ハリネズミの爪切りの頻度と爪の切り方のコツ

ハリネズミの爪が伸び過ぎていると、布や網などに引っ掛けてケガをする恐れがあるので、定期的に爪を切る必要があります。今回は、ハリネズミの爪切りの頻度や爪の切り方のコツなどを紹介します。

Sponsored Links

ハリネズミの爪切りの頻度

ハリネズミ,爪切り,頻度,爪の切り方,コツ,画像1ハリネズミの爪切りの頻度は、飼育環境によって大きく異なります。たとえば、ケージ内に粒状の床材やトイレ砂などを設置している場合は、ハリネズミが掘ることで、ある程度は爪が削られます。このような飼育環境であれば、1ヶ月~2ヶ月に1回の爪切りの頻度が目安です。

ハリネズミはモグラの仲間の動物なので、土を掘ることが大好きです。野生下のハリネズミは、習慣的に穴掘りをしているので、爪が伸び過ぎることはありません。

しかし、ペットシーツや新聞紙など掘り応えのない床材で飼育していると、ハリネズミの爪がどんどん伸びて、爪先がカーブする「かぎ爪」になります。すると、爪先が布や網などに引っ掛かって、爪を剥がしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

ハリネズミの爪が伸びるスピードは個体差がありますし、飼育環境による影響もあるので、爪が伸び過ぎていないか、1週間に1回の頻度で確認してあげると良いと思います。

ハリネズミの爪は、人間の爪と同様に根元の方に血管があるピンクの部分と、爪先の方の白っぽい部分に分かれています。爪切りをする部分は爪先の白っぽい部分で、ここが5mm以上伸びているようでしたら、爪切りをしてあげると良いでしょう。

Sponsored Links

ハリネズミの爪の切り方

ハリネズミ,爪切り,頻度,爪の切り方,コツ,画像2ハリネズミの爪の切り方は、ハリネズミの足を自分の指で固定して、爪先の白っぽい部分だけを小動物用の爪切りバサミで切っていきます。

まずは、ハリネズミを後ろ側から抱っこして飼い主さんの膝の上に乗せます。(膝の上のハリネズミが、飼い主さんと同じ方向を向いた状態です。)

次に、ハリネズミの体の下から手を入れて、飼い主さんの指の間にハリネズミの足を挟んで固定します。

そして、深爪や髭を切ってしまわないように細心の注意を払いながら、爪先の白っぽい部分だけを小動物用ハサミで切ります。

ハリネズミが抱っこさせてくれないの場合は、食事に夢中な時にハリネズミの足を飼い主さんの指で摘まんで固定して、爪を切ってあげると良いでしょう。その時は食べ物から遠い後ろ足の爪から切ると上手くいきやすいです。

切り方のコツ

ハリネズミの性格は個体差があるので一概には言えませんが、ハリネズミを仰向けの状態で抱っこしてしまうと、足をバタつかせたり、体を丸めて足を引っ込めてしまったりするので、爪切りがやりにくいです。ハリネズミの足を飼い主さんの指の間で挟むように抱っこする切り方の方がやりやすいです。

一人では難しい場合は二人がかりで爪切りするとスムーズにできます。一人がハリネズミにおやつを与えながら抱っこして、もう一人がハリネズミの足を指で摘まんで固定しながら爪切りをします。

Sponsored Links

ハリネズミの爪切りの注意点

爪切りは爪先の白っぽい部分だけ

ハリネズミの爪は、タンパク質の一種であるケラチンからできています。ケラチンが大量に分泌されることで細胞が死滅し硬化していきます。爪の根元のピンクの部分は血管が通っている生きた細胞の部分です。このピンクの爪の部分を切ってしまうと出血する恐れがあるので、絶対に切ってはいけせん。

ハリネズミの爪切りは、爪先の白っぽい部分を切りましょう。この部分は、ケラチン分泌により死滅した細胞でできているので、切っても出血しません。ただし、深爪はNGです。少し白っぽい部分を残して爪切りしてあげると良いでしょう。

人間用の爪切りを使うのはNG

人間用の爪切りバサミは、ハリネズミの爪先が見えない形状になっているので、深爪の原因になります。ハリネズミの爪切りは、爪先が見える小動物用の爪切りバサミを使うようにしましょう。

ウサギやフェレットなどの小動物用爪切り

ミニアニマン ウサギのカーブ型つめきり

無理に爪切りしない

ハリネズミの中には、爪切りを嫌がる子も少なくありません。爪切りの恐怖から体を丸くして足を引っ込めてしまう子もいます。そんなハリネズミの場合は、無理に爪切りすると負担がかかってしまいます。

嫌がるハリネズミを強引に爪切りするのではなく、様子を見ながら後日になっても良いので、片足ずつ爪切りしてあげましょう。どうしても爪切りできない場合は、動物病院に依頼する方法もあるので、事前に確認してみると良いと思います。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハリネズミの床材おすすめはコレ!紙や広葉樹を食べるのが心配な時は?

フクロモモンガとモモンガの違い

ウサギが背中に乗る意味や膝に乗ってくる理由とは?

子犬の甘噛みはいつまで?甘噛みを止めない理由や意味、止めさせるしつけを紹介!

猫の近所トラブルを防ぐ!愛猫家が守るべきマナー

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハリネズミ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール