ハリネズミの針の生え変わり!針が大量に抜けるのは成長期!?

今回は、ハリネズミの針の生え変わりについて紹介します。ハリネズミの針は日常的に生え変わるものですが、時期によっては、ハリネズミの針が大量に抜けることもあります。その時に抜ける針の本数の目安や、抜けやすい期間の長さなどを確認していきましょう。

Sponsored Links

ハリネズミの針は毛と同じ成分でできている

ハリネズミの針は、体毛や爪と同じで「ケラチン」と言うタンパク質の一種からできています。人間の髪の毛が定期的に抜けて生え変わるように、ハリネズミの針も毛と似たようなものなので、定期的に生え変わります。

ハリネズミの針が生え変わる本数は、健康な個体であれば、1日に約15本前後の針が抜けると言われてます。その後、ゆっくりと新しい針が生えてきて、長くて18ヶ月で生え変わりと言われています。

ハリネズミの全身の針は約5000本もあるので、15本程度抜けたくらいでは、見た目が大きく変わることはありません。ただし、ハリネズミは成長の過程で、一時的に大量に針が抜ける時期があります。次では、ハリネズミの成長期による針の生え変わりについて確認していきましょう。

Sponsored Links

ハリネズミの成長期は針が大量に抜けることがある

成長期のハリネズミは新陳代謝が活発なため、それに伴い針が大量に生え変わる時期があります。この時期は、多い時で1日に50以上も針が抜けることもあります。

ハリネズミの成長期に見られる針の生え変わりは、非常に個体差があり、一気に大量に針が抜ける子もいれば、それほど目立った生え変わりがなく、抜けた針がいつもより少し多い程度の子もいます。

このように針が大量に抜ける時期は、生後4~6ヶ月のハリネズミに多く見られます。ハリネズミの成長速度は、オスよりもメスの方が速い傾向があり、オスは生後6~8ヶ月、メスは生後2~6ヶ月で繁殖が可能な成体になると言われています。

ペットショップで販売されているハリネズミは、生後2~4ヶ月ほどの成長期の個体が多いので、飼育中に大量に針が生え変える様子を見ることがあるかもしれません。

Sponsored Links

丈夫な針の源は動物性タンパク質

すでに述べていますが、ハリネズミの針を構成する成分はタンパク質の一種であるケラチンです。ですから、丈夫な針を保つためには、食事よるタンパク質の摂取が必要不可欠です。

日本でペットとして飼われているハリネズミは、「ヨツユビハリネズミ」と言う種類で、主にアフリカの乾燥地帯に生息しています。厳密に言うと、ヨツユビハリネズミとアルジェリアハリネズミの雑種であることが多いですが、いずれにせよアフリカ系のハリネズミです。

自然界において、この種類のハリネズミは、主に昆虫や幼虫、ミミズなどを食べます。時にはカエルや小型のトカゲなどを食べることもあります。これらには全て動物性タンパク質が含まれており、ハリネズミの丈夫な針を保つために必要な食材と言えます。

飼育下のハリネズミも同様に、昆虫や幼虫などを与えて動物性タンパク質を摂取させることが重要です。しばしば、ペットのハリネズミにリンゴなどの果実を与えることがありますが、果実はあくまで副食に過ぎません。主食は動物性タンパク質を含んだペレットなどの人工餌や、昆虫や幼虫になります。

ちなみに、本来野生のヨツユビハリネズミは、果実をそんなに食べる種類ではありません。ですから、ハリネズミの飼育は動物性タンパク質を中心に与えるのが基本です。動物性タンパク質が不足すると、ハリネズミの針に不調が現れることがあるので注意が必要です。

ハリネズミの成長期に見られる針の生え変わりは、全体的に針が大量に抜けるのが特徴です。部分的に針が抜ける場合は、何らかの肌トラブルが起こっている可能性が考えられます。心配な場合は、できるだけ早く動物病院で診てもらうようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハリネズミが巣作りする時は?巣箱の中に床材がいっぱい!

ハリネズミの温度管理方法(夏・冬)湿度が高いと…

ハムスターが床材を掘る理由は?土の床材で飼育するメリット・デメリットを紹介!

モルモットが寝る時間帯や睡眠時間は?寝る時は目を開けたまま!?

日本でパンダがいる動物園は?全国に何頭いるの?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハリネズミ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール