リクガメがケージ内で暴れる時は部屋んぽで発散!

リクガメがケージの壁に甲羅をガツガツとぶつけて、毎日うるさいと感じことが多々あります。リクガメはこんなに暴れるのかと、実際に飼育してみて初めて知るものです。そもそも、リクガメは歩き回るのが大好きな子が多いです。そんなリクガメには、部屋んぽをさせてあげると良いでしょう。

Sponsored Links

リクガメがケージ内で暴れる

リクガメ,ケージ,暴れる,部屋んぽリクガメは動きが遅いため、のんびりと暮らしているイメージが強いですが、実は活発に歩き回る動物です。歩くスピードが遅いだけで、歩く距離はとても長いのです。ケージ内の隅から隅まで行ったり来たりを繰り返しては、甲羅をケージの壁にぶつけたり、ケージの隅を掘ったりするので、その様子が暴れているように見えることもあります。

そもそも、リクガメはそんなに歩き回って何がしたいのでしょうか。野生のリクガメは、野草などの食べ物を求めて歩き回り、食後には立ち止まって日光浴をすることを繰り返します。草食動物が食べる植物は、肉食よりもエネルギー源が少ないため、たくさんの量の植物を食べる必要があります。そのため、リクガメは食べ物を求めて活発に歩き回るわけです。

リクガメの飼育は、ギリシャリクガメやロシアリクガメなどの小型の種類であれば、ケージ内で育てることが可能です。その場合は90cm以上の大き目なケージが推奨されていますが、たとえ120cmケージであっても、活発に歩き回るリクガメにとっては狭く感じるもので、ケージの壁に甲羅をガツガツとぶつけて暴れるように見えるものです。

Sponsored Links

暴れるリクガメは部屋んぽで発散

リクガメ,ケージ,暴れる,部屋んぽ,ベランダ狭いケージの中では、どうしてもリクガメが運動不足になりがちです。そんな時はリクガメをケージから出して、部屋の中で散歩させてみてはいかがでしょうか。ペットを室内散歩させることを通称「部屋んぽ」と言いますが、歩き回るのが大好きなリクガメにとって、部屋んぽはストレス発散にもなるはずです。

ただし、リクガメを部屋んぽさせる前にいくつかの注意点があります。まず、室内の温湿度がリクガメにとって適していることです。リクガメに適した温湿度は種類によって異なりますが、高温を好む種類が多いので冬の部屋んぽはNGです。

また、部屋んぽする前に、リクガメが噛みつくと危険なものを撤去したり、サークルなどで囲いをするなどして、安全な環境を作ることが大切です。リクガメは狭い場所に入り込む習性があるので、家具の隙間などは塞いでおくと良いでしょう。

Sponsored Links

そして、部屋んぽ中はリクガメから目を離さないことが大切です。室内の環境はケージ内とは違って温湿度の管理が難しいので、目を離した隙にリクガメが行方不明になってしまい、長時間見付からない場合はとても危険です。暖かい季節ではリクガメをベランダで散歩させることもありますが、その場合はカラスなどに狙われないしっかりと見守ってあげることが必要です。

リクガメを部屋んぽさせて適度に運動すると、ケージ内に戻した時に暴れることが少ないなると思うので、飼い主さんの時間が許す範囲でリクガメの部屋んぽをさせてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

おすすめの記事

ロシアリクガメの温度/湿度管理

ロシアリクガメの床材の深さは?穴掘りできて誤飲対策が重要!

ネオンテトラと相性のいい魚!ベタと混泳はできるの?

ハムスターが垂直のパイプを登れない・降りれない時はどうする?

ハリネズミが回し車を回さないけど必要あるの?回し車なしの飼育は?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール