ギリシャリクガメ・ロシアリクガメの成長速度

今回は、ギリシャリクガメやロシアリクガメ(ホルスフィールドリクガメ・ヨツユビリクガメ)の成長速度について解説していきます。

愛するペットが日々成長する姿を見るのは喜ばしいことですが、リクガメの場合あまりにも成長スピードが速いと、綺麗な甲羅にならないことがあるので気を付ける必要があります。どのようなことがリクガメの成長を早めるのかを確認していきましょう。

Sponsored Links

ギリシャリクガメ・ロシアリクガメの成長速度

ギリシャリクガメ-ロシアリクガメ-成長速度-画像リクガメの成長速度は個体差があり、飼育環境によっても成長スピードが異なりますが、ギリシャリクガメやロシアリクガメなどの小型リクガメは、大型リクガメのように急成長するわけではなく、少しずつ体重が増えて甲羅も徐々に大きくなっていきます。

ギリシャリクガメやロシアリクガメの飼育は、最初は体重40gほど、甲長5cmくらいのベビーサイズから飼い始めることが多いと思います。それから1年後は体重120gほど、甲長8cmくらいにまで成長していく程度のスピードです。

小型のリクガメは最長20cm程度なので、それに近いくらいまでのサイズまで成熟した個体は、次第に成長速度が緩やかになっていきます。

それに比べて、大型リクガメのケヅメリクガメは、最初は体重40gほどのベビーサイズでも、1年後には体重が10倍以上にまで増える個体もいます。

ただし、これの成長速度は一例にすぎないので、個体によって大きく異なります。リクガメに与えている餌や紫外線による影響が成長速度に反映することがあります。

Sponsored Links

飼育環境による成長の違い

リクガメフード(人工飼料)は成長が早い

ギリシャリクガメやロシアリクガメに限らず、リクガメの飼育は、野菜や野草のみで育てるよりも、リクガメフード(人工飼料)を与えた方が、成長スピードが速まる傾向があります。

リクガメフードには成長を促すために十分なビタミン・ミネラルが含まれていて、人工飼料だけでリクガメを飼育できるようになっています。そのため、野菜や野草だけでリクガメを育てるよりも成長が早くなることがあります。

紫外線を多く浴びる

紫外線を浴びると成長スピードが速まる傾向があります。普段はケージ内で紫外線のライトを浴びて、時々日光の当たる場所で散歩をすると、食事量も増えていき成長速度が高まる傾向があります。

多頭飼いの場合は個体差がでやすい

ギリシャリクガメやロシアリクガメなどの小型リクガメは、同じケージで多頭飼いすることがあります。その場合、強いリクガメが餌をたくさん食べてしまい、弱いリクガメの食事量が減ってしまうことがあります。

多頭飼の場合は別々の皿に分けて餌を与えることが望ましい。また、オス同士は甲羅をぶつけ合って争うことがあるので、できれば別々のケージで飼育する方が良いでしょう。

Sponsored Links

成長が早いことが良いとは限らない

リクガメに限らず、その他の動物にも言えることですが、早く成長する生き物ほど寿命が短くなる傾向があります。ギリシャリクガメやロシアリクガメの寿命は20年とも30年とも言われ、他のペットと比べて長く付き合える動物です。できる限り長生きさせてあげたいものです。

また、リクガメは緩やかに成長した方が、甲羅が綺麗になると言われています。そのため、早く成長するリクガメフード(人工飼料)ではなく、野菜や野草のみで飼育する愛好家が少なくありません。

それでも、リクガメを野菜や野草だけで飼育するのは、栄養面で不安を感じるという場合は、主食を野菜や野草にして、リクガメフードは補助的に与えると良いでしょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

リクガメの飼育!初心者におすすめは3種類!

ウサギの糞を肥料にする方法!大量の糞が家庭菜園に役立つ!

ハムスターの毛づくろいの意味!長い時間激しいグルーミングを頻繁にする場合は?

ペットホテルに預けた後に後悔しないための3つの条件

デグーは夜行性じゃない?夜寝ない時に電気はどうする?