デグーは夜行性じゃない?夜寝ない時に電気はどうする?

デグーを家に迎えたばかりの頃は、夜寝ないで夜鳴きを繰り返すということがあります。そんな様子を見ていると、デグーは夜行性の動物なのかと思われがちですが、実は野生のデグーは夜行性じゃない動物です。

それでは、デグーの飼育は、夜に電気を点けた方が良いのか?それとも電気を消した方が良いのでしょうか?今回はデグーの夜間の飼育方法について紹介します。

Sponsored Links

デグーは夜行性じゃない?

デグー-夜行性じゃない-夜寝ない-電気-画像2デグーは夜に活発になる個体もいるので夜行性ではないかと思われがちですが、正確には薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)です。薄明薄暮性とは、夕方や朝方の薄暗い時間帯に活発になる生き物の生態を言います。

実はデグーは夜行性じゃないのです。ハムスターやモルモット、カピバラなど、ネズミの仲間の動物は夜行性じゃないことが多く、正確には薄明薄暮性の動物になります。

デグーやハムスターなどの小動物の多くは、常に猛禽類などに捕食される恐れがあります。天敵から身を守るために、視界が悪い夕方や朝方の薄暗い時間帯に活動することが多いです。これらの小動物は体毛の色が保護色になっているので、周りの土や木、石などの自然の色に溶け込んで、視界が悪い薄暗い時間帯では、天敵の目から逃れることができるのです。

ただし、この生態は野生のデグーの生活リズムです。ペットとして飼われているデグーは飼い主さんの生活リズムに徐々に合わせるようなります。お互いの生活リズムが合うことで、デグーとの生活がより楽しいものになるはずです。

Sponsored Links

夜寝ない時に電気はどうする?

ペットとして飼われているデグーには、自然界で生活している野生のデグーのように天敵が存在しません。そのため、わざわざ夕方や朝方の薄暗い時間帯に活発になる必要がないわけです。

実はデグーに限らず、動物の生活リズムは環境によって変化することがあります。自然界においては同じ動物でも、地域によって天敵がいない場合は、薄明薄暮性の動物が昼行性になることもあります。

デグーも環境に適応することで、ある程度は生活リズムを合わせることができるわけです。ですから、デグーが夜寝ないからといって、いつまでも電気をつけっぱなしにしておくと、なかなか飼い主さんの生活リズムに合わせることができなくなるので注意が必要です。

Sponsored Links

デグーの夜鳴き

デグー-夜行性じゃない-夜寝ない-電気-画像1飼い主さんの生活リズムに合わせることができないデグーは、何度も夜鳴きを繰り返してしまうことがあります。連日デグーの夜鳴きで飼い主さんが眠れないという状況が続くと、飼い主さんにもデグーにも大きな負担がかかります。

デグーは寂しい時に「キュー」「キュイー」と切ない鳴き声を出します。この鳴き声を毎晩聞くことになると飼い主さんの方も大変だと思いますが、電気は薄暗い状態のままで優しくお声をかけてあげたり、撫でてあげたりして、徐々に飼い主さんの生活リズムに合わせていきましょう。

デグーが夜寝ないからと言って、電気をつけて対応していると、いつまでも生活リズムが合わずに夜鳴きが悪化してしまうことがあるので注意しましょう。どうしても夜鳴きを止めてくれない時は、負担にならない程度に少量のおやつを与えてあげると、鳴き止むことがあります。ただし、デグーが夜鳴きをすればおやつが貰えると学習してしまうといけないので、この対応は頻繁にやらない方が良いです。

デグーの鳴き声の種類と意味については、以前に書いた記事があるので、こちらをご覧ください。

デグーの鳴き声の意味一覧「ピッ・プスプス・キュー・クックッ」など種類と大きさで気持ちが分かる
今回は、デグーの鳴き声の意味一覧を紹介します。デグーの鳴き声の大きさや高さなどの特徴なども合わせて解説していきます。デグーは、いろいろな鳴き声を巧みに使って自分の気持ちを伝える動物です。「ピッ」「プスプス」「キュー」「クックッ」など、た...

Sponsored Links

おすすめの記事

デグーの臭いの原因と対策

デグーがケージを噛む理由とかじり癖対策

ウサギの換毛期が来ない!毛が抜けない理由とは?

犬がウンチを食べる?うれしょんの原因は?犬の粗相の理由と対策を紹介!

猫のゴミ箱対策(あさる・倒す)蓋付きでロックできるのがおすすめ!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

デグー
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール