文鳥が水浴び後に鳴く・震える時は?水浴び後に臭いのはなぜ?

今回は、文鳥の水浴び後の対応や臭いについて紹介します。文鳥が水浴び後に鳴くことで何かを要求していたり、羽を丸く膨らませて小刻みに震える時は、寒さを訴えている可能性があります。また、文鳥が水浴び後に放つ独特の体臭についても解説していきます。

Sponsored Links

文鳥の水浴びは「水浴び後」が肝心

文鳥,水浴び後,鳴く,震える,臭い,画像1個体差はありますが、多くの文鳥は水浴びが大好きです。水浴びを好む文鳥は一日に何度も水に入ることがあります。

本来、野鳥が行う水浴びは、水に入って羽を綺麗にしてから、羽をブルブル震わせて水気を取り、羽繕いをした後に日光浴をして乾かすという流れになります。

しかし、ペットとして飼育されている文鳥は、水浴び後に日光浴ができません。羽が濡れたままにしてしまうと、体温が下がり体調を崩してしまう恐れがあります。特に寒い冬の時期は、水浴び後の対応が大切です。

Sponsored Links

文鳥が水浴び後に鳴く・震える

文鳥の羽の表面には油分が付着しているため水を弾く性質があります。水浴び後に羽が震えることで水気を飛ばすことができます。ところが、飼育下の文鳥の中には、この体を震わす動作が下手な子がいたり、加齢により苦手になっている個体もいるのです。

そのような個体の場合は、水浴び後にペットヒーターや低温ドライヤーなどを使って羽を乾かしてあげる必要があります。低温ドライヤーを使う際は、遠くから風を当てて熱過ぎないようにすると良いでしょう。

ただし、自分で乾かすことができる文鳥や、暖かい季節など手助けが必要ない場合は、飼い主さんが文鳥を乾かしてあげなくても大丈夫です。

Sponsored Links

水浴び後に水気を飛ばすために豪快に羽を震わせているのではなく、羽を膨らませて小刻みに震える場合は、文鳥が寒さを訴えている時です。また、羽が濡れている状態で、飼い主さんに向かって鳴く時は、何かを要求していることも考えられます。ただし、文鳥は水浴びが楽しい時も鳴くことがあるので一概には言えません。

文鳥の鳴き声の意味については、以前に書いた記事があるので合わせてご覧ください。

文鳥の鳴き声の意味「キューキュー・ヒューヒュー・クルクル・ポポポ・キュッキュッ」種類別に紹介!
文鳥は、様々な鳴き声を使い分けて自分の気持ちを伝えようとします。鳴き声の種類は「ピッ」「キュッキュッ」「ギュッ」「ポポポ」「ピピピ」「ヒューヒュー」「キューキュー」「ギュー」「クルクル」「グルルル」など、たくさんありますが、これらの鳴き声を...

文鳥が水浴び後に臭いのはなぜ?

文鳥,水浴び後,鳴く,震える,臭い,画像2文鳥に限らず動物のほとんどは独特の体臭をもっています。いわゆる獣臭というものです。鳥類では、インコ特有の体臭である「インコ臭」が広く知られています。動物の体臭は食性による影響が大きく、穀物を好んで食べるインコの体臭は、干し草のような、あるいはバタークッキーのような香りとして愛好家に好まれています。

同様に穀物を食べる文鳥の体臭も、植物を天日干しにしたような臭いがします。文鳥の体臭はインコほど強くありませんが、換羽の時期(羽の生え変わりの時期)に臭いが強くなる傾向があります。

羽が乾いている時はそれほど臭くはないのですが、水浴び後に羽が濡れた時に体臭が強くなる傾向があります。臭いの元となっているのは羽に付着した油分なので、濡れた羽を震わせて水気を周辺に撒き散らしているわけですから、同時に体臭も分散されます。

また、文鳥の濡れた羽は、生乾きの衣類のように臭いが強くなる傾向があります。人によって感じ方は異なりますが、体臭が酷い時は、まるで生乾きの雑巾のような臭いに感じることもあるようです。とは言っても愛鳥は可愛いものです。

Sponsored Links

おすすめの記事

文鳥がジャンプする!上下にぴょんぴょん跳ねる意味は?

コザクラインコの色変わり時期は?羽色の変化の仕組みを紹介!

フトアゴヒゲトカゲのベビー期の餌の量

犬がウンチを食べる?うれしょんの原因は?犬の粗相の理由と対策を紹介!

猫のシニアは何歳から?平均寿命は?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

文鳥
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール