心からなかなかシェルターから出てこないということがあります。このようなレオパの反応は非常に個体差があり、物怖じしない性格のレオパは、飼い始めの頃から全く動じずにシェルターの外で元気に歩き回る子もいます。

レオパがシェルターから出てこない状態は、シェルター内のレオパの様子が全く見えないので、飼い主さんからしてみれば心配になると思いますが、温湿度管理ができていてレオパがきちんと餌を食べているのであれば、大抵は問題はありません。徐々にレオパが環境に慣れてくれるのを見守りましょう。

レオパの飼育で使用するシェルターは陶器のものを使うことが多いですが、どうしてもシェルター内のレオパの様子が気になるという場合は、半透明の食品用タッパーに穴を開けてシェルターを手作りしてみると良いかと思います。内部に湿らせたスポンジを入れると局地的に高湿度の環境を作ることができます。半透明のタッパーなので、内部の様子を確認しながら餌やりもできるので良いかと思います。

野生のレオパは岩や木の隙間だけでなく、人工物の隙間を隠れ家に使うこともあるので、飼育されているレオパも、手作りシェルターを気に入ってくれる個体も多いです。

Sponsored Links

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)がシェルターに入らない

せっかく新しいシェルターを用意したのに、レオパが全くシェルターに入らないということがあります。シェルターに入らないばかりか、ウェットシェルターの上の水を入れるくぼみに、レオパが体をスッポリ入れてそのまま寝ているということもあります。

レオパがシェルターに入らない理由ついては、それぞれのレオパの性格に個体差があるので一概に言えませんが、そもそもレオパがシェルターに入るのは天敵から身を守るということが理由の1つとして考えられます。

レオパは暗くて狭い空間を好む傾向があります。その空間はレオパの体に隙間なくフィットするくらい狭い方が安心です。個体によっては、シェルター内の床材を掘って体にフィットするくぼみを作るレオパもいます。

Sponsored Links

これらのことから、レオパがシェルターに入らない理由の1つとしては、そのレオパの体に対してシェルターが大き過ぎることが原因であることが考えられます。

特にシェルターの入り口の狭さが重要で、レオパがやっと通れるくらいの幅が丁度良いです。大きいシェルターの場合は少し床材に埋めるように設置して、入り口の幅をレオパの体に合うように調節してあげると良いでしょう。

ただし、レオパがシェルター以外の場所を隠れ家として決めてしまった場合は、なかなかシェルターに入ってくれないことがあるので、やはりレオパの性格によるところが大きいです。

Sponsored Links

おすすめの記事

レオパをハンドリングするコツ!嫌がる時は?

レオパの床材の誤飲対策!砂や土を食べる前に知っておきたい事

フトアゴヒゲトカゲの顎が膨らむ・体を膨らませる理由

ハリネズミの床材おすすめはコレ!紙や広葉樹を食べるのが心配な時は?

リクガメの飼育!初心者におすすめは3種類!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ヒョウモントカゲモドキ 爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール