フトアゴヒゲトカゲの顎が膨らむ・体を膨らませる理由

フトアゴヒゲトカゲが顎や体を膨らませる主な理由は、「威嚇」「脱皮」「体温調節」の3つのことが考えられます。状況によっては、長い間体を膨らませていたり、顎が膨らむ仕草を何度も繰り返すこともあります。今回は、フトアゴヒゲトカゲの顎が膨らむ・体を膨らませる理由について、具体的な状況を例に挙げて紹介していきます。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲの顎が膨らむ・体を膨らませる理由

威嚇

フトアゴヒゲトカゲは、相手を威嚇する時に顎が膨らむことがあります。顎を膨らませることで自分を大きくて強そうに見せていると考えられます。フトアゴヒゲトカゲ同士のケンカの時に相手を威嚇したり、まだ環境に慣れていない飼い始めの時期では、警戒心から人に対して威嚇することもあります。

相手を威嚇している時は、主に顎の部分だけを膨らませて、体の方まで膨らむことはあまりないです。体はいつでも移動できるように腹部を浮かせた体勢で、口を開けて噛み付くような仕草を見せます。

フトアゴヒゲトカゲは、興奮状態になると顎が黒くなることがありますが、この変化は個体差があり、中には全く顎が黒くならない個体もいます。また、発情期のフトアゴヒゲトカゲも顎が黒くなることがあります。

Sponsored Links

脱皮

フトアゴヒゲトカゲは、成長とともに脱皮を繰り返す動物です。脱皮の時期は古い皮が白っぽくなって浮き上がり、自然に破けて奥から新しい皮が見えてきます。

フトアゴヒゲトカゲは、この脱皮の時期に顎が膨らむことや、体を膨らませることを繰り返します。こうすることで、古い皮を剥がしやすくしているのです。古い皮は乾燥すると脆くなりやすいので、フトアゴヒゲトカゲは日光浴中に、体を膨らますことで脱皮を促しているのをよく見かけます。乾燥して脆く伸縮性を失った古い皮を、顎や体を一気に膨らませて破いていきます。

Sponsored Links

体温調節

フトアゴヒゲトカゲは変温動物なので、自ら体温調節することが苦手な生き物です。ですから、日光浴で体温調節をするので、フトアゴヒゲトカゲの飼育は体を温めるためのバスキングライトが必要です。

このバスキングライトの下で体を温めている時に、フトアゴヒゲトカゲの顎や体全体が膨らむことがあります。体を膨らますことでバスキングライトが当たる表面積を増やして、効果的に体温調節を行っていると考えられています。

フトアゴヒゲトカゲは、デップリと膨らんだお腹をバスキングライトで温まった岩の上に乗せて、全く動かずにリラックスしている状態です。こんな時、大抵はフトアゴヒゲトカゲが口を開けています。口を開けることで温かい空気を取り込んだり、気化熱を利用して体温調節をしていると考えられています。

フトアゴヒゲトカゲが体温調節のために口を開けることについては、以前に書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

フトアゴヒゲトカゲが口を開ける理由
フトアゴヒゲトカゲは、食事をする時以外でも長い間口を開けることがあります。その主な理由は「体温調節」と「威嚇」の2つ事が考えられます。今回は、フトアゴヒゲトカゲが口を開ける行動について解説していきます。

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲの餌代は?野菜の頻度は成長によって違う!

グッピーとメダカの違い!混泳はできても共存は難しい

ケヅメリクガメの餌の量がスゴイ!食費を抑える方法を紹介!

レオパをハンドリングするコツ!嫌がる時は?

クジラがいる水族館一覧!ゴンドウクジラとイルカの違いは?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フトアゴヒゲトカゲ 爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール