デグーが餌を隠す!おやつは食べてもペレットは隠す理由は?

今回は、デグーが餌を隠す行為に関する様々なことを紹介します。そもそもデグーが餌を隠す理由は何なのか。おやつはすぐに食べるのにペレットだけ隠すのはなぜなのか。デグーの行動について1つひとつ確認していきましょう。

Sponsored Links

デグーが餌を隠す理由

デグー 食事 画像デグーには、食べきれない餌を隠す習性があります。まるで野生のリスが木の実を土の中に隠すように、デグーもいろいろな場所に食べ物を隠します。餌の隠し場所は様々で、ケージの隅や巣箱の中、時には全く何もない平らな場所で掘るような仕草をして、餌を隠したつもりになることもあります。

餌を隠した場所に、誰かが近づこうものなら、デグーが不機嫌な様子を見せ、攻撃的に態度を示すことがあります。このような行動はリスにも見られます。

Sponsored Links

ペレットを捨てるのではなく隠している

デグー 容器の中 画像デグーがペレットなどの餌を隠す習性をご存じでない方は、ペレットを食べてくれない、ペレットが嫌いになってしまったのではないかと心配する飼い主さんもいらっしゃるようです。

ケージの底が糞尿を分別する網になっている場合は、デグーがケージの隅に隠したペレットが、そのまま網の下に落ちてしまうで、デグーがペレットを捨てると勘違いしてしまうこともあるようです。

すでに述べていますが、デグーには食べきれない餌を隠す習性があるので、デグーがいつでもペレットを食べられるように、餌皿に少量だけ置いていると、いつの間にか全部のペレットを隠してしまうということもよくあります。

Sponsored Links

おやつは食べるけどペレットは隠す

デグーにおやつ(野菜の天日干しなど)を与えるとすぐに食べてくれるのに、ペレットを与えると隠して食べてくれないということがよくあります。その理由としては、ペレットよりも嗜好性の高いおやつから食べる、または、おやつほしさにペレットを隠すという考えもあるようです。

確かに、そのような理由も考えられますが、デグーが優先的に食べる順番には、主に2つの理由があります。1つ目の理由は、デグーは、すぐに食べられる小さな餌から順番に食べて、比較的大きな餌は隠す傾向があります。このことから、あまりペレットを食べてくれないデグーには、ペレットを一口サイズに小さく切って与えるだけで食べてくれるようになることがあります。

2つ目の理由は、デグーは、香りが良い食べ物から先に食べる傾向があります。ペレットよりも野菜の天日干しなどのおやつの方が、野菜本来の香りが強いので、どうしてもおやつを優先的に食べる傾向があります。

最近ではデグーに与えるペレットは、各メーカーで様々な商品が販売されています。有名どころだと「SANKO デグープラス」や「イースター デグーセレクション」あたりですが、どうしてもペレットを食べてくれないという場合は、比較的ペレットの香りが強い「ハイペット 恵デグー」を試してみてはいかがでしょうか。ただし、デグーがどのペレットを食べるかは個体差があり、そのデグーの好みによるところが大きいです。

「ハイペット 恵デグー」

比較的植物の香りが強いペレットです。

ハイペット 恵デグー 300g

餌を食べずに隠してばかりいる時は要注意

デグーが餌を隠す行為自体は、習性によるものなので問題ありませんが、餌を食べずに隠してばかりいる時は注意が必要です。その場合は、今はお腹いっぱいで食べきれないないから餌を隠しているのではなく、何らかの体調不良があって、今は食べることができないから餌を隠している可能性があります。

まずは、デグーの体重が減っていないかを確認してから、それでも心配な場合は、ネットの情報などで自己判断せずに、できるだけ早く動物病院で診てもらうようにしましょう。デグーに限らず小動物の飼育は、定期的に体重測定を行い、成長の記録をとっておくことが大切です。

Sponsored Links

おすすめの記事

デグーの砂浴び容器はボトルでいいの?砂は再利用できる?

デグーがケージを噛む理由とかじり癖対策

デグーの鳴き声の意味一覧「ピッ・プスプス・キュー・クックッ」など種類と大きさで気持ちが分かる

フクロモモンガの寝る時間帯は?睡眠時間は何時間?

ハムスターが床材を掘る理由は?土の床材で飼育するメリット・デメリットを紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

デグー
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール