デグーの多頭飼い!オス同士・メス同士が上に乗るマウンティングとは?

デグーの飼育は、1匹のデグーを1つのケージで育てる単独飼育が望ましいのですが、相性の良いデグー同士であれば、オス同士でもメス同士でも同じケージ内で多頭飼いすることが可能です。

多頭飼いの際には、先住デグーの洗礼とも言える「マウンティング(デグーが他のデグーの上に乗る)」をクリアすることが重要です。まずは、デグーのマウンティングについて確認していきましょう。

Sponsored Links

多頭飼いの洗礼!?デグーの「マウンティング」とは?

デグー,多頭飼い,オス,メス,上に乗る,マウンティングマウンティングとは、デグーが他のデグーの上に乗る行為のことを言います。繁殖の際にオスのデグーがメスの上に覆いかぶさるように乗る、求愛行動として行うこともありますが、同性同士でマウンティングをする場合は、上に乗ったデグーが下のデグーよりも上位の存在であることを示すために行います。

野生下のデグーは、10匹程度の小規模な群れを作って生活しており、その中でそれぞれの上下関係が成り立っています。ペットとして飼育されているデグーを多頭飼いした場合でも、お互いの上下関係を明確にする傾向があります。

先住デグーと新入りデグーを初めて対面させると、大抵は先住デグーの方が上位であることを主張し、新入りデグーを追い回してマウンティングを行うようになります。そのマウンティング行為を受け入れて、新入りデグーが先住デグーよりも下位の存在であることを認識すると、同じケージ内での同居が可能になっていきます。

Sponsored Links

多頭飼いが成功する場合は、大抵は数日でお互いの上下関係が明確になり、その後はお互いに体を寄せ合って毛づくろいするほど仲良しになっていきます。

多頭飼いが失敗する場合は、新入りデグーが自分が下位の存在であることを認めず、先住デグーからのマウンティングをずっと拒み続けて、やがては激しい噛みつき合いの喧嘩に発展する可能性があります。そのような場合は、お互いに傷つけ合う前に飼い主さんが仲裁に入って、別々のケージで飼育ことが望ましいです。

デグーの多頭飼いを成功させるコツ

デグーの多頭飼いが成功するかどうかは、お互いの相性によるところが大きく、実際に対面させてみないと分からないのが正直な意見です。ただし、デグーの多頭飼いが成功しやすい組み合わせや、失敗しやすい組み合わせの傾向を言うことはできます。

Sponsored Links

デグーの多頭飼いが成功しやすい組み合わせ

デグー,多頭飼い,オス,メス,上に乗る,マウンティング,多頭飼育途中から新しいデグーを迎えて多頭飼いをするよりも、初めからペットショップで仲の良いデグー同士を選ぶと、多頭飼いが成功する可能性が高まります。

途中から新しいデグーを迎える場合は、先住デグーが新入りよりも体が大きいとマウンティングしやすく、それぞれの上下関係も明確になりやすいです。できれば、途中から加わる新入りデグーは生後3ヶ月未満の子供のデグーを迎えると、多頭飼いが成功する可能性が高まります。

デグーは生後3ヶ月~6ヶ月程度で繁殖が可能な大人になると言われています。大人になると自立心が強くなり、先住デグーからのマウンティングを拒む傾向があるので注意が必要です。

デグーの多頭飼いが失敗しやすい組み合わせ

オスのデグーは縄張り意識が高いため、オス同士の多頭飼いは喧嘩しやすいという意見がありますが、実際にオス同士でも多頭飼いが成功している例はたくさんあります。むしろ、メス同士の方が、いつまで経っても自分が下位であることを認めずに喧嘩を繰り返すことがあります。やはり、デグーの多頭飼いは個体の性格によるところが大きく、実際に対面させてみないと分からないものです。

しかし、先住デグーが新入りデグーが共に大人のデグーで、体の大きさも同じくらいだった場合は、上下関係が定まらずに多頭飼いが失敗することが多いです。

また、先住デグーが新入りデグーよりも体が小さい場合も上手くいかないことがあります。自分の方が体は小さくても先輩だぞと主張する先住デグーに対して、小さくて弱そうな先住デグーの下位の存在ではないと反抗する新入りデグーが、延々と争いを繰り返すことがあるのです。

Sponsored Links

おすすめの記事

デグーの毛づくろいの意味!頻繁にグルーミングする時は?

デグーの砂浴び容器はボトルでいいの?砂は再利用できる?

ハリネズミが水を飲まない!給水器はストロー式よりお皿式がおすすめ!

モルモットがケージを噛む理由と対策

フクロモモンガの餌代はいくら?毎月の食費の目安を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

デグー
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール