フトアゴヒゲトカゲが口を開ける理由

フトアゴヒゲトカゲは、食事をする時以外でも長い間口を開けることがあります。その主な理由は「体温調節」と「威嚇」の2つ事が考えられます。今回は、フトアゴヒゲトカゲが口を開ける行動について解説していきます。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲが口を開ける理由

口を開ける理由①:体温調節

フトアゴヒゲトカゲ-口を開ける-理由-体温調節-画像フトアゴヒゲトカゲの飼育は、岩などに局所的な熱源を当てて、その上でフトアゴヒゲトカゲが体温を上げられる場所を作ります。フトアゴヒゲトカゲが熱源に向かって口を開ける場合は、口を開けることで表面積を増やして効果的に体温を上げていると考えられています。

それとは逆に、フトアゴヒゲトカゲが体温を上がられる場所以外のところで長い間口を開けてる場合は、口の中の水分を蒸発させて熱を放出し、体温を適度に下げていると考えられています。

ただし、口を開けて体温調節する行動は、フトアゴヒゲトカゲ以外の爬虫類にも見られ、たとえば、ワニが口を開けて日光浴するのは、脳が熱くなり過ぎないように口を開けて放熱しているという説もあります。いずれにせよ、口を開けたり閉じたり、時には体の向きを変えてみたりすることから体温調節に関係する行動であることが考えられます。

Sponsored Links

人間は汗をかくことによって体温調節をしていますが、実は汗をかく動物は少ない。他には馬などが汗をかくことができますが、ほとんどの動物はその他の方法で体温調節を行っています。体温を調節する代表的な方法が、口を開けて水分を蒸発させることで熱を放出するやり方です。

暑い夏に犬が口を開けて舌を出している姿を見たことがあると思います。「ハァーハァー」と口を開けて息を出しているのは、たくさん走って疲れているからではなく、体温を下げるためにやっていることです。そう考えると、フトアゴヒゲトカゲが体温調節をする理由で口を開けるのも特別な行動ではないのかもしれません。

口を開ける理由②:威嚇

フトアゴヒゲトカゲ-口を開ける-理由-威嚇-画像フトアゴヒゲトカゲは威嚇する時も口を開けます。それと同時に喉の部分の皮膚を広げて、体を大きく見せることで相手を威嚇します。感情の変化に伴い、喉の部分の棘状の鱗が黒く変色することもあります。

この色の変化は、怒っている時や体調が悪い時、発情期などに見られることがあります。発情期のオスは喉の部分だけでなく、お腹まで真っ黒になる個体もいます。ただし、黒く変化する濃度は個体差があり、グレーのまだら程度に変化する個体もいれば、怒ってほとんど黒くならない個体もいます。

Sponsored Links

口を開けた時は口の中に異変がないかチェックできる絶好のタイミングです。体温調節している時はこっそり口の中をチェックしてみましょう。威嚇している時はあまり見ない方が良いですが、ガラス越しに少し見るなど安全な場所から口の中をチェックしてみると良いでしょう。

フトアゴヒゲトカゲが頻繁に口を開けている場合は、体温調節が上手くできていない可能性もあります。室内の温度管理を見直したり、フトアゴヒゲトカゲが餌を食べないなど体調不良がないかなどを確認する必要があります。

Sponsored Links

おすすめの記事

ベタの飼育は初心者におすすめ!水槽・水温・水草・繁殖など飼育方法を紹介!

アカヒレ(コッピー)の飼育は初心者でも簡単!水槽や水温、水草、寿命など育て方を紹介!

デグーとハムスターの違い(寿命・食事など)

ハリネズミのエサの量と食事回数!キャットフードで代用していいの?

チンチラが懐かない原因と懐かせる方法

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フトアゴヒゲトカゲ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール