ハリネズミが水を飲まない!給水器はストロー式よりお皿式がおすすめ!

ハリネズミが水を飲まない時は、給水方法の見直しをする必要があります。特にストロー式の給水器はハリネズミにとって飲みにくいので、お皿式給水器に替えることで水を飲んでくれることがあります。まずは、ストロー式給水器や食器で水を与えることのデメリットから確認していきましょう。

Sponsored Links

ハリネズミが水を飲まない

ストロー式給水器のデメリット

ハリネズミ-水飲まない-給水器-おすすめ-画像3ハリネズミの飼育では、ケージの中に飲み水を準備することが必要です。ハリネズミ専用のペット用はけっして多くはないので、小動物の飼育でよく使うストロー式の給水器を使用している方も多いと思います。

ストロー式の給水器は、ケージに水の入ったタンクをかけて、水の出るストローの先から飲むタイプです。この給水器は場所を取らず使い勝手は良いのですが、ストローの先の飲み口が狭いため、ハリネズミが水を飲まない原因になってしまうことがあります。

ハリネズミは気分次第で行動を変えてしまうことがあり、初めのうちはストロー式給水器で水を飲んでいても、飲み口が狭くて飲みずらいと分かると、急に水を飲まないことがあるので注意が必要です。

Sponsored Links

食器での給水のデメリット

ハリネズミ-水飲まない-給水器-おすすめ-画像4ハリネズミに与えるフードと水は、どちらも食器のお皿に入れてあげているという方も少なくありません。フードは1日に与える回数が決まっているので、食器のお皿に入れて与えても問題ないのですが、水はハリネズミが飲みたい時にいつでも飲めるように、常に準備しておく必要があります。

食器のお皿に水を入れておくと、ハリネズミがお皿をひっくり返してしまうことがよくあるので、飲み水を常に準備しておくことが難しくなります。

大抵のお皿は倒れないように、適度な重さのある陶器製の食器ですが、ハリネズミが機嫌の悪い時や、暇を持て余している時などに暴れて、お皿をひっくり返してしまうことがよくあります。

本来、野生のハリネズミは、夕方や朝方などの薄暗い時間帯に、食べ物を探して活動します。そのため、ケージ内の食器などの配置を整えても、翌朝見ると物が散乱していることがよくあるのです。

また、食器のお皿は飲み口が広いため、飲み水の中にチリやホコリが入りやすいので、常備するには衛生的にあまり良いとは言えません。

Sponsored Links

ハリネズミ用のお皿式給水器がおすすめ

MLP‐42マルチ給水タンク

ハリネズミが水を飲まない時には、ハリネズミ用のお皿式給水器がおすすめです。飲み口がお皿になっている給水タンクは、他にもいろいろなペット用品が販売されているのですが、ハリネズミにとってはお皿が大き過ぎるものがほとんどです。おそらくウサギの飼育を想定してのお皿の大きさなのかもしれません。

この商品はハリネズミやハムスターなどの小さな動物に適した給水器です。水を飲むお皿の大きさがハリネズミの口に丁度良い広さになっています。お皿が程良く小さいので、飲み水の中にチリやホコリが入りにくい。

陶器製のお皿の上に、さらに重い陶器製の給水タンクを載せているので、ハリネズミがイタズラしても倒れる心配はほとんどありません。給水器の下の部分を床材に少し埋めることで安定します。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハリネズミの温度管理方法(夏・冬)湿度が高いと…

ハリネズミが懐かない原因!可愛くないと思う前に知るべき事

ウサギが急に走る突然暴れる理由

犬がチャイムの音で吠えるのを防ぐためのしつけ

猫の爪とぎの気持ちと理由は?飼い主に爪とぎする・爪とぎ用品を使ってくれない時のしつけ

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハリネズミ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール