ハリネズミが回し車を回さないけど必要あるの?回し車なしの飼育は?

ハリネズミの飼育で、ケージ内に回し車を設置することがありますが、せっかく回し車を置いてもハリネズミが回し車を回さないということがよくあります。そもそも、ハリネズミの飼育で回し車は本当に必要なのでしょうか。

あくまで個人的な考えですが、ハリネズミは回し車なしの飼育でも全く問題ないように思えます。今回は、ハリネズミの飼育で回し車が必要ない理由について紹介します。

Sponsored Links

ハリネズミが回し車を回さない!本当に必要なのか?

ハリネズミの飼育で、回し車が必要ないと考える主な理由として、ハリネズミの目と爪の問題が挙げられます。ハリネズミはあまり目がよくないという点と、ハリネズミの伸びた爪が回し車にひっかかりやすいという点です。そでは、1つひとつ解説していきます。

ハリネズミはあまり目が良くない

ハリネズミは、名前に「ネズミ」と付いていますが、実は目があまり良くないモグラの仲間です。いつも鼻をクンクンと動かして、視覚よりも嗅覚を頼りに行動します。目はうっすらとモノクロで見えていると言われています。

このことを踏まえた上で、回し車の中に入ったハリネズミの様子をよく観察してみてください。回し車に入ったハリネズミは、まずは鼻をクンクンと動かして、回し車のにおいを確認していきます。すると、足を動かすにつれて、回し車も回ってしまうので、半ば強制的に走らされている状態になるのです。

想像してみてください。目があまり良くない動物が、普段は走らないほどの速いスピードで、半ば強制的に走らされている状態がいかに危険なことか。回し車を回さないハリネズミを見て、せっかく準備したのにとガッカリしてしまうこともあるかと思いますが、むしろ、回し車を回さないハリネズミは、危険を事前に回避した優秀なハリネズミなのかもしれません。

Sponsored Links

ハリネズミの爪が回し車にひっかかる

おそらく、ハリネズミは名前に「ネズミ」が付いているので、ハムスターやデグーなどのネズミの仲間の飼育と混同してしまい、回し車を設置することが多いのかもしれませんが、ハムスターやデグーは、普段からよく走る動物です。野生下のハムスターは食べ物を求めて、毎晩5km以上も走ると言われています。

ハリネズミはモグラの仲間なので、走るよりも掘る方が得意な動物です。地面を掘りやすいように、ハリネズミの四肢には長く伸びた爪があります。この爪のお手入れをしていない状態のハリネズミを、回し車で走らせると、爪をひっかけてしまい生爪を剥がして流血する恐れがあります。このような危険性を考えると、ハリネズミの飼育は回し車なしで行うことが望ましいと考えられます。

Sponsored Links

運動不足は部屋んぽで解消

ハリネズミの飼育において、ケージ内に回し車を設置する目的の1つが、ハリネズミの運動不足を懸念してものと考えられます。運動不足の解消が目的であれば、ケージ内の狭い場所で走らせるよりも、ケージから出して部屋の中の広い場所で運動させた方が良いのではないでしょうか。

ペットをケージから出して、部屋の中を散歩させることを、通称「部屋んぽ」と言いますが、部屋んぽの時間は、飼い主さんとハリネズミが仲良くなるために大切な時間です。飼い主さんの手からハリネズミにおやつをあげるなどして、触れ合いの時間を楽しみましょう。

ただし、ハリネズミを部屋んぽさせる前には準備が必要です。ハリネズミが噛むと危険な電気のコードや、潜ると危険な隙間などは、事前にサークルなどで囲いをしておきましょう。

ハリネズミを飼育してみると、いつも寝てばかりな動物という印象があるかもしれませんが、ハリネズミは夜行性の動物で、野生下では食べ物を求めて夜に歩き回る習性があります。少量のおやつを与えながら部屋んぽさせると、回し車なしの飼育でも十分に運動できるのではないでしょうか。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハリネズミが砂浴びしない!砂を食べる場合は誤飲OKな素材を使用!

ハリネズミのエサの量と食事回数!キャットフードで代用していいの?

チンチラの部屋んぽの時間は?囲いはどうする?

オカメインコの頭の毛が立つ意味は?トサカじゃなくて冠羽で感情表現!

リクガメの飼育!初心者におすすめは3種類!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハリネズミ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール