オカメインコの頭の毛が立つ意味は?トサカじゃなくて冠羽で感情表現!

オカメインコの頭には、一部だけ長く伸びた羽毛があります。これを「冠羽」と言い、オカメインコの感情の変化に伴い、頭の毛が立つこともあれば寝るもあります。それは、どんな時に頭の毛が立つのでしょうか。今回は、オカメインコの冠羽による感情表現について紹介します。

Sponsored Links

トサカじゃなくて「冠羽」

オカメインコの冠羽は、鳥の頭にあるものなので、どうしてもトサカと言いたくなりそうですが、冠羽とトサカは全く違うものです。

トサカは漢字で表記すると「鶏冠(とさか)」になります。文字から分かるように、鶏などのキジ科の一部の鳥に見られる、頭頂部にある肉質の突起物のことをトサカと言います。一方、オカメインコの冠羽は、頭頂部にある長い羽毛のことを言います。

オカメインコは、インコとは名ばかりで、実はオウム目オウム科に属するオウムの仲間です。冠羽はオウムの仲間に見られる特徴です。オカメインコは頭の毛を上げ下げして気持ちを表します。それでは、具体的にどのような場面で頭の毛が立つのか、その意味について確認していきましょう。

Sponsored Links

オカメインコの頭の毛が立つ意味

オカメインコの頭の毛は、興奮状態や緊張状態になった時に冠羽がボワッと立ち上がります。たとえば、大好きなオモチャや食べ物を見た時などに、テンションが上がって興奮状態になり頭の毛が立つことがあります。

また、見慣れない物を見た時や、聞き慣れない音を聞いた時にも、緊張状態になって冠羽が立ちます。複数の鳥を飼育していると、ケンカする時にオカメインコが頭の毛を立てて、相手を威嚇することもあります。これは、冠羽を立てて、自分を大きく見せるという意味もあります。

Sponsored Links

オカメインコの頭の毛が寝る意味

時には、オカメインコの頭の毛が後頭部に向かって寝ることもあります。オカメインコがリラックス状態にある時に、冠羽が寝ることが多いです。たとえば、オカメインコが飼い主さんに頭を撫でてもらいたくて、頭を下げて近寄ってくる時は、条件反射的に冠羽が寝ます。

また、オカメインコは歌うことが得意な子が多いですが、歌っている時は大抵は頭の毛が寝ます。歌っている最中はリラックスしているからなのか、それとも歌うことに集中しているからなのか、いずれにせよ気持ちが落ち着いている時に、冠羽が寝ることが多いです。

オカメインコの感情はすぐ変わる

オカメインコの感情は、短時間でコロコロと変わります。冠羽を寝かせてリラックスしていたと思ったら、急に怒りだして頭の毛が立つこともよくあることです。オカメインコは、自分で頭頂部を毛繕いするができないので、飼い主さんに撫でてもらうと喜ぶ子が多いです。

オカメインコの頭を撫でてあげると、気持ち良さそうにしているので、そのまま撫で続けていると、「しつこい!」と言わんばかりに急に怒りだします。そんな時は、オカメインコの頭の毛が立つことが多いです。

何か見慣れない物があると、冠羽を寝かせて恐る恐る近づいてみて、興味がわいたりビックリした時は、頭の毛がバッと立つ、感情の変化がそのまま冠羽の変化に現れるので、オカメインコの頭の毛をよく観察してみると、その子の性格が分かってくるのではないでしょうか。

Sponsored Links

おすすめの記事

セキセイインコとオカメインコの違い!一緒に同じケージで飼育していいの?

文鳥の多頭飼いのケージは?同居できても複数のケージを準備!

ウサギが急に走る突然暴れる理由

フクロモモンガの夜鳴きの原因と対策!夜中うるさい!鳴き止まない時は?

ハシビロコウがいる動物園一覧!日本に何羽いるの?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

インコ小鳥
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール